--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.06

続・終物語

zokuowari.jpg

<概要>
”私、とっても幸せなのに――こんなの、全部嘘だって思ってる”
直江津高校卒業式の翌朝。妹達の力を借りずに目覚め、
”何者でもなくなった”阿良々木暦が向かい合う、新しい世界とは・・・・・・?
彼ら彼女らの物語の――続き。
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
ファイナルシーズンついに完結! 僕達と、育ち続ける物語。

<感想>
物語シリーズ、今度こそ最終巻、という前振りながら、
次巻発行がまたまた予定されている続・終物語。

前回の終物語・下たいまいちだったので、
ぜひ、今度こそ最終巻で盛り上げを、と期待していたのですが、
う~ん。。。という出来、でした。

阿良々木君が、洗面所で鏡を見て、鏡に映った自分が同じように動かない、
と気づいた後、なんかが起きて、気が付けば世界が変わっていて・・・
みたいな話で、最後は元の世界に戻って終わり、という感じです。

間宵ちゃんと神原さん登場も、あまり笑える会話部分がなく、
謎解き的なところも、前作と同じ感じで。
感動したり、ジーンと来たり、もなく。
なんか、扇ちゃんが絡むと、わたし好みでないのかもしれない。

次回はとうとう、ネクストシーズン!
西尾維新も書いてますが、このシリーズはもう終わらせ方がわからなくなった、
という感じなのかもしれませんね。

シリーズ最終巻としては前巻に引き続き、残念感満載で、
評価は△(5段階評価の下から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/206-4fcc3c37
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。