--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
04.29

悲業伝

悲業伝 (講談社ノベルス)悲業伝 (講談社ノベルス)
(2014/07/03)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>
強い自意識を抱え続けてきた十三歳の少女・手袋鵬喜(てぶくろほうき)。
魔法少女製造課課長・酸ヶ湯原作(すがゆげんさく)に才能を見出され、
変人揃いのチーム『サマー』に配属されることに。
しかし、四国全住民失踪事件の捜査に訪れた
英雄・空々空(そらからくう)により、彼女の世界と自己愛は、
粉々に破壊されてしまう。
特別な自分に返り咲くために必要なのは、究極魔法――!?
一方、地球撲滅軍の才女、氷上竝生(ひがみなみうみ)と
最凶科学者・左右左危(ひだりうさぎ)は、
暴走した最終兵器『悲恋(ひれん)』を追って四国を目指す。
魔法と科学、相反する力の一騎打ちが始まる!

<感想>
伝説シリーズ5冊目も四国編の続き。
前回、そうだ、このシリーズは人がガンガン死ぬんだった、
と、思い出させられるチームオータムとチームスプリング壊滅、の続きということで、
一体どうするのやらと思っていたら思いっきり視点変更。

ほぼ存在を忘れられてたような手袋ちゃんと、撲滅軍メンバーの参戦で、
空々君たちの活躍の裏で、手袋ちゃんと撲滅軍2人も頑張って、
とうとう最後はみんなで合流、というところまでたどり着きました。
今までよりかはまだ前向きな感じの、なんとかなりそうな方に話が進んだ一冊でした。

でもなんか、氷上さんって、このシリーズのヒロインだったの?というような扱いで、
今後そういう話になっていくのかなぁ。

物語シリーズがもうすぐ終わるし、次回はこれがアニメ化か?
なんて思ってもいたけど、それは難しそうだなぁという描写がたくさん。。。
これのせいでアニメ化が無理、という話になるなら、ちょっと残念な感じです。

前巻の予告で、今回終わると書いてあったのですが、
予想通りというかなんというか、また終わらず。
次巻こそ終わり、という予告はさすがに、ここまでくれば大丈夫かな。

今回も特に、西尾維新としては面白いというほどでも驚きというほどでもなく、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
04.17

終物語(下)

終物語 (下) (講談社BOX)終物語 (下) (講談社BOX)
(2014/04/02)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る


<概要>
”それがきみの――青春の終わりだ”
大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。
彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と
最終決戦の号砲だった――
すべての<物語>はいまここに収束する・・・
これが現代の怪異!怪異!怪異!
青春は、「僕」がいなくちゃはじまらない。

<感想>
物語シリーズ最終巻、という前振りながら、
次巻発行が決定している終物語の下。

読みつつも、前巻の話さえ忘れてて、
そうか~、扇ちゃんの話だったかな~?なんて思いつつ読み進めて行きました。

まよいヘルでは、まさかの真宵ちゃん登場!
死んじゃった設定だったせいか、あまりトークがはじけてなくて残念。
まさか手折正弦が結構キーパーソンだったとは。
と言っても、結果そこまででもなかったけど。

ひたぎランデブーは、ただ時間稼ぎ的に、
ひたぎちゃんをちゃんとヒロインとして出してやろう的な?
個人的には初デートよりも、あまり良かったと思えなかったけど。

最終話おうぎダーク。
とうとう、扇ちゃんと決着。
正体を引っ張って引っ張って、引っ張った末に、それか~・・・って感じで。
まぁ、こんな感じなのかなぁ。
それにしても、最後の最後のセリフ、さすがに西尾維新といえどすごすぎ。
みんなどんな評価なのでしょう。

ほんとに最終巻なのかわからないけど、続終物語。
もう少し面白くしてもらうことを期待したいです。

次回に期待を残しつつ、今回は全体として最終巻としては物足りなかったので、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。