--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.24

生き物の描き方

Category: 生きもの
今日の一冊:生き物の描き方

生き物の描き方: 自然観察の技法生き物の描き方: 自然観察の技法
(2012/12/12)
盛口 満

商品詳細を見る


<概要>
デジカメの時代にわざわざ生き物のスケッチ?
いえいえ、じつはそれが大切なのです。
自然観察の達人「ゲッチョ先生」が生き物の見方、描き方を伝授します。
さぁ、フィールドノートとペンを持って、生き物たちの観察に出かけよう。

<観察>
久々に、ゲッチョさんの新刊です。
今回は、いつものように何かの生き物を掘り下げていくということでなく、
まさにタイトルのとおり、生き物の描き方を紹介するということがメインで、
生き物自体の話はかなり少なかったです。

読んでいて妙に感心してしまったのは、
盛口さんも子供のころは、絵がそんなにうまかったわけではなかったということです。
知り合いに盛口さんの大学の同級生という人がいて、
トンボの羽の模様を、そのまま鉛筆でスっスっと書いて、
そのまま、羽の模様の通りに書ける、という話を聞いたことがあります。
そんなことができるっていうのはやっぱり才能かなぁと思っていたのですが、
繰り返すことが大事ということなんですね。

ただ、中で紹介されているスケッチの3法則、
1.ウソをはっきりとつく
2.ウソのつき方をうまくする
3.ウソはつきとおす

これって、簡単そうで難しい。
目の前にあるとおりに書くしかないと思っちゃいますよね。
しかも、2番目がとても。。。うまくつけたらうまくかける気がする。

でも、大学生たちに絵の描き方を教えたところや、
実際にいろいろな生き物の絵をどんなふうに書いたか、
というところなどを読むと、
なんだかやってみたら書けるんじゃないか気がしてきました。

回数を重ねてみたら、だんだん楽しく書けるようになると期待して、
時間を作って書いてみようかな。
読み終わってそんな気持ちになる本です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/81-929b3f76
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。