--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.27

王都炎上

王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)
(2012/04/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る


<概要>
大陸に精強な兵と華麗なる文化を謳われるパルス王国。
西方の蛮族、ルシタニアの侵攻に対しても、その勝利を疑う者はなかった。
だが、味方の裏切りにより罠にかけられたパルス軍は、
一日にして壊滅。王国は滅亡した。
単騎生き残った王太子アルスラーンは、
ダリューンらわずかな味方とともに故国の奪還をめざす。
だが。。。。。
妖艶な美女、奇怪な魔導士、そして謎の銀仮面。
多彩な人物が織りなす一大物語絵巻。
書下ろしヒロイック・スペクタクル・ロマン、堂々の開幕。

<感想>
春からアニメが始まりましたね!
クール数もわからんという状況ですが、
漫画が始まってから、気になっていました。
まさか私が中学生の頃から読んでたアルスラーンがアニメに!!
25年以上も前に始まったのにまだ完結してないアルスラーンが!!!
感無量です。

そんなことで、何度も嫌になるくらい読んだアルスラーンを久々に通しで読もうかなと。
ということで、第1巻、王都炎上です。
アニメ見てる人、漫画のこの先読むの楽しみにしてる人、
ネタバレまくりなので、お気を付けください。


タイトル通り、強国で知られるパルスの王太子アルスラーンが、
初陣として参加した異国との大戦で国が負ける中、
騎士の中の騎士と言われる、一応物語史上最強の騎士、ダリューンに助けられて、
逃げ延びていくところから始まります。

対する相手国ルシタニアは、歴史上でいうところの十字軍をモデルとしているので、
悪逆を尽くしまくるわけですが、強兵を誇るパルスが負けたのは、
王家のどろどろした背景と、それにかかわる裏切り者、
さらに、パルス開国の祖の前に残虐を尽くしていた魔王的存在、
蛇王ザッハークを信仰する怪しい魔道集団、も関わっているわけで、
最初から第2部に向けてのフラグが立まくってますね~。

正直、王都炎上はまぁ、この後盛り上がっていくために落ちるところまで落ちるので、
ずっと暗い展開ではあるわけですが、ここから何とか頑張るんだな、
と、予感を抱かせてくれるところはあります。
その点、12国記よりもまし。

それにしても、田中芳樹さんの書く話に出てくる中でも一番好きなナルサス。
改めて読み直しても、登場当初から、いいですね。
性格悪いけど頭がいい人って、ほんといいな~。
アルスラーンを捕虜にしようとやってきた敵を穴に落として、
這い上がってきたところを、皿でスコーンと一発で、振り出しに戻すシーンもいい。
こういうキャラをもっとほかの人も書いてくれればいいのに。

1巻最後までに、アルスラーンのメイン取り巻きといえる7人のうち6人まで出てます。
今考えると、ナルサスとエラム以外のキャラはRPGの仲間キャラそのものっぽい。
ダリューンが騎士、ギーブがシーフ、ファランギースは魔法使い系僧侶。
といってもファランギースはホイミかけらんないし、どっちかというと騎士系の活躍の仕方だけど。

読み応え評価ですが、アルスラーン戦記は、私が世界で2番目に好きな小説なので、
全巻どれも、☆です。






良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
05.18

光圀伝

光圀伝光圀伝
(2012/09/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


<概要>by Official Website
なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか─。
老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。
父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。
荒ぶる血を静めるために傾奇者として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。
やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩藩主となった若き“虎”は
「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す─。

<感想>
久々に歴史物を読んでみようかな~、という気分になって、
前に読みそこなって挫折した光圀伝に手を出しました。

が、これ。
やっぱり厚い。
さらに、字が小さくてびっしり。
これ、2冊か3冊に分けていいんじゃないかと。
ライトノベルばっか読んでるような人には辛かろうなぁ、というガッツリ感でした。

内容的には淡々と、幼少のころから自分が家督を譲る算段が付くところまで。
あらすじにあるように、ある男を殺すところから始まって、
その理由が最後に明らかになる、という進み方。

歴史物の描き方特有というかある意味当たり前なのかもしれないけど、
結構あっさりと人が死んでいく。

主人公休のかなりメインキャラががつがつ初期から死んでいく。

いろんな資料を調べて、できるだけ史実に近い形に仕上げてあるのだとすれば、
光圀さん、ちょっと可哀想すぎる、と思うほどに可哀想な人生。
本人にとっては可哀想ではないのかもしれないけれど。

実際に優秀であればあるほど、部下として、というか、
藩士としては、自分の主が一番、将軍にふさわしい、とか思ってしまうだろう。
戦国時代の名残深いこの時代ならばこそ。

それでも、戦乱を終えることこそが幕府の使命と分かってる御三家の人たちとしては、
どうにもできないことだったのでしょうね。

結果としては光圀さんの本願は成就したのだろうけれど、
天地明察と違って、晴れ晴れとした気持ちよさとは程遠く、
武士として、徳川家康の孫としての背負いどころがどんだけ大変だったか、
ということが目立つ気がしました。

予想通りとはいえ、重かった。
次回はもうちょっと軽いの読もう。
感動作、というようなものではないかもしれないけれど、
あれだけの文字量でも、読む気にさせてくれたのはさすが、というところで、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
09.28

ときぐすり

ときぐすりときぐすり
(2013/05/29)
畠中 恵

商品詳細を見る


<概要>
やんちゃ二人に堅物ひとり。
麻之助・清十郎・吉五郎が江戸は神田で活躍する。
傷心のなか、町名主名代のお役目はどうにか務めている麻之助。
揉めごと諍い悩みの相談、いつもの裁定の仕事をするうちに、
過ぎた時間がいつしか薬となってゆく…。
新展開の『まんまこと』ワールド、感動の第四弾!

<感想>

ちょっと体調崩しちゃって、更新できずでした。
しばらくボチボチペースになっちゃいそうです。

で、今回は畠中さんの本の中で、
一番好きな、まんまことシリーズ。
前回のこいわすれで、まさかのまさかの、お寿ずさん!
だったので、待ちに待ってました。
4作目が出たということで、楽しみで楽しみで。。。

冒頭からでてきた、おこ乃ちゃん。
お寿ずさんと親友の吉五郎の親戚で、
前の、「こいわすれ」で猫のふにを連れてきた女の子。
これはもう、先は見えるといわんばかりの、
麻之助との絡みようだけれども、
なんだか、そうなっちゃうと寂しいような、
でも、そうならないともう、かわいそうすぎるような、
微妙な気持ちです。

お由布さんといい、お寿ずさんといい、
なんでこういう切ない話ばかりなんだろうと思いつつも、
これがよくて読みふけっちゃうんですよね~。

でも一番今回好きだったのは、「ともすぎ」。
途中までの展開で、実際に丸三が高利貸しをしていて、
逃げてしまったのかとだまされたあとの、
金貸しの丸三の麻之介や清十郎、吉五郎への思い。
電車の中では読めないお話でした。

やっぱり大好き「まんまこと」シリーズ。
評価は今回も★(5段階評価の一番上)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2013
09.22

刀語 第二話 斬刀・鈍

帰ってきました報告をしてから、
すっかり間が空いてしまいました。
なんか、日常生活に戻るのにすっかり時間がかかってしまって。。。
でも、本はたくさん読んでいたので、ちょっと遡って、
前に読んだものから報告していきますね~。
ちなみにこれ、8月19日に読み終わってました。。。


刀語  第二話  斬刀・鈍 (講談社BOX)刀語 第二話 斬刀・鈍 (講談社BOX)
(2007/02/02)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>
無刀の剣士・鑢七花と
野心を秘めた謎の奇策士・とがめは、一路、西へ!
伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本。
残る十一本は誰が?何処に?
愛と復讐の旅路に迫る危機また危機!
刀語、第二話の対戦相手は、
因幡砂漠に聳え立つ下酷城・孤高の城主、宇練銀閣。

<感想>
大好きな刀語シリーズの第2巻。
2巻目は、アニメよりも小説の方が好きです。

刀語シリーズ、12巻のうちで一番、
一番笑わせた上で、しかもジーンとさせてくれる話です。

一番好きなのが、今回の刀の持ち主、宇練銀閣がいる、
下酷城までの道のりでの、二人のやりとり!
何度読んでも笑わせてくれます。

七花の口癖を考えるシーンなのですが、
とがめちゃんとだんだん仲が良くなるのもいいし、
最後の決め台詞が決まるまでもいい。

しかも、敵キャラの宇錬銀閣がいい味出してるし、
戦闘シーンも、決め技の落花狼藉がカッコイイ!

さらにさらに!
戦闘シーンが終わった後の今後の暗示。
一度アニメでエンディングを見た人だったり、
2度目読んでる人だと絶対ぐっとくるはず。

一つが、七花が結局見られなかった斬刀鈍の刀身を、
11か月後に見る、というふり。

もう一つは、宇練銀閣の、
「これで、やっと眠れる」という死に際の言葉のふり。
「散り際の一言は考える必要はない」、
というとがめちゃんのセリフが、
あとあとのことを思い出しちゃうんですよね~。

そんなこんなで、刀語12巻中、1・2を争う好きな本。
これは全体知っててこその評価ですが、☆(5段階評価の一番上!)です。
アニメ見た人だったらぜひ、読んでほしい一冊。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:1  Trackback:0
2013
08.15

ぼんくら

ぼんくらぼんくら
(2000/04/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


<概要>
その長屋から、一人二人と人が消えていく!
店子を襲った殺し屋、差配人の出奔、謎の新興宗教騒ぎ。
江戸下町の長屋で連続する事件の裏の陰謀に同心・井筒平四郎が挑む。
満を持して放つ、直木賞受賞第一作!

<感想>
すごい久々に読んだ宮部みゆきさんの「日暮らし」がよくて、
勢いで借りたために、2作目から読んでしまったという・・・
久々の失敗を取り戻す?!べく、
1作目の「ぼんくら」を借りてみました。

「日暮らし」と同じように、最初に主題の話の前置きのような6編、
「殺し屋」、「博打うち」、「通い番頭」、「ひさぐ女」、「拝む男」。
その後、メインの「長い影」があって、締めの「幽霊」、という構成。

やっぱり、良かった!
日暮らしが面白かったので、期待していたのですが、
予想通りにいい感じでした。


短編一つ一つは、「日暮らし」と同じく、
江戸時代の普通の人たちの暮らしを丁寧に描いていて、
心にしみるいい感じ。

メインの「長い影」は、
先に「日暮らし」を読んでいたので、
一番の盛り上がりの、蒼さんの死体が見つからない、
という部分は、ちょっと楽しめなかった感はありましたが、
話自体は、前の5つの短編がうまい伏線になっていて、
読み応えのあるミステリーになっていました。

やっぱりこのシリーズは、可愛い二人の男の子がいいですね。
おでこと弓之助が出てくると、話がぐっと盛り上がります。
おでこの愛嬌と、弓之助の頭がいいのにまだまだ子供なのが、
暗い人殺しの話を、優しい雰囲気で包んでくれました。
おでこちゃんが実在したら、
話を記憶しようとして白めになって聞き入ってるところや、
子供なのに講談口調で昔の話をするところを見てみたい!

3作目があるのかないのか、まだ調べてないのですが、
あるのならぜひ、続きを読みたい話です。

そんなことで、かなり満足させてもらったので、
評価は◎(5段階評価の上から2番目)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。