--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.30

ラッフルズ・ホーの奇跡

ダウンロード

<概要>
散歩の途上、ロバート・マッキンタイアは眼下の大邸宅を眺めやった。
昼夜兼行で押し寄せる作業員、搬入される貴重品の数々、次第に高くなる塔-。
近隣の耳目を集めた事業も大詰めらしい。
邸の主はラッフルズ・ホーなる男で、スパーリング司祭によれば現身の天使だという。
ホーと誼を通じて己がいかな変節を遂げることになるのか、
神ならぬ身のロバートはそのとき知る由もなかった。

<感想>
こちらもまた、図書館で偶然出会った本シリーズです。
もう何年ぶりになるかわからない、コナン・ドイル
考えてみたら、ホームズシリーズ以外、この人の本は読んだことがない気がする。

コナン・ドイルというからにはやはり、推理物なんだろうなぁ、
と思いながら読んでみたら、なんか違う。
あれ、ずいぶん違う。。。
という感じでありました。

中編・短編あわせて8本。
結構オムニバスな感じでした。

・ラッフルズ・ホーの奇跡
タイトルストーリーだけあって、結構読み応えがありました。
ざっくりいえば、大金持ちの善人と深い縁を持ってしまい、
身の程以上の夢を見て、最終的には夢を見る前より不幸になってしまう、という話。
幸せな結末ではなさそうだなぁ、と思いつつ読みながら、
最後はこうなったのか~、という。
なんか人間の悲喜こもごもの描き方が、
池波正太郎に似ているような感じがする。
それにしても、錬金術が出てくるとは。
これ読んで、金属に電気をかけてみた人がいっぱい出たのでは?
とか思うとなんか面白いです。

・体外遊離実験
これはタイトル通りの話です。
今読むと、よくある使い古されたような話、ではあるけれど、
これを最初に書いたのがコナン・ドイルなのか、と思うと、感慨深い。

・ロスアミゴスの大失策
電気椅子での死刑を執行するために、
大罪人だから高電圧で刑を執行しようとしたら、
死ぬどころかかえって、殺せない体になってしまった、という話。
アメリカで電気椅子にかけたのに罪人が死ななかったというニュースが当時あって、
それをもじって書いた話らしい。
さすがイギリス人。当時としてはすごいブラックジョークだろうな。

・ブラウン・ペリコード発動機
世紀の大発明をした二人組が、
その成果を自分のものにしようとしてお互い自滅してしまう、という話。
ただひたすら暗い。

・昇降機
タイトルが時代を表してますね。
日本人は昔、こう読んでいたのかな、エレベーターのこと。
宗教狂っちゃった人が、エレベーターに乗った人ごとエレベーターを落とそうとして、
乗っていた人たちがうまく逃げだし、最後は宗教狂いだけが一人落ちちゃうという話。
これも、前の1編と同じく、暗い。そして怖い。
本当にありそうな話。

・シニョール・ランベルトの引退
これまた、暗い話。
奥さんの不倫に怒った旦那さんが、
奥さんの不倫相手のオペラ歌手の声帯を傷つけて、社会的に破滅させるという話。
この辺、連続してずっと、メロドラマとか殺人事件によく出てきそうな、普通の設定。
傑作選に入れるだけの話なの?
この当時にこういうことを考えた、というのがやっぱりすごいんだろうな。

・新発見の地下墓地
暗い話短編が4つ続きました。
婚約者がライバルにいいように遊ばれてしまった考古学者が、
恨みを晴らすために、新発見の地下墓地に連れて行って、
明かりも渡さずおいて帰り、殺してしまうという話。
暗い話4連続の中では、一番ワクワクしました。
うまいこと恨みを晴らして、学会でも大発見で名声を得た主人公、
その後幸せになれたのだろうか。

・危険!
イギリスと架空のヨーロッパの国が戦争を起こして、
兵糧攻めでイギリスが負ける、という空想話。
こんな風にうまくいくかはわからないとしても、
こういう話を考えたのはまだしも、発表するところがすごい。
これ、今ではありえないとは思うけど、
日本で考えたら、自給率がイギリスどころでなく、
どうしようもないことになりそう。

それぞれこんな感じでした。
全体としての読みごたえは、まぁまぁでした。
やっぱりラッフルズ・ホーが良かったかな。
これがなければ、ちょっと残念な1冊だったかもしれない。
H.G.ウェルズの短編集ほどのインパクトはやはりない。
またH.G.ウェルズが久々に読みたくなりました。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
11.24

青いクラゲを追いかけて

content.jpg

<概要>(「BOOK」データベースより)
青いクラゲ、カツオノカンムリはほんとうに帆走する?
深海魚ハダカイワシがなぜなぎさに?
深海にすむ貝がらばかりのビーチがある?
アサガオガイはほんとうにクラゲを食べる?
帆をたてて群泳する青いクラゲに会いたい!
なぎさを歩けば、謎がいっぱい。
なぎさの新博物誌。

<感想>
春のイベントとの準備で子供用の書籍の棚を見ていたら、
知らない盛口さんの本を見つけてしまったので早速借りてきました。

久々に海に行ったばかりだし、しばらく前から海辺の拾い物もブームなので、
とても楽しく読めました。

それにしても、「ニューストン」。。。びっくり。

海の生き物はプランクトン、ネクトン、ベントスの3つに分かれる、
と思っていたら、今は4つ、なのですね。

海の表面、ちょうど海と空の境目の所に暮らしている生き物をニューストンと呼ぶそうです。
新しく見つかったから「ニュー」なのかな。
なじみのあるトビウオがこの仲間、と聞くとなんか不思議。
憧れのブルーマーリンも海水面近くにいると聞くけど、そうなのかな~。

それにしても、カツオノカンムリは荒波で浜に打ちあがってるのを見たことがありますが、
アサガオガイは貝殻さえ拾ったことないです。
この本を読んでたらほんと~にアサガオガイの殻が欲しくなりました。

貝がクラゲを食べるなんて。。。
終盤で盛口さんが見た、というたくさんのカツオノエボシアサガオガイが海を漂っている様子。。。
想像すると、なんか夢の世界のようです。
いつかそんなシーンに出会えたらいいのに。

盛口さんの本は、雑草が面白い、もまだ読んでる最中。
いつも面白くて、はずれないですね~。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
11.17

オーバーロード3 鮮血の戦乙女

cover_novel03.jpg

<概要>
忠誠を誓った守護者・シャルティアがまさかの反逆。
アインズが冒険者として、エ・ランテルに潜入する裏で、
一体何が起きていたのか?
これまでにない頂上決戦!! アインズVSシャルティア。
ナザリック地下大墳墓が揺れる第3巻。

<感想>
アニメのクライマックスが入っている第3巻。
こちらも2巻と同じく、ネットとはもう全然話が違いました。

守護者の一人、しかもアインズを巡ってアルベドとライバルのシャルティアがまさかの。。。

それにしても、ワールドアイテムがここで出てくるとは。。。
ネットの方ではまだあんまり大っぴらには活躍してないスレイン法国が、
小説の方では最初からでまくりですね。

シャルティアは吸血鬼ということもあって思い入れもあり、
守護者の中でも好きなキャラだったので、
ワールドアイテムに無理やり支配されそうになるシーンが可哀想で。。。

あとは、ブレインが仲間にならなかったのもびっくり。
ハムスケがいるからなのかな。
結構ナザリックの中でのブレインの立ち位置、好きだったのに残念。

いや~、でもやっぱりアインズさんとシャルティアの頂上決戦は見ごたえあり。
アニメだと、最後のとことかどうなってるのかよくわからなかった人もいたのでは。
小説だと細かい間合いもきちんと書いてあってよかったです。
あと、アニメには出てこなかったアルベドのお姉さんが登場して、
アルベドの妹がいることも判明。
なんか重要キャラになりそうなので今後期待です。

次巻、4巻からはまっさらなので読むのが楽しみ。
早く手に取りたいです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ




Comment:0  Trackback:0
2015
11.12

翔ぶ少女

150826_hamada.jpg

<概要>by 「BOOK」データベース
「生きて、生きて、生きぬくんや!」
1995年、神戸市長田区。
震災で両親を失った小学一年生の丹華(ニケ)は、
兄の逸騎(イッキ)、妹の燦空(サンク)とともに、
医師のゼロ先生こと佐元良是朗に助けられた。
復興へと歩む町で、少しずつ絆を育んでいく四人を待ち受けていたのは、
思いがけない出来事だった―。

<感想>
ブログリンクさせていただいていた方の読んだ本で見た、
浜田マハさんの本を図書館の返却図書で見かけたので借りてみました。

どんな話なのか全く知らずに読んだのです。
巻末の著者略歴を見て、歴史物やら恋愛物やらの人かと思って読み始めたら、
神戸の震災の感動もの、って感じで、電車の中で何度も泣きそうになってしまいました。

真ん中くらいまで進んできて、足に障害を負った主人公がさらに、
背中にも何か悪いものが。。。
骨肉腫?とか思っていたら、なんと羽!

ほんとにあったんじゃないか、
と思わせるような話で真面目に進んできていきなりファンタジーか!
と、いろんな意味で驚きました。

ラストはまぁ予想通りでしたが、予想外の展開、という意味では、
なかなか楽しむことが出来ました。

全体の内容としては可もなく不可もなく。
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
11.07

オーバーロード2 漆黒の戦士

cover_novel02.jpg

<概要>
異世界に転移して約1週間。 アインズと部下で戦闘メイドのナーベラルは、
城塞都市エ・ランテルに「冒険者」として潜入していた。
目的はこの世界の情報収集およびエ・ランテルでの名声。
二人は薬草採取の依頼をうけ、「森の賢王」なる魔獣がひそむ森へと向かう。
同じ頃、エ・ランテルにしのびよる邪悪な秘密教団の影……。
偏執の魔法詠唱者が操るアンデッドの群れと
最狂の女戦士がアインズの前に立ちはだかる!

<感想>
アニメ終わってしまいましたが、まだまだ自分の中ではブームが続いてるオーバーロード。
なかなか2巻が手元に来なくて、やっと読めました。

2巻からはなんかずいぶんと話が変わってきました。
なんと、ネットではモモンの名前でソロでナーベラルが街に出ていたのに、
アインズさんがモモンの名前で街に行ってしまった。
ネットでは後の方で、一度街で暮らさないと常識が手に入らない、
というつぶやきがあるはずなのに、いきなり行ってしまった。

さらに、ニニャほか、一時的仲間メンバーがいきなり死んじゃうし、
ハムスケいう、間抜けキャラがアインズさんのペットとして出てくるし、
クレマンティーヌが出てきて。。。
もうすっかり別の話です。

これはこれでいいとこがないと言えないこともないけど、
ネットで、ナーベラルが戦ってる裏でアインズさんが見張りをやっつけたシーンとか、
結構好きだったので、失くなってしまって残念。。。

小説版で一番好きなのは、
やっぱりネットと同じで、ナーベラルのカジット退治シーン、です。
やっぱナザリックメンバーの本気モードはカッコイイ!
あと、驚愕のラストね。
アニメで知ってたけど改めてやっぱり、びっくりのままの終わり方でした。

次巻、3巻まで、アニメで先に見てるとおりだろうけども、
小説だと細かいところがしっかり描かれているのでやっぱり読み応えあり。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
11.03

掟上今日子の備忘録

okitegami1.jpg

<概要>by 「BOOK」データベース
掟上今日子―またの名を、忘却探偵。
すべてを一日で忘れる彼女は、
事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、
常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。
「探偵を呼ばせてください―!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。
果たして今日子さんは、
事件の概要を忘れる前に解決できるのか?
「化物語」「めだかボックス」の西尾維新がおくる新シリーズは探偵物語!

<感想>
化け物の最終巻に付録で1話載ってた、新シリーズ。
西尾維新はなんか、出るととりあえず借りたくなっちゃうんだよね。

5話構成の短編集みたいな感じの構成で、
1話目は、化け物で読んでた付録の1話まんま、でした。

残り4編はそれぞれ、今日子さんの過去を知ってそうな、
隠館(かくしだて)君の上司と今日子さんの出会いに始まって、
今日子さんが大好きな作家さんの死んだ理由の謎解き、という感じでした。

もともとデビュー作の戯言シリーズからして、謎解き好きなのはわかってましたが、
今回のはちょっと、設定は奇抜だけど謎解きはそんな。。。という感じかな。
特に4話目。
一日で忘れてしまうというのはネックだけれど、
自分に書置きできるのなら、
寝ずに100冊読むとか、やる必要ないし。。。と思ったのは私だけでしょうか。

西尾維新の探偵もの!!、とついつい期待してしまった分、
ま~、普通。。。という程度でもちょっとがっかり感がありました。

シリーズ後編の残り2冊、どうしようかなぁ。
ドラマになるみたいだし。。。面白いのかもしれないけれど、なんか微妙。
西尾維新の作品としては、笑えるシーンがほぼないということで残念なこともあり、
評価は△(5段階評価の下から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。