--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.27

王都炎上

王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)
(2012/04/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る


<概要>
大陸に精強な兵と華麗なる文化を謳われるパルス王国。
西方の蛮族、ルシタニアの侵攻に対しても、その勝利を疑う者はなかった。
だが、味方の裏切りにより罠にかけられたパルス軍は、
一日にして壊滅。王国は滅亡した。
単騎生き残った王太子アルスラーンは、
ダリューンらわずかな味方とともに故国の奪還をめざす。
だが。。。。。
妖艶な美女、奇怪な魔導士、そして謎の銀仮面。
多彩な人物が織りなす一大物語絵巻。
書下ろしヒロイック・スペクタクル・ロマン、堂々の開幕。

<感想>
春からアニメが始まりましたね!
クール数もわからんという状況ですが、
漫画が始まってから、気になっていました。
まさか私が中学生の頃から読んでたアルスラーンがアニメに!!
25年以上も前に始まったのにまだ完結してないアルスラーンが!!!
感無量です。

そんなことで、何度も嫌になるくらい読んだアルスラーンを久々に通しで読もうかなと。
ということで、第1巻、王都炎上です。
アニメ見てる人、漫画のこの先読むの楽しみにしてる人、
ネタバレまくりなので、お気を付けください。


タイトル通り、強国で知られるパルスの王太子アルスラーンが、
初陣として参加した異国との大戦で国が負ける中、
騎士の中の騎士と言われる、一応物語史上最強の騎士、ダリューンに助けられて、
逃げ延びていくところから始まります。

対する相手国ルシタニアは、歴史上でいうところの十字軍をモデルとしているので、
悪逆を尽くしまくるわけですが、強兵を誇るパルスが負けたのは、
王家のどろどろした背景と、それにかかわる裏切り者、
さらに、パルス開国の祖の前に残虐を尽くしていた魔王的存在、
蛇王ザッハークを信仰する怪しい魔道集団、も関わっているわけで、
最初から第2部に向けてのフラグが立まくってますね~。

正直、王都炎上はまぁ、この後盛り上がっていくために落ちるところまで落ちるので、
ずっと暗い展開ではあるわけですが、ここから何とか頑張るんだな、
と、予感を抱かせてくれるところはあります。
その点、12国記よりもまし。

それにしても、田中芳樹さんの書く話に出てくる中でも一番好きなナルサス。
改めて読み直しても、登場当初から、いいですね。
性格悪いけど頭がいい人って、ほんといいな~。
アルスラーンを捕虜にしようとやってきた敵を穴に落として、
這い上がってきたところを、皿でスコーンと一発で、振り出しに戻すシーンもいい。
こういうキャラをもっとほかの人も書いてくれればいいのに。

1巻最後までに、アルスラーンのメイン取り巻きといえる7人のうち6人まで出てます。
今考えると、ナルサスとエラム以外のキャラはRPGの仲間キャラそのものっぽい。
ダリューンが騎士、ギーブがシーフ、ファランギースは魔法使い系僧侶。
といってもファランギースはホイミかけらんないし、どっちかというと騎士系の活躍の仕方だけど。

読み応え評価ですが、アルスラーン戦記は、私が世界で2番目に好きな小説なので、
全巻どれも、☆です。






良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/204-bc5947ca
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。