--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.20

悲報伝

悲報伝 (講談社ノベルス)悲報伝 (講談社ノベルス)
(2013/11/26)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>byブックデータベース
“究極魔法”獲得を目的とした実験により、
全住民が消失した四国。閉ざされたその地では、
対立する魔法少女のグループが死闘を繰り広げていた。
十三歳の英雄・空々空と謎の幼児・酒々井かんづめは、
少女たちの戦争を潜り抜け、死地を脱出できるのか。
新兵器『悲恋』が上陸を果たし、地球との最終決戦が迫る!
悲鳴に始まり、悲痛な別れを繰り返し、
悲惨な死すら越えていく英雄譚、第四弾。

<感想>
伝説シリーズも気がつけば4冊目。
四国編、これまでとちょっと雰囲気が変わって、
新しい魔法少女チームが2つでてきて、
一斉に登場人物が増えました。

これまでのようにぶっとんでない魔法少女が出てきて、
どんな風に展開していくのかと思えば、
このシリーズはそうだ、人がガンガン死ぬんだった、
と、思い出させられる結果でした。

とうとう登場した最終兵器悲恋ちゃん。
なんか、戯言シリーズの真心ちゃんを思い出させられました。
完成する前に出てきちゃったという設定とかも絡まってるけど、
四国編、次巻完結ということなので、
きっとこの子もあっさり・・・

伝説シリーズってどこに向かって行くんでしょうね。
今回は特に、西尾維新としては面白いというほどでも驚きというほどでもなく、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/183-8fe6786f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。