--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.28

ねじまき鳥クロニクル 第3部鳥刺し男編

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編
(1995/08)
村上 春樹

商品詳細を見る


<概要>
奇妙な夏が終わり、井戸は埋められた。
そして人々はみんなどこかに去っていった。
ねじまき鳥の声ももう聞こえない。
僕に残されたのは、頬の深く青いあざと、
謎の青年から引き渡された野球のバットだけだ。
でも僕はやがて知ることになる-
何かが僕を新しい場所に導こうとしていることを。
意識と過去の帳の奥に隠されたねじのありかを求めて、
地図のない冒険の旅が開始される。
そしてその僕の前に、ねじまき鳥の年代記(クロニクル)が、
橇の鈴音とともに静かにひもとかれる。

<感想>
長い長い、ねじまき鳥クロニクルの最後の3冊目。
2巻の一すじ見えてきた明るい光が、
だんだん大きくなって、最後はまぁ、ハッピーエンド、でした。
人生、いろんなことが起きる、そういう可能性を、
想像力のぎりぎりまで表現した作品、っていう感じなのでしょうか。
どろどろのどうしよう結末とかでなくて、
とりあえず安心。

でも、3巻になってかなり大事な役を担っていた、
シナモンとナツメグ、結局謎のまま去っていってしまった。
パソコンを使ったやりとりとか、
もうそうとうやばそうでドキドキでしたが、
なんか結局事なきを得たような、うやむやにされたような、
そのまま、ドロップアウトでした。
個人的にはすごい、シナモン好きだったのに。
シナモン主人公で一冊書いてほしいくらいだ。

貸してくださった方が、
村上春樹は、なんか手に入らないモヤモヤしたものを、
ずっと追いかけ続けてるような話が多いんだよね、
というコメントが、読み終わってなんか、しっくりきました。

最初、結構ディープなスタートで、
読むのが辛いなと思いながらでしたが、
とりあえず読み終わったことには満足。

とりあえず謎だらけなのは相変わらずだったけど、
ま~、なんとか読んで良かったと思えました。
が、やっぱり好きな感じではないので、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。

→関連ページ
ねじまき鳥クロニクル 第1部 どろぼうカササギ編
ねじまき鳥クロニクル 第2部 予言する鳥編



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/166-e34c267b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。