--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.31

姑獲鳥の夏

Category: 推理もの
今日の一冊:姑獲鳥の夏(図書館から)

姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)
(1994/08/31)
京極 夏彦

商品詳細を見る



<あらすじ>by wikipedia

梅雨も明けようという夏のある日、関口巽は、古くからの友人である中禅寺秋彦の家を訪ねるべく眩暈坂を登っていた。関口は最近耳にした久遠寺家にまつわる奇怪な噂について、京極堂ならば或いは真相を解き明かすことができるのではないかと考えていた。関口は「二十箇月もの間子供を身籠っていることができると思うか」と切り出す。京極堂は驚く様子もなく、「この世には不思議なことなど何もないのだよ」と返す。
久遠寺梗子の夫で、関口らの知り合いである牧朗の失踪、連続して発生した嬰児死亡、代々伝わる「憑物筋の呪い」など、久遠寺家にまつわる数々の事件について、人の記憶を視ることができる超能力探偵・榎木津礼二郎や京極堂の妹である編集記者・中禅寺敦子、東京警視庁の刑事・木場修太郎らを巻き込みながら、事態は展開していく。さらにこの事件は、関口自身の過去とも深く関係していた。
牧朗の行方、妊婦の謎、久遠寺家の闇・・・全ての「憑き物」を落とすため、「拝み屋」京極堂が発つ。


最近できた友達のおススメで、初めて京極夏彦さんの本を読みました。
なんか、京極夏彦の本って、駅の売店とかにさえ売っていて、
なんだか赤川次郎とかみたいに、軽い感じの本かと思い込んでいたのですが、
民俗学的な話も取り入れていて、とてもいいですよ、という言葉に誘われて、
とりあえず、中でもおススメと言われたシリーズの一作目の本書を手に取ってみました。

5段階評価でいうと、3かなぁ。
文字量がかなりあって、読むのに時間がかかってしまいました。
特に、主人公らしき二人がお互いの説明を兼ねて話しているシーンが長くて、
事件の入り口に入るまでがじれったい感じでした。
盛り上がりまで来てしまえば、あとはあっという間でしたが。

盛り上がり部分が2つあるという意味では豪華な感じ。
結果自体は、途中からおおよそ想像していたような感じではあったけれど、
確かに、歴史や宗教などをしっかり読み込んで作りこんでるな、
という読みごたえがあった気がします。

それにしても、2段組みで文字もこのサイズでこの厚さ。
久々に1冊読むのに4日もかかってしまいました。
分冊になるのもうなずける。。。
本を読みなれていない人は、ちょっと読むのに苦労するかもしれないですね。

シリーズ2冊目を読むまでにはもうちょっと時間を開けてもいいかな。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



Comment:2  Trackback:0
2012
12.09

白夜行 その5(ネタバレです)

Category: 推理もの
今日の一冊:白夜行

とうとう読み終わりました。
半ばから予想していたのですが、
なんというか、救いのない、終わりでした。
東野圭吾さんの本は、誰が悪いのか良く分からないような、
みんなが辛くなるような話が結構多い気がします。

犯罪にからむ話を東野さんはいろんな形で書いていますが、
これもまた、いろんなことを考えさせられました。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


12章から最後まで、以下ネタバレです。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
12.08

白夜行 その4(ネタバレです)

Category: 推理もの   Tags:東野圭吾
今日の1冊:白夜行(図書館から)

もうかなり後半の切羽詰ったところに迫ってきました。
雪穂の怖い面がどんどんあきらかになり、
亮司と雪穂の二人がどんどん、追い詰められてきました。

感想は最後と言うことで、早速8章から11章まで、以下ネタバレです。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
12.07

白夜行 その3(ネタバレです)

Category: 推理もの   Tags:東野圭吾
今日の一冊:白夜行(図書館から)

おおよそ半分まで達しました。

3章から1章、2章と同じペースで書いたらすごい量になるので、
はしょりつつ、7章まで。
内容と感想は続きを読むからどうぞ。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
12.06

白夜行 その2(ネタバレです)

Category: 推理もの
今日の一冊:白夜行(図書館より)

昨日に引き続きの白夜行です。
今日は4章まで読んだのですが、長いので2章だけ。

ここからネタバレ感想です。


この章では、第1章に出てきた、
被害者の息子、桐原亮司のあやしさが徐々にはっきりしてきます。

そして西村、というか唐沢雪穂とのつながりもかなりはっきり見えてきました。
普通に考えたら、菊池が亮司を疑っていたために、
亮司が、藤村都子を使って菊池を窮地に陥れさせ、
写真もうまく処分した、というふうにしかとれません。

どこで二人がつながったのかは微妙ですが、
亮司のお父さんが殺された事件に関わっていることは間違いないですよね。
子供二人が協力して、事件を超えて生きていくということで、
白い夜行、なのでしょうね。

ただ、東野さんの容疑者Xのときのようにとまで贅沢いわずとも、
いい意味で予想を裏切ってくれることを期待しつつ、
さらに予想を膨らませつつ、読みたいと思います。

それにしても白夜行、さすがに厚いです。
先はまだまだ、という感じです。


☆1章と本の紹介はこちらです↓
 白夜行 その1

良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ネタバレの中身は続きをどうぞ。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。