--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.13

ファインバーグコレクション展

江戸東京博物館、開館20周年記念の、
ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡
を、見に行ってきました。

mv_img_left1305.jpg


風邪ひいたりして、油断していたら、
特別展終了ギリギリの三連休になってしまって、
激混みを避けようと、土曜の夕方から行ったら、大当たり。
ゆっくりじっくり見ることが出来ました

チラシにも名前が出ていた、
抱一、応挙、若冲、蕭白、蕪村、北斎といった巨匠たちについては、
抱一と応挙を除くと作品数があまり多くありませんでした。
応挙はあまり趣味ではないし・・・
ま~、そうだろうとは思っていました。

でも、若冲、蕭白と北斎はさすが!!
特に若冲の菊図三福と、松図は、
応挙やら蕪村の後に見ただけに、
構図のカッコよさ、線のきれいさにため息もの。
蕭白の狂ったほどの人の描写も相変わらずで、
この辺が見られただけでも、見に行ったかいがあったというもの。

あと、今回予想外によかったのは、
谷文晁の「秋夜名月図」。
月の描写が、後期琳派並みにいい感じで、
しかも薄の葉っぱの表現が絶妙。
これまでそんなにいいと思っていなかった作家さんなので、
意外な発見。なかなか良かったです。

あとは池大雅。
今回池大雅の作品は結構大きな作品が複数出ていて、
水墨画の妙をカッコよく見せてくれました。
セットで印象に残ったのは、
池大雅の奥さん、池玉欄の「風竹図扇面」。
小さな扇面に、墨だけで竹の葉と歌が一首。
女性の作家さんだけあって、線が細い繊細な表現が新鮮でした。

後もう一人、やっぱりすごかったのは竹内栖鳳。
猫で有名な栖鳳さんですが、
今回出品されていたのは、題もすごい、
「死んだ鶴図」。
わざわざヨーロッパに行っている時、
市場で見たらしい、殺された鶴がつるされている絵を、
スケッチして色を塗ったような作品でした。
とにかく、若冲とはまた全然違うこの写実性。
猫よりは前の作品だろうとは思いますが、
なんだか写真よりも真実みのあるあの不思議なタッチが、
すでにほぼ完成されている感じで、見入ってしまいました。

2時間ゆっくり、結構すいた展示室内を見ることが出来ました。
俵屋宗達で始まり、葛飾北斎で終わる。
さすがにこれは、やっぱりそうだろう、という並びで、
一番最後にこの二つを見て、満足たっぷりに退場の途につきました。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/144-b64a9295
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。