--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.31

新訳絵入現代文 伊勢物語

新訳絵入現代文 伊勢物語新訳絵入現代文 伊勢物語
(2011/02)
不明

商品詳細を見る


<概要>「BOOK」データベースより
昔日の雅と恋の模様を活き活きとつづる。
若き日の歌人吉井勇が心の風を読み、竹久夢二が相愛の美を描く。

<感想>
ここのところ、古典のいろんな話を読んでいましたが、
どれもこれも、在原業平の和歌はいいなぁ、としみじみ思ってしまって、
とうとう、伊勢物語を読んでみることにしました。
原文と訳が載っているのもいいと思うのですが、
今回は、竹久夢二の絵の魅力もあってこちらに。

昔、男ありけり。の出だしで有名な伊勢物語
在原業平が主人公とされていますが、結構いろんな話が入っています。
これはさすがに業平じゃなさそうだな、と思うような話もあれば、
兄の行平が、と、明らかに業平だと分かる話もあります。
若いころのことから、歳をとってからの話になっていき、
最後は有名な辞世の句で終わり、でした。

それにしても、宮仕えをしていたはずなのに、
どうして東北にまで旅に出る余裕があったんでしょう。
なんだか不思議な感じです。

中には、うた恋い。で取り上げられていた植えし植えば、や、
すでにブログでとりあげた、月やあらぬ。。。など、
有名な、好きな和歌がたくさんありましたけれど、
せっかくなので、今までブログで書いたことのない歌を、
いつものように3つ、選びました。


1番目は、業平が武蔵野国に旅した、若い時の歌です。

「名にし負はば いざ言問わん 都鳥 わが思う人は ありやなしやと」

名にし負わば、という出だしがかっこいいです。
これも超有名な和歌ですが、やっぱり、いいですね~。
都鳥はまた、とてもきれいな鳥ですし、
なんとなく都鳥を見ると、業平がこの鳥を見たんだなぁ、と、思ってしまいます。


次は、業平の歌でなくて、業平とやりとりしていた相手の女の人の歌です。

「ゆく水に 数かくよりも 果敢なきは 思わぬ人を 思うなりけり」

わかりやすくて、そしてその通り、という歌ですけど、
なんだか和歌にすると意味が深く感じられました。


最後は、業平が歳をとってからの歌です。

「世の中に 絶えて桜の 咲かざらば 春の心は のどけからまし」

この歌、本当にそうだなぁと思います。
春になると桜が咲いて、毎年なんとなくウキウキもするけれど、
満開を迎える直前くらいから、なんとなく寂しい気持ちになってしまう。
1000年も前から、みんな同じようなことを思っていたのだなぁと、感じ入ってしまいます。
これも、有名すぎる歌ですけれど。


古典の原作の入門編としては読みやすいと思います。
当たり前とはいえ、中身としては予想通りだったので、
評価は○(5段階の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/122-471528a0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。