--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.01

1月のふりかえり

Category: 全体
あっという間に2013年も1/12が終わってしまいましたね。
自分の振り返りを兼ねて、1月にご紹介した本をまとめます。

エンド・ゲーム 常野物語 (常野物語)エンド・ゲーム 常野物語 (常野物語)
(2006/01/05)
恩田 陸
商品詳細を見る


超訳百人一首 うた恋い。2超訳百人一首 うた恋い。2
(2011/04/28)
杉田 圭
商品詳細を見る


憑物語憑物語
(2012/09/27)
西尾 維新
商品詳細を見る


魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
(1997/05)
ダイアナ・ウィン ジョーンズ
商品詳細を見る


クレーの天使クレーの天使
(2000/10/11)
パウル・クレー、谷川 俊太郎 他
商品詳細を見る


百鬼夜行抄 1 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)百鬼夜行抄 1 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)
(2007/10)
今 市子
商品詳細を見る


百鬼夜行抄 2 (ソノラマコミック文庫 い 65-6)百鬼夜行抄 2 (ソノラマコミック文庫 い 65-6)
(2007/10)
今 市子
商品詳細を見る


姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)
(1994/08/31)
京極 夏彦
商品詳細を見る


1月はマンガ3冊と小説5冊の合わせて8冊でした。

まんがはそれぞれでしたけど、うた恋はやっぱりいいですね。
小説の中での一番おススメは・・・
やっぱり2度目に読んだ、「魔法使いハウルと火の悪魔」、でしょうか。
映画との比較という意味でも、ファンタジー好きの人だったら、楽しめると思います。
次はやっぱり、憑物語でしょうか。
シリーズ中で特にすごい、ということではないのですけれど、
やっぱり西尾維新の楽しさは楽しめると思います。

小説は、内容を細かく紹介するとすごく時間がかかって、紹介できる数が減ってしまうので、
1月の後半から、細かい中身を紹介するのをやめました。
そんなわけで、2月からはもうちょっとたくさん本が紹介できるといいな、と思っています。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/65-9fae55dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。