--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.30

図書館危機

図書館危機 図書館戦争シリーズ3 (角川文庫)図書館危機 図書館戦争シリーズ3 (角川文庫)
(2011/05/25)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>byブックデータベース
図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!
山猿ヒロイン大混乱!
玄田のもとには揉め事相談、
出るか伝家の宝刀・反則殺法!
―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?
そこで郁を待ち受けていたものは!?
終始喧嘩腰でシリーズ第3弾、またまた推参。

<感想>
2冊目の最後、むちゃくちゃ後を引く、次が気になる終わり方。
ということで、急いで借りてきて、残り4冊一気読みしてしまったきっかけの、図書館危機。
怒涛の3巻でした。

分かった直後の大外刈り、大笑い。

茨城支部での戦いでの堂上についていく宣言と、
郁ちゃんが自分の気持ちに気づくところとかが、
その後つなぎという意味でも盛り上がりなんだろうけど、
一番よかったのは、稲峰司令、でした。

私は欲深かったかね、というところの独白から先、本当によかった。
ほとに、ほろりときちゃいました。

なんで、辞めさせられちゃうかな~。
もっと活躍を見たかった。
流れ的にどうしようもなかったんだろうなぁ、
とわかりつつも、すごい残念でした。

甘々ラブストーリー、万歳。
ひたすら楽しかった。
そんなわけで、評価は久々の★(5段階評価の一番上)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/187-27c78ab7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。