--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.29

ユージニア

今日の一冊:ユージニア

ユージニアユージニア
(2005/02/03)
恩田 陸

商品詳細を見る


<概要>by角川書店ユージニア紹介ページ
ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。
町の記憶の底に埋もれた大量殺人事件が、年月を経てさまざまな視点から再構成される。

<感想>
恩田陸さんの出世作?
こちらは第2回本屋大賞と、吉川英治文学新人賞のダブル受賞作だとか。

こちらもファンタジーというよりはミステリーに近いのかもしれないけれど、
本の構成がすごい独特で、後の方の恩田陸さん作品を彷彿とさせる雰囲気が漂っていました。

以前起こった殺人事件を、それに関係した様々な人達にインタビューした本を出版した人がいて、
その人も含めて、事件にかかわっていた人をまた新たにインタビューした別の人が、
インタビューの内容を綴っている形で物語が進んで行って、
最後は、2人目に事件の真相を追おうとした人と、
一人目のインタビューした人の視点で物語が閉じていきます。

犯人はかなり最初にいきなりわかっているにも関わらず、
最後の最後まで、なんとなく不安な感じというか、
本当にそうなのか、気になるまま話が進んで行って、
結局最後まで、なとなくモヤモヤ!!

東野圭吾とかの謎解きすっきり感は味わえません。
でも本当の事件とかってこんな感じなのかな、と思わせるような、
謎めいた雰囲気はちょっと趣深いです。

あと、目が見えない女性がとても重要な役割を果たすのですが、
結末を読んだときに、H.G.ウェルズの、「盲人の国」という短編を思い出しました。
タイトル的にも、この短編だけでなくて、ウェルズの影響が大きいのかな、
と改めて思ったんですけれど、どうなんでしょう。

話の進め方も、中身もすごいおもしろかったんですが、
謎解き的なすっきり感が味わえず、読み終わってもモヤモヤするところが微妙なので、
評価は差し引き平均の○(5段階の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://monogatarigatari.blog.fc2.com/tb.php/104-8b135066
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。