--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.11

図書館戦争

図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>
2019年。
公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる
『メディア良化法』の成立から30年が経ち、
日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。
笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるのだが……。

<感想>
植物図鑑、以来、久々の有川浩さんの作品です。
あまりにもメジャーなので、そのうち、と思っていたのですが、
図書館で偶然1冊目が残っていたので、また出会いを感じて借りてきてしまいました。

このシリーズは、テレビで偶然映画の放送しているのをかなり昔に見たような気もして、
なんとなくのあらすじはわかっていたし、恋愛メインだよな~、と思っていたのですが、
結構1巻の中身は、シリアスなのも多かったです。

本好きとしては、本が検閲で大っぴらに取り締まられる世界なんて冗談じゃないので、
ついつい、主人公側に感情移入してしまうのが、ある意味うまい作り。
それにしても、指令が渋くていい!!
オジサン好きな性格もあり、主役の堂上よりかとてもカッコイイ!と思ってしまう。
有川さんの書く作品は、どれもこれもキャラクターがいいなぁ。

王子様の正体はあまりにも予想通りだったけど、
2巻目もなかなかに楽しみなシリーズです。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。