--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.17

いのちのパレード

いのちのパレード (実業之日本社文庫)いのちのパレード (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
恩田 陸

商品詳細を見る


<概要>
無国籍な不可思議空間にあなたをご招待
あちこちから指や手の形をした巨岩が飛び出す奇妙な村に、妻と私はやって来た(「観光旅行」)。
主人公フレッド君が起きぬけから歌うのは、ミュージカルだから(「エンドマークまでご一緒に」)。
「上が」ってこの町を出るために、今日も少女たちはお告げを受ける(「SUGOROKU」)。
小説のあらゆるジャンルに越境し、クレイジーで壮大なイマジネーションが跋扈する恩田マジック15編。

<感想>
恩田陸さんの短編集ということで、前知識なく手に取ってみました。
光の帝国シリーズとかよりもかなり気持ち悪い感じだなぁと思っていたら、
もともとホラーものの短編連載という企画を1冊の本にしたものだったとか。
ホラー・・・普段はまったく読まないジャンルなので、
なんだかやっぱり、違和感ありまくりでした。

14本の雑誌連載の作品に加えた単行本オリジナルの夜想曲はなかなかいい感じでした。
やっぱり人造人間もの、好きです。

あと、一番よかったのは蝶使いと春、そして夏、です。
人の魂をあの世に送るときに、チョウがその道を導いてくれる、という。
お盆のころに、蝉やトンボ、翅のある虫に乗って先祖の魂が帰ってくる、
という話を思い出したりして、蝶使いの行い一つ一つが、
なんだか目に浮かんでくるような気がして。

やっぱり恩田陸ファンタジーっぷりが生きててくれてよかった。
と、最後には思わせてくれる1冊でしたので、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。





良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/177-73196965
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。