--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.30

ラッフルズ・ホーの奇跡

ダウンロード

<概要>
散歩の途上、ロバート・マッキンタイアは眼下の大邸宅を眺めやった。
昼夜兼行で押し寄せる作業員、搬入される貴重品の数々、次第に高くなる塔-。
近隣の耳目を集めた事業も大詰めらしい。
邸の主はラッフルズ・ホーなる男で、スパーリング司祭によれば現身の天使だという。
ホーと誼を通じて己がいかな変節を遂げることになるのか、
神ならぬ身のロバートはそのとき知る由もなかった。

<感想>
こちらもまた、図書館で偶然出会った本シリーズです。
もう何年ぶりになるかわからない、コナン・ドイル
考えてみたら、ホームズシリーズ以外、この人の本は読んだことがない気がする。

コナン・ドイルというからにはやはり、推理物なんだろうなぁ、
と思いながら読んでみたら、なんか違う。
あれ、ずいぶん違う。。。
という感じでありました。

中編・短編あわせて8本。
結構オムニバスな感じでした。

・ラッフルズ・ホーの奇跡
タイトルストーリーだけあって、結構読み応えがありました。
ざっくりいえば、大金持ちの善人と深い縁を持ってしまい、
身の程以上の夢を見て、最終的には夢を見る前より不幸になってしまう、という話。
幸せな結末ではなさそうだなぁ、と思いつつ読みながら、
最後はこうなったのか~、という。
なんか人間の悲喜こもごもの描き方が、
池波正太郎に似ているような感じがする。
それにしても、錬金術が出てくるとは。
これ読んで、金属に電気をかけてみた人がいっぱい出たのでは?
とか思うとなんか面白いです。

・体外遊離実験
これはタイトル通りの話です。
今読むと、よくある使い古されたような話、ではあるけれど、
これを最初に書いたのがコナン・ドイルなのか、と思うと、感慨深い。

・ロスアミゴスの大失策
電気椅子での死刑を執行するために、
大罪人だから高電圧で刑を執行しようとしたら、
死ぬどころかかえって、殺せない体になってしまった、という話。
アメリカで電気椅子にかけたのに罪人が死ななかったというニュースが当時あって、
それをもじって書いた話らしい。
さすがイギリス人。当時としてはすごいブラックジョークだろうな。

・ブラウン・ペリコード発動機
世紀の大発明をした二人組が、
その成果を自分のものにしようとしてお互い自滅してしまう、という話。
ただひたすら暗い。

・昇降機
タイトルが時代を表してますね。
日本人は昔、こう読んでいたのかな、エレベーターのこと。
宗教狂っちゃった人が、エレベーターに乗った人ごとエレベーターを落とそうとして、
乗っていた人たちがうまく逃げだし、最後は宗教狂いだけが一人落ちちゃうという話。
これも、前の1編と同じく、暗い。そして怖い。
本当にありそうな話。

・シニョール・ランベルトの引退
これまた、暗い話。
奥さんの不倫に怒った旦那さんが、
奥さんの不倫相手のオペラ歌手の声帯を傷つけて、社会的に破滅させるという話。
この辺、連続してずっと、メロドラマとか殺人事件によく出てきそうな、普通の設定。
傑作選に入れるだけの話なの?
この当時にこういうことを考えた、というのがやっぱりすごいんだろうな。

・新発見の地下墓地
暗い話短編が4つ続きました。
婚約者がライバルにいいように遊ばれてしまった考古学者が、
恨みを晴らすために、新発見の地下墓地に連れて行って、
明かりも渡さずおいて帰り、殺してしまうという話。
暗い話4連続の中では、一番ワクワクしました。
うまいこと恨みを晴らして、学会でも大発見で名声を得た主人公、
その後幸せになれたのだろうか。

・危険!
イギリスと架空のヨーロッパの国が戦争を起こして、
兵糧攻めでイギリスが負ける、という空想話。
こんな風にうまくいくかはわからないとしても、
こういう話を考えたのはまだしも、発表するところがすごい。
これ、今ではありえないとは思うけど、
日本で考えたら、自給率がイギリスどころでなく、
どうしようもないことになりそう。

それぞれこんな感じでした。
全体としての読みごたえは、まぁまぁでした。
やっぱりラッフルズ・ホーが良かったかな。
これがなければ、ちょっと残念な1冊だったかもしれない。
H.G.ウェルズの短編集ほどのインパクトはやはりない。
またH.G.ウェルズが久々に読みたくなりました。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
11.03

掟上今日子の備忘録

okitegami1.jpg

<概要>by 「BOOK」データベース
掟上今日子―またの名を、忘却探偵。
すべてを一日で忘れる彼女は、
事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、
常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。
「探偵を呼ばせてください―!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。
果たして今日子さんは、
事件の概要を忘れる前に解決できるのか?
「化物語」「めだかボックス」の西尾維新がおくる新シリーズは探偵物語!

<感想>
化け物の最終巻に付録で1話載ってた、新シリーズ。
西尾維新はなんか、出るととりあえず借りたくなっちゃうんだよね。

5話構成の短編集みたいな感じの構成で、
1話目は、化け物で読んでた付録の1話まんま、でした。

残り4編はそれぞれ、今日子さんの過去を知ってそうな、
隠館(かくしだて)君の上司と今日子さんの出会いに始まって、
今日子さんが大好きな作家さんの死んだ理由の謎解き、という感じでした。

もともとデビュー作の戯言シリーズからして、謎解き好きなのはわかってましたが、
今回のはちょっと、設定は奇抜だけど謎解きはそんな。。。という感じかな。
特に4話目。
一日で忘れてしまうというのはネックだけれど、
自分に書置きできるのなら、
寝ずに100冊読むとか、やる必要ないし。。。と思ったのは私だけでしょうか。

西尾維新の探偵もの!!、とついつい期待してしまった分、
ま~、普通。。。という程度でもちょっとがっかり感がありました。

シリーズ後編の残り2冊、どうしようかなぁ。
ドラマになるみたいだし。。。面白いのかもしれないけれど、なんか微妙。
西尾維新の作品としては、笑えるシーンがほぼないということで残念なこともあり、
評価は△(5段階評価の下から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2014
06.23

麒麟の翼

麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<概要>byブックデータベース
寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、
胸に刺さったナイフだった。
大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

<感想>
とても久々の東野圭吾さん。
個人的にはガリレオシリーズより、
加賀恭一郎シリーズの方がシリーズとしては好きなので、
結構楽しく読めました。

前から因縁深い感じで出ていたお父さんが亡くなってしまって、
お父さんとの絡みの話が最初から結構ボリューム持って入ってたんですが、
その辺も結果としては伏線だったのかなぁと。

東野圭吾さんなので、意外な犯人かな~、ということを考えて読んでいたので、
もしかして妹?とか思っていたりしましたが、
だんだん話が想像していたのと違う方向に進んで行って。
結果として、なんとなく真夏の方程式を思い出すような、
ちょっと無理やりな結論だったような気がしましたが、
話としては王道な、親子愛上物、ということで、
読み応えとしては満足、でした。

あと、犯人の謎解き過程よりも、
伏線として、千羽鶴の折り紙の色が同じで、
しかも中途半端な黄色から始まったのは何か、
というのの答えが結構見事でした。

相変わらず安定の東野圭吾さんでした。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。
今後もシリーズとして、とても楽しみです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
09.24

虚像の道化師 ガリレオ7

虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7
(2012/08/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<概要>
東野圭吾の代表作、「ガリレオシリーズ」の最新短編集。
ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。
その場にいた者たちは、男が何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りたと証言し、
教祖は相手に指一本触れないものの、自分が強い念を送って男を落としてしまったと自首してきた。
教祖の“念”は本物なのか?
湯川は教団に赴きからくりを見破る(「幻惑(まどわ)す」)。
突然暴れだした男を取り押さえようとして草薙が刺された。
逮捕された男は幻聴のせいだと供述した。
そして男が勤める会社では、ノイローゼ気味だった部長が少し前に自殺し、
また幻聴に悩む女子社員もいた。
幻聴の正体は――(「心聴(きこえ)る」)。
大学時代の友人の結婚式のために、山中のリゾートホテルにやって来た湯川と草薙。
その日は天候が荒れて道が崩れ、麓の町との行き来が出来なくなる。
ところがホテルからさらに奥に行った別荘で、夫婦が殺されていると通報が入る。
草薙は現場に入るが、草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、
事件のおかしな点に気づく(「偽装(よそお)う」)。
劇団の演出家が殺された。
凶器は芝居で使う予定だったナイフ。
だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。
湯川は、残された凶器の不可解さに着目する(「演技(えんじ)る」)。
読み応え充分の4作を収録。
湯川のクールでスマートな推理が光る、ガリレオ短編集第4弾。

<感想>
ものすごく久々に、東野圭吾さんのガリレオシリーズ。
以前は結構手軽の読めたのですけれど、
ドラマになったりして人気になりすぎて、
ずいぶん前から予約していたのに、手に入らなかった本が、
旅行直前に図書館に!
海外まで連れて行ってしまいました。

ガリレオシリーズは、この前までちょっと長編続きでしたが、
久々の短編集。

・幻惑す(まどわす)
・心聴る(きこえる)
・偽装う(よそおう)
・演技る(えんじる)

の4つの話でした。
すでにドラマで見てしまっていたので、
トリック自体はもうわかっていたのですが、
ドラマのように変な作りこみがなくて、
やっぱりガリレオシリーズは原作の方がいい。
草薙とのコンビでないと、ぴんと来ない。

この四作品の中では、「偽装う」が一番よかったかな。
ガリレオシリーズ以外で出してる東野さんテイストも入ってる感じで。
あと「演技る」は、ドラマを見ていただけに、
結末が以外で面白かった。
こっちの方がよかった気がします。

ドラマを見た後でも結構楽しめると確信できたガリレオシリーズ。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:2  Trackback:1
2013
07.04

ルー・ガルー

ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)
(2009/10/22)
京極 夏彦

商品詳細を見る


<概要>by「BOOK」データベース
近未来。少女・牧野葉月(まきのはづき)は閉じた世界に生きていた。
携帯端末(モニタ)という”鎖”に繋がれ監視された内部に
不純物が入り込む余地はなく、安全なはずだった。
そこに突如現れた一片の狂気-
それは少女たちを狙う連続殺人鬼!
物理的接触をして初めて知る友達の存在。
自由を求め、鎖を引きちぎった少女たちを待ち受ける
驚愕の真実とは・・・?!
京極夏彦が描く新世代ミステリ、ここに新生!!


<感想>
かれこれ1週間ほどかかってしまったルー・ガルー、やっと読了です。
最初はどうなることかと思いましたけれど、
やっぱり2/3くらい読み終わったところから、怒涛の展開でした。
こういう力強さは変わらずですね。


連続少年少女殺人事件が、
主人公たちの住んでいる地域で起きて、
普通の女の子葉月が興味を持っていた同級生の歩未(あゆみ)、
突然二人に絡んできた天才少女の美緒(みお)が、
殺されそうになっていた同級生の祐子(ゆうこ)を助けようとして、
事件に巻き込まれていきます。

まぁ、途中で犯人はほかに居ないのでわかっちゃうのですけど、
祐子が助かったと思った瞬間、ダメだったときは結構、
え~!!って感じでした。

さらに、犯人はいいとして、歩未の過去の語りがすごかった。
まさか、橡さんの子供時代の殺人を犯した友人が、
またすごい役割を担ったりとか。
いろいろと、予想外の展開に面白く振り回されました。

京極堂シリーズで、タイトルに出てくる妖怪は、
たいてい実際に出てくるわけではないので、
まさか歩未が人狼ってわけじゃなかろうとは思っていたのですが、
満月が結構頻繁に出てきて、
最後までまさか、まさか、と思わせてくれたのも結構よかったです。

あと、百鬼夜行シリーズの読む順番をググったら、
ルー・ガルーも同じ世界観の話なので、
と、紹介されてたんですけど、どこが同じだったのか。。。
ま~、面白かったからよかったんですけど。

いろいろあったけど、やっぱりそれなりに面白かった。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。


予約してる本がなかなか届かなくて、
しばらくは図書館にある本で済まさなくちゃならない日々が続きそうです。
とりあえず次回は、哀しい予感になります、ということで。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。