--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.13

フリーター家を買う

しばらくがっつりネット小説にはまってまして更新してませんでした。
久々ですが、またぼちぼちあげて行こうと思います。

freeter_.jpg


<概要>
就職先を3か月で辞めて以来、自堕落気儘に親の脛を齧って暮らす
”甘ったれ”25歳が母親の病を機に一念発起。
バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、奔走する。
本当にやりたい仕事って? やり甲斐って?
自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の再生を描く、
愛と勇気と希望が決勝となったベストセラー長編小説。

<感想>
久々に有川さんの作品を借りようと思って予約してたらば、
この後続く2冊もちょうど返却本であって、3冊大人借りしてしまったうちの1冊。

映画の原作ということもあって結構有名だったので期待してましたが、
なんか最初読んでたら主人公やら主人公のお父さんやらがだらしなすぎてムカついて。
最後に向けて盛り上げるには最初はダメじゃないといかんのだと分かっていても、
まさか有川さんの本を読んでて、こんなに読むのがムカつくとは思っておらず、
結構しばらく辛かったですが、終わりはハッピーだと信じて読めるのがいいところですね。

ヒロインちゃんが途中で出てきて、短い間に結構盛り上がりました。
でも泣いてるところでいきなりあれは、ちょっと小説過ぎるような。。。
ページが足りなかったのかな、とか思うほど急展開でしたが。
最後の方はまぁ、なんかいい感じで。

文庫はおまけの短編が1個あってやっぱりいいですよね。
おまけでずいぶんと楽しませてもらいました。

後半わずかしかなかった恋愛部分が一番味を出してくれた気がして、
やっぱり、有川さんは恋愛ものが一番いいなぁ、と思わせてくれた1冊。
ラブコメ長編。またやってくれないでしょうか。

有川さん作品としては中の上という感じなので、、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/207-4cd0fffb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。