--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.13

超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2

超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2
(2014/09/19)
杉田圭

商品詳細を見る


<内容>
小野篁(おののたかむら)と比右子(ひうこ)の初夜、
壬生忠岑(みぶのただみね)と満子(みつこ)の「別の物語」、
紀貫之と椿の昔話、小野小町、在原業平、文屋康秀の珍道中、
貞明(さだあきら)と綏子(やすこ)の愛情夫婦生活、
清少納言の恋愛遍歴、紫式部と藤原公任(ふじわらのきんとう)の宮中ライフ、
藤原定家と式子内親王の一夜……などなど、抱腹絶倒&感動のスピンオフ!

<感想>
大好きなうた恋い。シリーズの新刊。
まさかのうた変。の2冊目、です。

内容に書いてあるように、いろんな人の話がちょっとずつ、で、
おちゃらけ話で、キャラたちの背景を綴っていくスタイルはおんなじでした。

うた恋い。4ででてきた篁と比右子コンビも結構よかったけど、
前作のうた変。でも笑かしてくれた、大好きな貞明と綏子カップル。
綏子さん、うた恋い。に出てくる全キャラでも一番かわいい
貞明に好かれたくて、貞明の好きな馬になる、とか。
ありえないと分かってても、いいキャラ設定すぎ。
また、次回作があればぜひ取り上げてほしい二人です。

あとはやっぱり、好きなのは道隆と高内侍(こうのないし)。
自分の旦那がこんな人だったら絶対やだ、と思いつつも、憎めない。
しかも相手が高内侍っていうのもいいし。
孫の道雅(みちまさ)まで、へたれが遺伝っていうのも、なんか全部いい。

対して、清少納言の前の夫の話とか、お兄さんの話とか、
ちょっと可哀想すぎかな。。。
 
お正月百人一首をするつもりで、前勉強と思って読むには最高の1冊。
うた恋い。はもちろん、こっちもシリーズ3作目を期待したいので、
評価は◎(5段階の上から2番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/191-1aad248f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。