--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.22

ソロモンの指輪 その2

Category: 生きもの
今日の一冊:ソロモンの指輪(図書館より)

昨日に引き続きのソロモンの指輪です。
タイトルそのもののお話、第6章 ソロモンの指輪から、
第10章 忠誠は空想ならず、まで。

とにかく随分と前に書かれた本なのですが、
動物たちを檻の中に入れるのでなく、
野生の動物たちとともに、犬や普通のペットも
勝手に家を出入りしているという不思議な暮らしの中で、
今読んでも驚くような動物の話がたくさん出てきました。

以下、ネタバレ感想です。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


第8章 何を飼ったらいいか!では、
動物を飼うということがどんなにすばらしい毎日を与えてくれるか、
ということともに、動物を飼うならその動物が健康で生きていけるよう、
飼い主はどんなに苦労しても責任を負わねばならないということ、
またそのためには無理して飼うのが難しい生きものを飼おうとすべきでないこと、
などが書かれています。

お勧めは、野生の生き物ならホシムクドリ、
ペットショップで飼える生きものなら、ゴールデンハムスターだそうです。

第7章 ガンの子マルティナ は、
有名な刷り込み現象発見の物語です。
この時まで、鳥の雛が始めてみた生きものを親だと思い込む、
ということがわかっていなかったことにもなんとなく驚いたのですが、
とにかく、刷り込まれてしまったガンの雛のマルティナがかわいい!!

ローレンツが、卵からかえったばかりのガンの雛達を、
ガチョウに育てさせようとしたときのこと。
(以下本文引用です)

あわれなヒナは声もかれんばかりに泣きながら、
けつまづいたりころんだりして私のあとを追って走ってくる。
だがそのすばやさはおどろくほどであり、
その決意たるや見まごうべくもない。
彼女は私に、白いガチョウではなくこの私に、
自分の母親であってくれと懇願しているのだ。

とにかくローレンツという人は、
信じられないくらい、動物が好きだったんですね。

その後、ガンの母親がするとおりの世話をローレンツはずっと続けたそうです。
そしてその苦労以上にすばらしい体験をすることができ、
多くの発見と学びを得たそうです。

いいなぁ~、ほんとに。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/37-78c2bb0c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。