--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.10

新本格魔法少女りすか3

新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)
(2007/03/23)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>
心に茨を持った小学五年生・供犠創貴(くぎきずたか)と、
“魔法の国”長崎県からやってきた転入生・水倉りすかが繰り広げる危機また危機の魔法大冒険!
“最後の一人”から驚愕の誘いを受けた創貴は―!?
これぞ「いま、そしてかつて少年と少女だった」きみにむけて放つ、“魔法少女”ものの超最前線、
「りすかシリーズ」第三弾。

<感想>
勢いで次の1冊もまた西尾維新、です。
かなり前に読んだままだった、りすかの3冊目。
3冊目が出てずっとたっていたので、3冊で終わっているものと思っていたら、
実は4冊で終わりの予定だったそうです。

西尾維新って、きちんとシリーズを完結させていく作家さん、
というイメージだったのですが、終わっていないシリーズがあったとは。。。
3巻が出て結構時間が経ってるので、もう出ないのかなぁ。。。

さて、で起承転結でいうと転の3巻。
前巻でほぼ1冊がかりでやっつけた6人の魔法使いの2人目が最初の話で簡単に死んで、
3人目もその後すぐ死んで、その後4人目で結構終わりの方まで引っ張り、
あと2人になったところで終わり、でした。

何度も意味ありげに出てきていたキズタカ君のお父さんとお母さんが、
とうとうしっかり出てきたところが3巻の魅力でしょうか。

4巻目が出るかどうかなんだか怪しいなぁと思いつつも、
とりあえず、ここまで読んだからには最後まで見たいなぁ、と思わせてくれましたので、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。


<シリーズ関連ページ>
新本格魔法少女りすか2
新本格魔法少女りすか



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/176-ff7b22bb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。