--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.17

百鬼夜行 陰

定本 百鬼夜行 陰定本 百鬼夜行 陰
(2012/03)
京極 夏彦

商品詳細を見る


<概要>by「BOOK」データベース
「妖怪」はいずこより来るのか…。
人の心は闇にあらねども、揺るぎないはずの世界が乱れたとき、
その裂け目から恠しきものが湧き出し、取り憑く。
他人の視線を畏れる者、煙に常軌を逸した執着をもつ火消し、
「海」を忌む小説家…。
日常に潜む恐怖を描く十の短篇から成る「京極堂サイドストーリーズ」。

・小袖の手
・文車妖妃(ふぐるまようび)
・目目連(もくもくれん)
・鬼一口
・煙々羅
・倩兮女(けらけらおんな)
・火間虫入道
・襟立衣
・毛倡妓(けじょうろう)
・川赤子

<感想>
長い長い塗仏の宴文庫本6冊を抜けて、次は短編集、
ということで、かなりほくほくと楽しみに読んだのです。
けれども、なんか、ちょっと。。。

タイトルからして、そのままではあるのですけれども、
百鬼夜行なのでいろんな妖怪が出てきて、
その妖怪にちなんで、これまでの事件に出てきた様々な人たちの、
事件前日譚がちりばめられている感じでした。

どちらかというとわき役的な人達が主人公になっていて、
唯一関口さんを除いて、メインキャラは雰囲気を醸しつつも出てこないという。

正直な話、気持ち悪さばかりが先にたってしまって、
百物語的な。。。オカルトチックな感じで、
ちょっと求めていたのとは違う感じでした。
でも、ここの出てきたちょっとした情報が、
今後のまた百鬼夜行シリーズ本編にかかわってきたりして、
とか思って、やっぱり一言一句読んでしまったのですが。。。

話的に一番怖かったのは煙々羅、かな。
煙に取りつかれてしまう人の話と言ってしまえばそんなじゃないですけど、
人が狂っていくときの怖さがにじみ出ていました。

あと、もともと鳥山石燕の絵がすごいいつも独特でうまいのですが、
目目連の絵が、ほんとだったら怖いけれど、
すごい良くて、なんか繰り返し見入ってしまいました。

なんだかんだとそれなりに楽しみはしましたが、
やっぱりちょっと物足りないということで、
今回は評価は厳しく△(5段階評価の下から2番目)で。
次のシリーズ本編に期待!です。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/131-61a09bb2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。