--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.27

真夜中のパン屋さん

Category: 感動もの
今日の一冊:真夜中のパン屋さん

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
(2011/06/03)
大沼 紀子

商品詳細を見る
 午前0時のレシピ

<あらすじ>
都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。
オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高生のの希実は、
可愛いお客様による焼きたてパン万引事件に端を発した、
失踪騒動へと巻き込まれていく・・・。
期待の新鋭が描く、ほろ苦さと甘酸っぱさに心が満ちる物語。

<感想>
学校の友達におススメされたシリーズその3、です。
号泣したので、最後の方は家で読んだ方がいいよ、
というご忠告をいただいていたのですけど、
ホロリ、というくらいでした。

結構たくさんの重要人物が出てくるにも関わらず、
このサイズに収まっていて、それぞれに結構掘り下げていて、
さすがは脚本家、言葉と勝負しているな、という感じです。

ただ、感動ものとしては、正直よくあるドラマというような感じで、
1クールドラマの最終回、という感じの盛り上がりかな。
親子ものとしては、すごく古いですけれど、
やっぱりチャップリンのキッドを越えるのはない気がするし。

これを読んで、最近一番泣けた本はなんだったかなと思ったら、
西尾維新の猫物語白、でした。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/83-9a0e6ce6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。