--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.10

海の底

海の底 (角川文庫)海の底 (角川文庫)
(2009/04/25)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>
4月。桜祭りで解放された米軍横須賀基地。
停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、
喧騒は悲鳴に変わっていた。
巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、
次々に人を『食べている』!
自衛官は救出した子供たちと潜水艦へ立てこもるが、
彼らはなぜか「歪んでいた」。
一方、警察と自衛隊、米軍の駆け引きの中、
機動隊は壮絶な戦いを強いられていく――
ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント!!

<感想>
自衛隊三部作の最後の1作、「海の中」。

空の中に引き続き、結局3作とも、ありえない状況は生き物原因という結果。

ある意味一番、生き物ネタ的にはありえない感じだった。
深海生物が浅海に持ってこられると、水圧の違いで長く生きられないことが多いし、
巨大化することについても、ゾウくらいのサイズっていうのが地上では限度だから。

怪獣映画的な部分、密室的な部分、
さらに実況中継的に自衛隊、警察、米軍のそれぞれの動きを中継していきつつ、
人間模様を書いていく、というのは、ちょっと欲張り感があったかな?
深めきれてない感じがしました。

分かりやすい悪役がいるのは「空の中」に引き続き、だったけれど、
こっちのがきんちょ悪ガキの方が、たちが悪くて気持ち悪くて、
確かに可哀想なことはあったかもしれないけど次号自適感が強く、
読んでてちょっと嫌になってしまった。

私的には、切なさと恋愛重視の塩の街が一番好きで、
次が泣かせてくれた空の中、海の底が最後、という順でした。
シリーズものはやっぱり一作目が肝なのかな。

そんなわけで、評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/195-4b43e8f8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。