--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.03

キケン

kiken.jpg

<概要>
【キケン】成南電気工科大学機械制御研究部。
略称【機研】。
彼らの巻き起こす、およそ人間の所業とは思えない数々の事件から、
周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。
これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。

<感想>
大人借りしてしまった3冊目です。

こちらもまったく予備知識なしだったのですが、
結果としては一番面白かった。
勢いで一日で読んでしまいました。

メインキャラは部長、副部長と、その下の代の新人二人。
大学のサークルの馬鹿げた勢いでやっちゃうむちゃくちゃだったことを、
社会人になってちょっと大人になったメインキャラの一人が、
恋人に振り返って話をしている、という描写で進んで行きます。

2章使って一番の盛り上がりを描いた大学祭。
大学時代に大祭に関わってた人間としては、
こういう盛り上がりは経験できなかったけど、なんかわかる。
人生で、3徹したのはあの時だけだし、今後も絶対ないだろうから。
あの時のなんだかわからないハイテンションはやっぱり、
しばらく忘れられなかったです。
その感じがすごい思い出されちゃいました。

その次のロボコン的な話も結構よかった。
勝負最後で、予算がかけられない学生なりの戦い方。
「勝たずとも負けん!」が。

誰が振り返りしてることになってるんだろうって、
読んでる途中から気になってて、
新入生のどっちだろう、と思ってたけど、
そっちだったか~って感じで。
大祭振り返りが結構長かったから、逆かと思ったのにやられた・・・

3作品の中で、もう一回読み返したくなったし、
社会人編を書いてほしい、と思うほど、登場人物が魅力的でした。
いや、ぜひ、社会人編を1冊、お願いします。
というわけで、評価は☆(5段階評価の一番上)です。

文庫本、たぶんおまけ短編がついてるだろうから、借りよ。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/209-c8c478ef
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。