--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.24

青いクラゲを追いかけて

content.jpg

<概要>(「BOOK」データベースより)
青いクラゲ、カツオノカンムリはほんとうに帆走する?
深海魚ハダカイワシがなぜなぎさに?
深海にすむ貝がらばかりのビーチがある?
アサガオガイはほんとうにクラゲを食べる?
帆をたてて群泳する青いクラゲに会いたい!
なぎさを歩けば、謎がいっぱい。
なぎさの新博物誌。

<感想>
春のイベントとの準備で子供用の書籍の棚を見ていたら、
知らない盛口さんの本を見つけてしまったので早速借りてきました。

久々に海に行ったばかりだし、しばらく前から海辺の拾い物もブームなので、
とても楽しく読めました。

それにしても、「ニューストン」。。。びっくり。

海の生き物はプランクトン、ネクトン、ベントスの3つに分かれる、
と思っていたら、今は4つ、なのですね。

海の表面、ちょうど海と空の境目の所に暮らしている生き物をニューストンと呼ぶそうです。
新しく見つかったから「ニュー」なのかな。
なじみのあるトビウオがこの仲間、と聞くとなんか不思議。
憧れのブルーマーリンも海水面近くにいると聞くけど、そうなのかな~。

それにしても、カツオノカンムリは荒波で浜に打ちあがってるのを見たことがありますが、
アサガオガイは貝殻さえ拾ったことないです。
この本を読んでたらほんと~にアサガオガイの殻が欲しくなりました。

貝がクラゲを食べるなんて。。。
終盤で盛口さんが見た、というたくさんのカツオノエボシアサガオガイが海を漂っている様子。。。
想像すると、なんか夢の世界のようです。
いつかそんなシーンに出会えたらいいのに。

盛口さんの本は、雑草が面白い、もまだ読んでる最中。
いつも面白くて、はずれないですね~。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/216-81246691
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。