--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.23

恋愛中毒

恋愛中毒 (角川文庫)恋愛中毒 (角川文庫)
(2012/10/01)
山本 文緒

商品詳細を見る


<概要>
もう神様にお願いするのはやめよう。
-どうか、どうか、私。
これから先の人生、他人を愛しすぎないように。
他人を愛するぐらいなら、自分自身を愛するように。
哀しい祈りを貫きとおそうとする水無月。
彼女の堅く閉ざされた心に、小説家創路は強引に踏み込んできた。
人を愛することがなければこれほど苦しむ事もなかったのに。
世界の一部にすぎないはずの恋が
私のすべてをしばりつけるのはどうしてなんだろう。


<感想>
タイトルに惹かれて偶然読んでみた、植物図鑑が予想外に恋愛もので、
それからまた今更読んでみた吉本ばななさんの本も恋愛ものと続き、
恋愛ものも久々にいいな、と思って借りてみたのがこの本でした。

なんかタイトルは聞いたことがあったし。
吉川英治文学新人賞をとってるということだし、
まじめな純愛かなぁとか思ったりしたのですけど。。。

ちょ~~~、暗い

読んでてこんなにジメジメ感が強すぎて、
読んでいるのが辛くなるような本は久々、でした。

なんでこんなに暗いんだろう。

終わりの方は、もうこれ以上、ひどい目にあってるのは、
見てられん・・・って感じで、ほんとひどかったです。

最後の最後は微妙に驚きもあって、
それなりにましな終わり方だったのですけど、
さすがにまたこの人の本ってのはどうだろう。

物によってきっと作風は違うんでしょうけれど。

読んでるのが辛い本は久々だったので、
評価は△(5段階評価の下から二番目)でした。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/148-7487851c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。