--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.29

人類最強の初恋


index.jpg

<概要>
「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」
人類最強の請負人・哀川潤。
強くなりすぎた彼女に、ついに世界のすべてが降伏する。
倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、
そのとき、初めての「恋」が襲い掛かる!
「戯言」では済まされない、「人間」の枠を超えた、
「最強」のラブストーリー!

<感想>
戯言シリーズから派生した第2弾、なのかな?
人類最強、哀川潤さんが主人公のシリーズが始まったそうです。

戯言シリーズは結構好きだったし、
派生物の人間シリーズも結構好きだったので期待大!だったのですが、
読み終わった感想としては。。。う~ん。
少なくとも期待よりは面白くなかったな。

あまりにも強くなりすぎちゃって、敵対できるのが地上にいなくなって、
とうとう相手が宇宙人になるという。。。
なんかこうなるとドラゴンボールみたいだな~。
強くなりすぎてもやっぱり人間が好き、という片思いの話、なんだろうか。

会話文が多い西尾維新らしい文章だけど、
阿良々木君と間宵ちゃん、または神原さんのような、
または七花ととがめみたいなような、
リズムのいい、笑える会話でもなく、
なんか今回のパートナー役のとろみちゃんがひたすら愚痴ってる感じで。
頭から最後までいまいちでした。。。残念。

本筋ではないけど、途中で話に出てきた子供って。。。
え、あれあおといーちゃんの?
さすがにそんなことないのかな。
すごい気になる。

西尾維新本人も書いてたけど、
ジョーカーみたいな人なので、主人公にすると話を作るのが難しいのかな。
ほかのキャラとの絡みで出てくる話の方が面白いと思います。

最強シリーズをシリーズ化するくらいなら、
物語シリーズのように、終わりました宣言後でもいいから、
ぜひ戯言の続編を作って欲しいな~。

掟上今日子の探偵シリーズからこっち、
なんとなく、スランプなのでは?
笑えて泣ける西尾維新復活に期待したいです。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
11.17

オーバーロード3 鮮血の戦乙女

cover_novel03.jpg

<概要>
忠誠を誓った守護者・シャルティアがまさかの反逆。
アインズが冒険者として、エ・ランテルに潜入する裏で、
一体何が起きていたのか?
これまでにない頂上決戦!! アインズVSシャルティア。
ナザリック地下大墳墓が揺れる第3巻。

<感想>
アニメのクライマックスが入っている第3巻。
こちらも2巻と同じく、ネットとはもう全然話が違いました。

守護者の一人、しかもアインズを巡ってアルベドとライバルのシャルティアがまさかの。。。

それにしても、ワールドアイテムがここで出てくるとは。。。
ネットの方ではまだあんまり大っぴらには活躍してないスレイン法国が、
小説の方では最初からでまくりですね。

シャルティアは吸血鬼ということもあって思い入れもあり、
守護者の中でも好きなキャラだったので、
ワールドアイテムに無理やり支配されそうになるシーンが可哀想で。。。

あとは、ブレインが仲間にならなかったのもびっくり。
ハムスケがいるからなのかな。
結構ナザリックの中でのブレインの立ち位置、好きだったのに残念。

いや~、でもやっぱりアインズさんとシャルティアの頂上決戦は見ごたえあり。
アニメだと、最後のとことかどうなってるのかよくわからなかった人もいたのでは。
小説だと細かい間合いもきちんと書いてあってよかったです。
あと、アニメには出てこなかったアルベドのお姉さんが登場して、
アルベドの妹がいることも判明。
なんか重要キャラになりそうなので今後期待です。

次巻、4巻からはまっさらなので読むのが楽しみ。
早く手に取りたいです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ




Comment:0  Trackback:0
2015
11.07

オーバーロード2 漆黒の戦士

cover_novel02.jpg

<概要>
異世界に転移して約1週間。 アインズと部下で戦闘メイドのナーベラルは、
城塞都市エ・ランテルに「冒険者」として潜入していた。
目的はこの世界の情報収集およびエ・ランテルでの名声。
二人は薬草採取の依頼をうけ、「森の賢王」なる魔獣がひそむ森へと向かう。
同じ頃、エ・ランテルにしのびよる邪悪な秘密教団の影……。
偏執の魔法詠唱者が操るアンデッドの群れと
最狂の女戦士がアインズの前に立ちはだかる!

<感想>
アニメ終わってしまいましたが、まだまだ自分の中ではブームが続いてるオーバーロード。
なかなか2巻が手元に来なくて、やっと読めました。

2巻からはなんかずいぶんと話が変わってきました。
なんと、ネットではモモンの名前でソロでナーベラルが街に出ていたのに、
アインズさんがモモンの名前で街に行ってしまった。
ネットでは後の方で、一度街で暮らさないと常識が手に入らない、
というつぶやきがあるはずなのに、いきなり行ってしまった。

さらに、ニニャほか、一時的仲間メンバーがいきなり死んじゃうし、
ハムスケいう、間抜けキャラがアインズさんのペットとして出てくるし、
クレマンティーヌが出てきて。。。
もうすっかり別の話です。

これはこれでいいとこがないと言えないこともないけど、
ネットで、ナーベラルが戦ってる裏でアインズさんが見張りをやっつけたシーンとか、
結構好きだったので、失くなってしまって残念。。。

小説版で一番好きなのは、
やっぱりネットと同じで、ナーベラルのカジット退治シーン、です。
やっぱナザリックメンバーの本気モードはカッコイイ!
あと、驚愕のラストね。
アニメで知ってたけど改めてやっぱり、びっくりのままの終わり方でした。

次巻、3巻まで、アニメで先に見てるとおりだろうけども、
小説だと細かいところがしっかり描かれているのでやっぱり読み応えあり。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
10.26

悲録伝

hirokuden.jpg

<概要>
魔法少女同志の死闘をあらゆる手段で生き延びた、
十三歳の英雄・空々空(そらからくう)と、七名の女性――。
幼児、秘書、科学者、人造人間、三人の魔法少女。
思想も、能力も、思惑も、すべてが異なる八人が、
四国からの脱出と、『究極魔法』奪取を共に目指すことを決める。
ゲームに挑む最後の晩、幼児にして魔女・酒々井かんづめは、
彼女だけが知る"過去"を皆に告げるのだった・・・・・・。
八人のろくでなしは、生き残ることができるのか。
『究極魔法』は誰の手に?
波乱の四国編、堂々完結!

<感想>
伝説シリーズ、四国編がとうとう完結しました。
続きがあるとは思っていなかったのに意外と長くなった悲鳴伝。
四国編は特にバタバタと人が死にまくって、
この後も最後は魔女と空々君だけになるのかと思っていたら、意外と生き残りました。

最後のオチ。
なんかいきなり重要キャラが出てきて、そのまま能力を空々君に譲ってリタイア、という。。。
まさかの、生き残ったみんなは全員仲間になるという。
しかも悲恋も爆発しないという、なんか平和な。。。
西尾維新にしては本当に意外なラストでした。
それだけにこの後がすごくひどいことになりそうだなという気もするけれど。

悲恋もひっぱり、実は火星人だったという魔女もひっぱり。
やっぱり空々君が死ぬにあたっては、
剣藤ちゃんエピソードがらみでないと無理なのかなぁ。

次回はたぶん、2度目の大いなる悲鳴の話の皮きり、かな。
それにしても、最新刊に次の4冊先まで予告が出るとは。
西尾維新はほんとにすごい、と、今回はそれが一番の驚きでした。

四国シリーズ最終巻は伝説シリーズとしてはなかなか面白い幕引きだったと思います。
ので、評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
09.28

オーバーロード1 不死者の王

over1


<概要>
その日、一大ブームを起こしたゲームはサービス終了を迎えるはずだった。
――しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。
意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。
なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい!? 
骸骨の肉体を持つ最強の大魔法使い――モモンガの本当の伝説がここからはじまる!

<感想>
ちょうど今クールでアニメがはじまった本作ですが、
ネット小説で、原作のさらに原作とも言えるのが掲載されていたので、
先にそっちを読んだうえで手を出しました。

ネット小説の方が、どちらかというとギャグ要素が強いような気がするけれど、
小説版もまた、なかなか良しです。
何のために出したのか予想がつくとはいえ、
やっぱりいてくれた方がなんか話がわくわくするアルベドがいいですね。

1作目はほとんどネット小説と中身は一緒の流れという感じだけど、
ネットの方ではまだ本格対決はしていない、
スレイン法国の陽光聖典がいきなり出てきて、
しかもいきなりやられるという。。。。
この先どうなるやら、という出だしです。

一番好きなのはやっぱり、カルネ村から戻ってきてからの玉座の間のシーン。
あの宣言、かっこいいよね~。
2巻以降、ネット小説との差も楽しみにしつつ、新キャラ等の活躍に期待です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。