--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.25

クレーの天使

今日の一冊:クレーの天使(友達の本)

クレーの天使クレーの天使
(2000/10/11)
パウル・クレー谷川 俊太郎

商品詳細を見る


友達からお勧めということで借りた本です。

クレーの絵は見たことがありましたが、
谷川俊太郎が詩をつけて、絵本の形で出されているとは知りませんでした。

載っているクレーの絵は、表紙と同じように、ほとんどすべてが単純な線画のみの、
とてもシンプルな絵ばかりですが、表情がとても豊かで、
まるで語りかけてきそうなものばかりです。
特に、中表紙になっている「泣いている天使」がとても素敵です。

そしてまた、その絵に触発されてつくったという谷川俊太郎の詩が、いいのです。
何度も読み返して意味を考えてしまうようなものばかりですが、
私は特に、幼稚園の天使、に添えられていた詩が好きです。


かごめかごめのわのなかに
てんしがいた

おとなになっておもいだしたとき
もうてんしはいなかった
どこにも

いのりたかった
だれにむかって?
あいしたかった
どうやって?

なづけることのできないこころに
もみくちゃにされ
だれがすきか
なにがきらいかも
わからなくなったとき

あくまがやってきた
ほほえんで



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/60-f2264844
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。