--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.12

翔ぶ少女

150826_hamada.jpg

<概要>by 「BOOK」データベース
「生きて、生きて、生きぬくんや!」
1995年、神戸市長田区。
震災で両親を失った小学一年生の丹華(ニケ)は、
兄の逸騎(イッキ)、妹の燦空(サンク)とともに、
医師のゼロ先生こと佐元良是朗に助けられた。
復興へと歩む町で、少しずつ絆を育んでいく四人を待ち受けていたのは、
思いがけない出来事だった―。

<感想>
ブログリンクさせていただいていた方の読んだ本で見た、
浜田マハさんの本を図書館の返却図書で見かけたので借りてみました。

どんな話なのか全く知らずに読んだのです。
巻末の著者略歴を見て、歴史物やら恋愛物やらの人かと思って読み始めたら、
神戸の震災の感動もの、って感じで、電車の中で何度も泣きそうになってしまいました。

真ん中くらいまで進んできて、足に障害を負った主人公がさらに、
背中にも何か悪いものが。。。
骨肉腫?とか思っていたら、なんと羽!

ほんとにあったんじゃないか、
と思わせるような話で真面目に進んできていきなりファンタジーか!
と、いろんな意味で驚きました。

ラストはまぁ予想通りでしたが、予想外の展開、という意味では、
なかなか楽しむことが出来ました。

全体の内容としては可もなく不可もなく。
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/212-69bbf660
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。