--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.22

沈黙博物館

沈黙博物館沈黙博物館
(2000/09)
小川 洋子

商品詳細を見る


<概要>by「BOOK」データベース
耳縮小手術専用メス、シロイワバイソンの毛皮、切り取られた乳首…
「私が求めたのは、その肉体が間違いなく存在しておったという証拠を、
最も生々しく、最も忠実に記憶する品なのだ」―
老婆に雇われ村を訪れた若い博物館技師が死者たちの形見を盗み集める。
形見たちが語る物語とは?村で頻発する殺人事件の犯人は?
記憶の奥深くに語りかける忘れられない物語。

<感想>
予約本待ちの間に、と思って借りてみた2冊目。
前回がもやもやしていたので、
癒されたいな~、という気分で借りた、小川洋子さん。

主人公は博物館の技師で、何の博物館を作るのかも知らずに、
新しい博物館を作る人の募集に応募したらしく、
募集の面接に、その場所を訪れるところから始まります。

概要にあるとおり、雇い主が求めていたのは、
それまで彼女が集め続けてきた、形見の博物館。
その名前が「沈黙博物館」。

年老いた雇い主が、形見の収拾までお前の仕事だ、と言い、
博物館技師は否応なく、犯罪まがいの形見収集の作業をしつつ、
博物館建設のための日々を送っていくのですが、
街で繰り返し起きる殺人犯として疑われるようになり、
どんどん追い詰められていきます。

知らないうちに犯罪者になっていくというか、
元に戻りたくても戻れないところまで行ってしまったという感じで、
それがじわじわとなんとなく進んでいくのがほんとに怖い。

少女は死んじゃうんだろうと思っていたらそのまま生き残り、
殺人犯はまさかの・・・という彼でした。

博士の愛した数式的な、ほんわりする結末をぎりぎりまで期待してたんですが、
正直ミステリーというか、オカルト?って感じで。
久々に夢に出てきて眠れなくなりそうな作品、でした。

やっぱり、楽しい本が読みたい。。。
評価は○(5段階評価の普通)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/193-051e751f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。