--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.30

鳥類学者無謀にも恐竜を語る

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)
(2013/03/16)
川上 和人

商品詳細を見る


<概要>by「book」データベース
本書の主題は、鳥類恐竜の緊密な類縁関係を拠り所とし、
鳥類の進化を再解釈することと、恐竜の生態を復元することである。
この本は恐竜学に対する挑戦状ではない。
身の程知らずのラブレターである。

<感想>
遊んでいた訳でもないのに、すっかり更新が遅くなってしまいました。
それもこの本が思わず手ごわかったから。。。

生き物系の本は、面白い本でもさすがに専門書ということで、
文字量が多くて読むのに時間がかかります。
まさかの1週間?

でも、読みごたえは十分。
なかなか面白かったです。

中身は、まさにタイトルの通り、
鳥類学者が恐竜を語る、ということなのですが、
ちょっとイメージと違った(というか普通違うだろう)のは、
鳥類が恐竜から進化していて、ある意味ほぼ恐竜の生き残り扱いなので、
半分くらいは鳥の話、ということでしょうか。

生き物の中でも恐竜は、今みられないからあまり食指が働かず、
そんなに詳しく知らなかったのですが、
とにかくしばらくの間にいろんな研究が進んでいたようで、
昔のイメージとはずいぶんと違う恐竜の姿が紹介されていました。

両手両足すべてに羽毛が生えていたとか、
取っ組み合いしている状態で見つかった化石があるとか、
驚くことがたくさん、ありました。

結構衝撃だったのは、
鳥の翼が、上にあげるときは羽と羽の間を広げて、
下すときは、羽と羽をくっつけることで、
翼を上にあげるときも体をあまり下げずに飛ぶことが出来るという話でした。
考えてみたら、トンボは4枚羽をずらして飛んでいるし、
カブトムシとかの甲虫は体を上向きにして羽の浮力を使っているし、
翼ってすごい便利なんだな~。。。と。

でもそうすると、アブってどうして体を平行にして、
羽ばたきでホバリングできるんだろう。不思議だ。

そんな感じで、読みながらなかなか頭を使わせてくれる、
まさに生物ミステリー的な楽しい本でした。

なんだかシリーズ化するような話もあるようで、
このシリーズの別の作品が出たら、読んでみたい気がします。
そんな期待も込めて、また評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
07.25

悲痛伝

悲痛伝 (講談社ノベルス)悲痛伝 (講談社ノベルス)
(2013/02/27)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>
すべてを失った十三歳の少年、空々空(そらからくう)。
感情を持たず、感性に欠けるがゆえに
ヒーローであることを強いられる、
地球撲滅軍第九機動室室長。
彼のもとに届いた悲痛なる事件の報せは、
地球からの新たなる攻撃なのか?
真相を探る英雄の前に立ちはだかるは・・・、魔法少女!?
悲鳴から始まる英雄譚、第二弾。

<感想>
悲鳴伝は、なんだかきれいにストーリーが終わってしまったので、
まさかの続編。想像してませんでした。
偶然図書館で見かけて予約して、やっと手に入りました。
が、やっと手に入ったらすでに、さらなる続編悲惨伝が・・・
っていうか、悲鳴伝と同じで終わると思ったら、この厚みで完結せず?!

と、最初からいろいろ驚きやらなにやらでしたが、
気を取り直して、感想です。

地球からの人間への攻撃で、人口が1/3減ってしまった地球。
その攻撃は、聞いた人たちをのきなみ死に追いやった「大いなる悲鳴」。
その「大いなる悲鳴」を聞いても行きのびた稀有な存在ということで、
地球撲滅軍に無理やり入れられた空々空君。

前話、悲鳴伝では、自分をスカウトした撲滅軍の仲間と、
撲滅軍から抜け出そうとして、追っ手をかけられ、
追っ手を全滅させたものの、仲間の女の子も死んでしまい、
それでも、彼らしく生きていく、というところで終わりでした。

なんか主人公の設定からして、
刀語の七花君を思い出すような、
ひょうひょうとした感じが、
デビュー作の戯言シリーズのいーちゃんを思い出すような、
結果として足して2で割ったようなキャラです。

今回は、四国から人が一人もいなくなってしまった事件を、
一人で解決するように指示されて出ていくわけですが、
四国で出会ったのは、空飛ぶ魔法少女。

相変わらずのぶっ飛んだ設定で、
出てくる魔法少女が次々と死んでいき、
5人いるはずの魔法少女のうち、3人が死んで、
一人が味方に、一人が行方不明になった、
というところで終わりでした。

はっきりいってこれだけでは何も感想と言えることもなく。。。
どうなることやらな感じで終わりでした。

でもやっぱり大好きな西尾維新さん。
軽妙な、西尾維新!って感じの文章は、
何度読んでも、ついつい時間を忘れて読みふけってしまいます。

あ~、早く悲惨伝、読みたい。
暦物語も早く読みたい。

3か月に1回、しばらく連続で本が出るそうなので、
化物語シリーズとセットで、楽しませてくれそうです。

次回への期待も込めて、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
07.23

恋愛中毒

恋愛中毒 (角川文庫)恋愛中毒 (角川文庫)
(2012/10/01)
山本 文緒

商品詳細を見る


<概要>
もう神様にお願いするのはやめよう。
-どうか、どうか、私。
これから先の人生、他人を愛しすぎないように。
他人を愛するぐらいなら、自分自身を愛するように。
哀しい祈りを貫きとおそうとする水無月。
彼女の堅く閉ざされた心に、小説家創路は強引に踏み込んできた。
人を愛することがなければこれほど苦しむ事もなかったのに。
世界の一部にすぎないはずの恋が
私のすべてをしばりつけるのはどうしてなんだろう。


<感想>
タイトルに惹かれて偶然読んでみた、植物図鑑が予想外に恋愛もので、
それからまた今更読んでみた吉本ばななさんの本も恋愛ものと続き、
恋愛ものも久々にいいな、と思って借りてみたのがこの本でした。

なんかタイトルは聞いたことがあったし。
吉川英治文学新人賞をとってるということだし、
まじめな純愛かなぁとか思ったりしたのですけど。。。

ちょ~~~、暗い

読んでてこんなにジメジメ感が強すぎて、
読んでいるのが辛くなるような本は久々、でした。

なんでこんなに暗いんだろう。

終わりの方は、もうこれ以上、ひどい目にあってるのは、
見てられん・・・って感じで、ほんとひどかったです。

最後の最後は微妙に驚きもあって、
それなりにましな終わり方だったのですけど、
さすがにまたこの人の本ってのはどうだろう。

物によってきっと作風は違うんでしょうけれど。

読んでるのが辛い本は久々だったので、
評価は△(5段階評価の下から二番目)でした。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
07.21

風立ちぬ

Category: 恋愛もの
風立ちぬ、初日の昨日、見てきました。
ジプリアニメを初日に見るのは初めてかな。

テレビとか新聞とかで、散々、
盛り上げられていたし、
野村萬斎と西島秀俊が声で出演ということもあって、
見に行こうとは思っていましたけど、初日になっちゃうとは。

ストーリーは、すっきりしていてわかりやすかったです。
とにかくどのシーンもどのシーンも絵がすごい。
もう執念を感じるほどでした。

特に雪の降っているシーンは、
実写と見まごうばかり、としか表現ができないほど。
草原のシーンと、事前のインタビューで、
風の表現にこだわっているという話がありましたが、
今回はタイトルにもあるように、風がすごいいろんなところで印象的でした。

個人的には、次郎が飛行機作りに失敗して、
休暇らしき様子で、行っていたホテルで、
紙飛行機をさとこと投げ合うシーンがすごい好きでした。

宮崎駿監督の映画に出てくる主人公は、
男女問わず、出木杉君な感じであまり好きになれなかったのですけれど、
今回は、さとこの純粋で一生懸命なところが、
素直に魅力的に感じられました。
ある意味、珍しくハッピーエンドとは言えない内容だから、なのかも。

個人的には、少なくとも千と千尋よりはずっと話がよかったし、
絵もまさに、千と千尋並にすごいきれいで、
見に行って良かった、と思える作品です。
結構長くやってると思うので、
とにかくあの絵を、大画面で見るだけでも、
見る価値あり、と思います。
Comment:0  Trackback:0
2013
07.19

からくりからくさ

からくりからくさ (新潮文庫)からくりからくさ (新潮文庫)
(2001/12/26)
梨木 香歩

商品詳細を見る


<概要>
祖母が遺した古い家に女が四人、私たちは共同生活を始めた。
糸を染め、機を織り、庭に生い茂る草が食卓にのる。
静かな、けれどたしかな実感に満ちて重ねられてゆく日々。
やさしく硬質な結界。
だれかが孕む葛藤も、どこかでつながっている四人の思いも、
すべてはこの結界と共にある。
心を持つ不思議な人形「りかさん」を真ん中にして-。
生命の連なりを支える絆を、深く心に伝える物語。


<感想>
「西の魔女が死んだ」が殿堂入りレベルにとても気に入ってしまったので、
梨木さんがその次に書いたこの本を読んでみることにしました。

表紙もなんかラブリーな感じだし、
ほのぼのものかなぁ、なんて思っていたらば、
なんか、結構重みのある話でした。

女性の仕事の辛さがあり、
芸術の産みの苦しみがあり、
家族像の問いかけがあり、
女の友情と恋愛といった定番テーマあり、
なんだかあまりにもたくさんの内容が盛り込まれすぎて、
焦点がぼやけてしまったような感じがします。

特に、主人公たち女性4人をつなぐのが、
りかさんと呼ばれている人形なのですが、
それがまた、微妙な形で気持ち悪い雰囲気も醸し出してました。

しばらく前に、江戸東京博物館で能面を見たこともあり、
竜女の面というのは見たことはないですが、
なんだか最後のシーンの情景が浮かぶような気がして、
さらに背筋がぞっとしてしまいました。

そんなこんなで、評価は○(5段階評価の真ん中)です。
梨木さんはほかの本もまだまだ読んでみたいです。

梨木さんのほかの本の感想はこちら→
・西の魔女が死んだ




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
07.17

夏目友人帳 16巻

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)
(2013/07/05)
緑川ゆき

商品詳細を見る


<概要>
学校の黒板に妖の落書きを見つけた夏目。
用心する中、多軌が最近、陣を使って家に迷い込んだ妖を助けたという話を聞く。
夏目は多軌の陣が、祓い屋の間では禁術であることを伝えようとするが・・・!?


<感想>
待ちに待っていた夏目さんの16巻。

13巻までずっといい話を積み上げてきて、
14巻でちょっと中だるみの感はあったのですが、
15巻はまた、妖が見えなくなってしまった元祓い屋と、
それでもその主に仕えていたい式の切ない話もあり、
なかなかいい感じが戻ってきていました。

さらに、お気に入りキャラの名取さんが、
とうとう友人帳に気づいた様子が伏線に入っていて、
16巻ではどうなるかと、楽しみにしていたのです。

が、残念ながら名取さんは登場せず、
もちろん伏線回収もならず、でした。

でも、今回もまた、多軌ちゃんと心を通わせた妖が、
多軌のそばにいたくなってしまうけれど、
それを伝えずに去っていく、ほろりとくる話があり、
それなりに満足させてもらいました。

最初の頃は妖に振り回されてばかりいた夏目が、
最近は、人間と妖と両方の気持ちがわかるだけに、
その板挟みに心揺らされる話が増えているような。。。
最近あまり悪い妖が出てきてない、ということもあるかもしれませんけど。

やっぱり夏目はいつもいいですね。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
07.15

哀しい予感

Category: 恋愛もの
哀しい予感 (角川文庫)哀しい予感 (角川文庫)
(1991/09)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


<概要>by「BOOK」データベース
弥生はいくつもの啓示を受けるようにしてここに来た。
それは、おばである、ゆきのの家。
濃い緑の匂い立ち込めるその古い一軒家に、
変わり者の音楽教師ゆきのはひっそりと暮らしている。
2人で過ごすときに流れる透明な時間。
それは失われた家族のぬくもりだったのか。
ある曇った午後、ゆきのの弾くピアノの音色が空に消えていくのを聴いたとき、
弥生の19歳、初夏の物語は始まった。
大ベストセラー、そして吉本ばなな作品初の文庫化。

<感想>
ルー・ガルーの感想を書いたときに、
次回は哀しい予感と書いたまま、すっかり間が空いてしまいました。

2冊目の吉本ばななさんの本。
今回もまた、ストレートな恋愛ものでした。

今どきよくある恋愛漫画にありそうな、
お互いを思いあう兄弟のうち、お姉さんが実は養子で、
実際にそのことを二人で探し当てていく、
というのが大筋でしょうか。

その事実に行き当たるまでに出てくるキーマンが、
主人公、弥生のおばさんのゆき。
実は歳の離れたお姉さんだという。

後書きに吉本ばななさんご本人が書いているように、
妙に美しいとかきれいとか、華美な情景描写言葉が出てきますが、
ゆきさんのなんか神秘的な感じは、
とても絵になるイメージが頭に浮かんで、
余韻を残してくれました。

恋愛ものの短編漫画1冊くらいのさらっとした読み心地で、
暑い日の気晴らしに手に取るのには最適かも。
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
07.13

ファインバーグコレクション展

江戸東京博物館、開館20周年記念の、
ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡
を、見に行ってきました。

mv_img_left1305.jpg


風邪ひいたりして、油断していたら、
特別展終了ギリギリの三連休になってしまって、
激混みを避けようと、土曜の夕方から行ったら、大当たり。
ゆっくりじっくり見ることが出来ました

チラシにも名前が出ていた、
抱一、応挙、若冲、蕭白、蕪村、北斎といった巨匠たちについては、
抱一と応挙を除くと作品数があまり多くありませんでした。
応挙はあまり趣味ではないし・・・
ま~、そうだろうとは思っていました。

でも、若冲、蕭白と北斎はさすが!!
特に若冲の菊図三福と、松図は、
応挙やら蕪村の後に見ただけに、
構図のカッコよさ、線のきれいさにため息もの。
蕭白の狂ったほどの人の描写も相変わらずで、
この辺が見られただけでも、見に行ったかいがあったというもの。

あと、今回予想外によかったのは、
谷文晁の「秋夜名月図」。
月の描写が、後期琳派並みにいい感じで、
しかも薄の葉っぱの表現が絶妙。
これまでそんなにいいと思っていなかった作家さんなので、
意外な発見。なかなか良かったです。

あとは池大雅。
今回池大雅の作品は結構大きな作品が複数出ていて、
水墨画の妙をカッコよく見せてくれました。
セットで印象に残ったのは、
池大雅の奥さん、池玉欄の「風竹図扇面」。
小さな扇面に、墨だけで竹の葉と歌が一首。
女性の作家さんだけあって、線が細い繊細な表現が新鮮でした。

後もう一人、やっぱりすごかったのは竹内栖鳳。
猫で有名な栖鳳さんですが、
今回出品されていたのは、題もすごい、
「死んだ鶴図」。
わざわざヨーロッパに行っている時、
市場で見たらしい、殺された鶴がつるされている絵を、
スケッチして色を塗ったような作品でした。
とにかく、若冲とはまた全然違うこの写実性。
猫よりは前の作品だろうとは思いますが、
なんだか写真よりも真実みのあるあの不思議なタッチが、
すでにほぼ完成されている感じで、見入ってしまいました。

2時間ゆっくり、結構すいた展示室内を見ることが出来ました。
俵屋宗達で始まり、葛飾北斎で終わる。
さすがにこれは、やっぱりそうだろう、という並びで、
一番最後にこの二つを見て、満足たっぷりに退場の途につきました。

Comment:0  Trackback:0
2013
07.11

恋愛もの

昨日は暑い中、市川で自然観察のお仕事があって、
すっかり疲れてしまいました。

予約本が届くまでにちょっと軽く気晴らしに、
と思って図書館に拠ったら、
また、この間あった次に借りようと思っていた本達が
ないじゃないですか。。。
宮部みゆきさんのぼんくら、残念ながら手に入らず。

そんなことで、借りてきたのが以下2冊。

からくりからくさ (新潮文庫)からくりからくさ (新潮文庫)
(2001/12/26)
梨木 香歩

商品詳細を見る


恋愛中毒 (角川文庫)恋愛中毒 (角川文庫)
(2012/10/01)
山本 文緒

商品詳細を見る


梨木香歩さんは、「西の魔女が死んだ」がとても良かったので、
また読もうと思っていた作家さん。
前回図書館に行ったときは、「西の魔女が死んだ」の前にでていた、
「裏庭」があったのですが、今回はなくて。
やっぱり、人気なのですね。
そんなわけで、3作目のこの本になりました。

もう1冊は、なんかよしもとばななさんの本を読んで、
久々に恋愛ものを読んでみたい気分が出てきて、
読んだことないけど恋愛ものの作家さん、山本さんを借りてみました。
結構どっぷりそうで、ちょっと怖い気もしますが。。。

暑い日は図書館か、喫茶店で、涼みながら本を読む。
これが一番!

Comment:0  Trackback:0
2013
07.08

6000アクセス

7月もまだ上旬だというのに、
もう6000アクセスに達してしまいました。

最近たくさんの人が見てくれるんだなと思うと、
またまた書くのもうれしくなってきます。
これからもよろしくお願いします。


7月に入って、アニメやドラマが新しいクールになるし、
夏休みが近くなって、いろんな映画も始まるし、
映像関係も忙しくなってきました。

今のところは、前クールから始まった、
進撃の巨人がやっぱりすごいですけね~。
漫画も読んでみたくなってきました。

そして、大好きな西尾維新さんの物語シリーズ、
とうとう、私の一番お気に入りの猫白がアニメに!
暦物語は、あと10人待ち。
待ち遠しいです。
Comment:0  Trackback:0
2013
07.06

耳をすませば

耳をすませば [DVD]耳をすませば [DVD]
(2002/05/24)


商品詳細を見る


夏が近づいてきて、ジブリの新作公開ということで、
金曜ロードショーがジブリ一色に。

耳をすませば、見たことがなかったんです。
猫の恩返しは見たんですけど、
これにもバロンが出てたんですよね。
っていうか、この作品できっと気に入って、
猫の恩返しができたんでしょうね。

宮崎駿監督作品でない分、
絵がやっぱり、バランスが悪いところとかありましたけれど、
しずくちゃんが物語を考えているときにでてくる空想シーンの背景とか、
最後の朝焼けのシーンとか、
カットの絵がすごい。

正直それだけで一見の価値あり、です。
さすがジブリ、オンリーワン。

金曜ロードショーのあおりでは、
恋愛ものとして語られていました。
そういう意味では、コクリコ坂からの方が上だった気がします。
けど、トータルとしてはこっちの方がよかった。

おじいちゃん好きの私は、
聖司のバイオリンでしずくが歌っているところに、
おじいちゃん3人組が来て、みんなで合唱になるシーン。
なんか泣けちゃって。

夏に向けて楽しみになってきましたね!
Comment:0  Trackback:0
2013
07.04

ルー・ガルー

ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)
(2009/10/22)
京極 夏彦

商品詳細を見る


<概要>by「BOOK」データベース
近未来。少女・牧野葉月(まきのはづき)は閉じた世界に生きていた。
携帯端末(モニタ)という”鎖”に繋がれ監視された内部に
不純物が入り込む余地はなく、安全なはずだった。
そこに突如現れた一片の狂気-
それは少女たちを狙う連続殺人鬼!
物理的接触をして初めて知る友達の存在。
自由を求め、鎖を引きちぎった少女たちを待ち受ける
驚愕の真実とは・・・?!
京極夏彦が描く新世代ミステリ、ここに新生!!


<感想>
かれこれ1週間ほどかかってしまったルー・ガルー、やっと読了です。
最初はどうなることかと思いましたけれど、
やっぱり2/3くらい読み終わったところから、怒涛の展開でした。
こういう力強さは変わらずですね。


連続少年少女殺人事件が、
主人公たちの住んでいる地域で起きて、
普通の女の子葉月が興味を持っていた同級生の歩未(あゆみ)、
突然二人に絡んできた天才少女の美緒(みお)が、
殺されそうになっていた同級生の祐子(ゆうこ)を助けようとして、
事件に巻き込まれていきます。

まぁ、途中で犯人はほかに居ないのでわかっちゃうのですけど、
祐子が助かったと思った瞬間、ダメだったときは結構、
え~!!って感じでした。

さらに、犯人はいいとして、歩未の過去の語りがすごかった。
まさか、橡さんの子供時代の殺人を犯した友人が、
またすごい役割を担ったりとか。
いろいろと、予想外の展開に面白く振り回されました。

京極堂シリーズで、タイトルに出てくる妖怪は、
たいてい実際に出てくるわけではないので、
まさか歩未が人狼ってわけじゃなかろうとは思っていたのですが、
満月が結構頻繁に出てきて、
最後までまさか、まさか、と思わせてくれたのも結構よかったです。

あと、百鬼夜行シリーズの読む順番をググったら、
ルー・ガルーも同じ世界観の話なので、
と、紹介されてたんですけど、どこが同じだったのか。。。
ま~、面白かったからよかったんですけど。

いろいろあったけど、やっぱりそれなりに面白かった。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。


予約してる本がなかなか届かなくて、
しばらくは図書館にある本で済まさなくちゃならない日々が続きそうです。
とりあえず次回は、哀しい予感になります、ということで。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:2  Trackback:0
2013
07.02

借りてきた本など

ここのところ、長くても3日に1冊ペースで読んでたんですが、
来週の講演の準備と、風邪ひいたりでペースが落ちてしまって、
さらにルー・ガルーが手ごわい!

最初、結構読むのが大変なくらいだったのですが、
中盤まで来て、やっと面白い感じになってきました。
相変わらず、先はどうなるやらまったくわからないです。
終わりに向けて、楽しくなるに違いないと期待しつつ。。。

で、そろそろ読み終われるのでまた図書館に行ってきました。
ルー・ガルーと違ってさらっと読めるのを、
と思って、火の鳥の続きでも、と本棚に行ってみたら、

1冊もない!!!

え・・・・

前回は全部あったのに。
さすが手塚治虫。まとめ借りの人がいたらしい。

そんなことで、薄くてさらっと系な本として
改めて手に取ったのは、吉本ばななさんの、「哀しい予感」。

吉本ばななさんの初文庫本だとか。
近日登場予定です。


Comment:1  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。