--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.17

いのちのパレード

いのちのパレード (実業之日本社文庫)いのちのパレード (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
恩田 陸

商品詳細を見る


<概要>
無国籍な不可思議空間にあなたをご招待
あちこちから指や手の形をした巨岩が飛び出す奇妙な村に、妻と私はやって来た(「観光旅行」)。
主人公フレッド君が起きぬけから歌うのは、ミュージカルだから(「エンドマークまでご一緒に」)。
「上が」ってこの町を出るために、今日も少女たちはお告げを受ける(「SUGOROKU」)。
小説のあらゆるジャンルに越境し、クレイジーで壮大なイマジネーションが跋扈する恩田マジック15編。

<感想>
恩田陸さんの短編集ということで、前知識なく手に取ってみました。
光の帝国シリーズとかよりもかなり気持ち悪い感じだなぁと思っていたら、
もともとホラーものの短編連載という企画を1冊の本にしたものだったとか。
ホラー・・・普段はまったく読まないジャンルなので、
なんだかやっぱり、違和感ありまくりでした。

14本の雑誌連載の作品に加えた単行本オリジナルの夜想曲はなかなかいい感じでした。
やっぱり人造人間もの、好きです。

あと、一番よかったのは蝶使いと春、そして夏、です。
人の魂をあの世に送るときに、チョウがその道を導いてくれる、という。
お盆のころに、蝉やトンボ、翅のある虫に乗って先祖の魂が帰ってくる、
という話を思い出したりして、蝶使いの行い一つ一つが、
なんだか目に浮かんでくるような気がして。

やっぱり恩田陸ファンタジーっぷりが生きててくれてよかった。
と、最後には思わせてくれる1冊でしたので、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。





良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
03.10

新本格魔法少女りすか3

新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)
(2007/03/23)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>
心に茨を持った小学五年生・供犠創貴(くぎきずたか)と、
“魔法の国”長崎県からやってきた転入生・水倉りすかが繰り広げる危機また危機の魔法大冒険!
“最後の一人”から驚愕の誘いを受けた創貴は―!?
これぞ「いま、そしてかつて少年と少女だった」きみにむけて放つ、“魔法少女”ものの超最前線、
「りすかシリーズ」第三弾。

<感想>
勢いで次の1冊もまた西尾維新、です。
かなり前に読んだままだった、りすかの3冊目。
3冊目が出てずっとたっていたので、3冊で終わっているものと思っていたら、
実は4冊で終わりの予定だったそうです。

西尾維新って、きちんとシリーズを完結させていく作家さん、
というイメージだったのですが、終わっていないシリーズがあったとは。。。
3巻が出て結構時間が経ってるので、もう出ないのかなぁ。。。

さて、で起承転結でいうと転の3巻。
前巻でほぼ1冊がかりでやっつけた6人の魔法使いの2人目が最初の話で簡単に死んで、
3人目もその後すぐ死んで、その後4人目で結構終わりの方まで引っ張り、
あと2人になったところで終わり、でした。

何度も意味ありげに出てきていたキズタカ君のお父さんとお母さんが、
とうとうしっかり出てきたところが3巻の魅力でしょうか。

4巻目が出るかどうかなんだか怪しいなぁと思いつつも、
とりあえず、ここまで読んだからには最後まで見たいなぁ、と思わせてくれましたので、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。


<シリーズ関連ページ>
新本格魔法少女りすか2
新本格魔法少女りすか



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2014
03.02

終物語 上

Category: 妖もの
ものすごい久々です。
秋くらいに、ネット小説にはまっていて、という話を書いていましたが、
その後半年、ネット小説三昧に過ごしてしまいました。

なんかネット小説だと、そのまま渡り歩いてしまうので、
なんとなく、ブログに感想を書かないまま。。。

久々に紙の本を手に取りました。
前のように頻繁ではなくても、またちょっとずつ感想を挙げていこうかなと思います。

終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)
(2013/10/22)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る


<概要>
真っ暗な眼の転校生・忍野扇。
彼女が微笑みながら解き明かす、阿良々木暦の“始点”とは…?
高校一年生のあの日、少年は絶望を味わった―
これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春の、終わりを告げる影がさす。

<感想>
紙の本の久々第1発目はやっぱり、西尾維新、でした。
前クールのアニメは、ストーリーに忠実と言えば忠実だったんでしょうが、
あまり面白くなかったような。。。
あと残り2冊、となっていた物語シリーズ、
終物語が3冊になるなんて。。。
さすがは西尾維新です。

今回とうとうやっとメインで扇さんがでてきたわけですが、
気持ち悪い感が半端ない。。。
ちょっとばかし推理が入っているけれどなんとも救えない感じの1冊、
ということで、なんとなく処女作のクビキリサイクルを思い出すような。。。

それにしても扇ちゃん。
まさか羽川さんと張るほど頭がいい設定とは思いませんでした。

扇ちゃんに簡単に巻き込まれていくところが、
久々に阿良々木君のだらしなさにイライラする展開で、
しかもお気に入りキャラの羽川さんが、
また久々にエロキャラ発言。。。
う~ん、なんかもうちょっと変えてもらえないのかな、羽川さんの設定。

続終物語に向けて、もうちょっと明るい展開になってくれることを期待しつつ。
評価は○(5段階評価の真ん中)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。