--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.07

白夜行 その3(ネタバレです)

Category: 推理もの   Tags:東野圭吾
今日の一冊:白夜行(図書館から)

おおよそ半分まで達しました。

3章から1章、2章と同じペースで書いたらすごい量になるので、
はしょりつつ、7章まで。
内容と感想は続きを読むからどうぞ。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ




第3章

この章は、亮司の暗黒面がストレートに書かれて、
またこの後しばらく重要な登場人物となる友人と仲間が出てくる。

亮司は、人妻に高校生の男子を紹介してお金をもらっていた。
高い時給でつられたのは、園村友彦(そのむらともひこ)と村下だった。

亮司に連れて行かれたマンションの部屋には、3人の女がいた。
川田和子に連れられて初めて来た川口奈美江(かわぐちなみえ)は、
部屋にお気に入りの時計を忘れて部屋に戻ったときにまた亮司と会い、
面白い話があるからと誘われて仲間になる。

園村は、もう一人の参加者、花岡夕子(はなおかゆうこ)と、
その時以降も二人で合うようになり、
ホテルで二人でいるときに、夕子が突然アル中で死んでしまい、
パニックになって絶望しているところを亮司に救われる。

亮司は園村がパソコンのプログラムをいじれることを知り、
彼のアリバイ作りと証拠隠滅をし、園村も仲間になった。


第4章

この章では、雪穂の怪しさが少しずつ明らかにされる。

大学への進学を控えた雪穂に数学を教えていた中道正春は、
通う大学で、友人と一緒にゲームのプログラムを作っていた。
ある日、そのプログラムとそっくりなゲームが売り出されたことを知り、
誰かがプログラムを横流ししたか、データが盗まれたと疑われ、
皆で原因を探るが、結局分からなかった。

プログラムを売っていたのは園村と花岡を仲間にした亮司だった。

中道は、親にうそをついて夜に外を出歩いている雪穂を見、
雪穂の家にゲームのデータを持っていったことを思い出し、
少し疑わしく思ったが、雪穂に行為をいただいていて、
過去の悲しい事件の話を聞いたため、疑いに確信を持つことが出来なかった。


第5章

この章は、大学生になった雪穂と友達の江里子の話で、
江里子が中学生のときの事件と同じような事件に巻き込まれてしまう。

雪穂と江里子が大学のソシアルダンス部に入り、
江里子は部長の篠塚一成(しのづかかずなり)に気に入られる。
大手製薬会社の専務の長男、社長の甥っ子だった一成は、
江里子を行きつけの美容院やブティックに連れて行き、美しく変身させ、
江里子は周りからも注目され始めていた。

一成が恋人だった倉橋と分かれて正式に江里子に告白し、
二人が付き合うようになった直後、江里子は家の近くで突然襲われ、
人に見せられない写真を撮られる。

倉橋が部費を使って雇った男に江里子を襲わせたと考えた一成は、
警察に訴えようとするが、江里子はそんなことを望んでいないと雪穂に言われ、
結局真相は明かされないままだった。


第6章

亮司がとうとう仲間にまで手をかけたと思わせる章。

ゲーム販売でぼろもうけした後も、3人で悪事を続けていた亮司、園村と西口。
新しく始めたのは、銀行のカードの偽造で、
他人の口座から現金を引き出す方法を試していた。

亮司と園村の前に突然やくざが現れて、西口を渡せという。
西口は、やくざの榎本にだまされて、勤めていた銀行の金を横流しにしていた。
横流しに感づいた同僚が榎本に殺され、
怖くなってやくざから逃げ出そうとしていた西口に、
亮司が隠れ先を探して行かせるが、西口はすぐに殺されてしまう。
そして逃亡資金の2千万もなくなっていた。


第7章

雪穂が、恋人の浮気を知りつつも、良家の御曹司と結婚する章。

雪穂と2週間後に結婚を控えていたのは、
大学時代のソシアルダンス部の副部長だった高宮誠(たかみやまこと)。

派遣社員の三沢千都留(みさわちずる)への思いが強くなり、
思いを告げて、もし千都留も同じ思いなら、
結婚を取りやめようとまで思いつめていた。

結婚式の前日に、千都留が泊まっているホテルに行き、
思いを告げようと待っていたが、
怪しい男の妨害によって、千都留は宿泊する予定のホテルを変え、
結局高宮は千都留と会えず、雪穂と結婚することになった。



ここから感想です。

最初から怪しかった亮司に加えて、
どんどん雪穂も怪しい方向になってきました。

犯罪をどんどん重ね続けるたびにいろいろな証拠が残っていき、
どこで足がつくのか恐ろしい状況です。

二人が協力関係にあることはもう明らかだと思いますが、
それぞれの両親の殺しにどうかかわっているのか。
子供の交換殺人、というパターンだとする、あまりに悲惨です。
何か救いのある終わりであることを。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/25-61fde77f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。