--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.06

まったなし

mattanasi.jpg

<概要>文芸春秋サイトより
NHK木曜時代劇「まんまこと」のシリーズ最新作!
江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、
幼なじみで町名主を継いでいる色男・清十郎と、
堅物の同心・吉五郎とともに、さまざまな謎ともめ事の解決に挑む、
大好評連作短篇シリーズの第5弾!
今回の密かなキーワードは実は「女難」。
独身で嫁取りの話がひきもきらない清十郎ですが、いったいその理由は?
未だ妻を亡くした悲しみが癒えない麻之介、
養子に入った家で年齢の離れた許婚のいる吉五郎、
そして彼らの親友で大金持ちの金貸し丸三とその妾のお虎。
いずれも清十郎の運命の人が現れることを願っているが、
様々な障害や思わぬ事件に巻きこまれ……。

<感想>
畠中恵さんの書いてるシリーズでは一番好きな、「まんまこと」。
ドラマになってしまって、微妙にミーハーファンが増えそうでいやだな、
とか思ってはいつつも、やっぱり最新作が出ると読んでしまいますね~。

今回は久々に、お由有さんとの切ない絡みが多くて、
初期の頃の麻之助を思い出させてくれました。

タイトルストーリー「まったなし」を含む5話はそれぞれ、
伏線をひきつつ、最後の「昔から来た文」にうまくまとまっていきます。
今回の主人公はある意味清十郎で、
とうとう、まったなしの状況に追い込まれて、
お嫁さんを娶ることになりました。

そういえば、しゃばけの方も若旦那の親友が確か好きな人が出来たんだったような。
前巻は、なんだかしゃばけシリーズと雰囲気似てきたな、
とか思っていましたが、今回はどっぷり恋愛物として楽しませてくれました。

本物主人公の麻之助とお由有さんもまた新たなステージに。
こちらはやっぱり最初のすれ違いのまま、
どうしてもうまくいかないんですね。

どちらが悪いわけでもなく、どちらが裏切ったわけでもなく、
二人ともにお互いを思っていたのに、どうにもならない。
江戸時代だから誇張されている気もするけれど、
今の時代でも似たようなことはあるものですよね。
タイミングが合う人とタイミングが合わない人。

お互いが結婚して、またお互いが一人になって、
どちらも憎からず思っていても、どうにもならない。

私が惚れ込んだ、1巻の最後の話を思い出させてくれる、
ほろりと切ないまんまことシリーズの醍醐味が味わえました。

でも最初の話を思い出したら、なんかずいぶんと麻之助がおとなしくなったな。
このシリーズの、「だが、だがだがだが」という言い回しが好きだったんだけど、
最近使われなくなったし。

時間が経ってやっぱり、麻之助が大人になったってことでしょうか。

早く、麻之助にも幸せが訪れてほしいです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
03.01

レインツリーの国

レインツリーの国 (新潮文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)
(2009/06/27)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>
きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。
共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。
まして、ネット内時間は流れが速い。
僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。
だが、彼女はどうしても会えないと思う。
かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった―。

<感想>
図書館戦争の小道具として出てきた話を実際に書いてみました、
的なふりがあったこの「レインツリーの国」。

予想どおり、女の子が聴覚障碍者で、
その子に惚れ込んだ男の子と衝突しつつも寄り添っていく、というような話、でした。

安心感たっぷりの有川浩さんなので、ダメになるという予想もなく、
恋愛ものの形ながら、どちらかというと社会派のメッセージが強かったかな。

障害自体はかわいそうなことでなくて、
それもその人の個性という捉え方が一般的になったと言われるそうだけど、
やっぱり、5感と言われる大事なものの一つが不自由というのは、
普通の人が経験の中で負う心の傷とはまた違う気がする。

それでも、どんな障害があろうが、どんな経験をしていようが、
幸せに、前向きに生きられる人と、大して不幸でもないのに不幸に浸ってしまう人がいる。
それが、どこから生まれてきているのか、いまだに何となく気になる。

ストーリーがおおよそ予想ついていた上に薄くて、
さらに予想外に字が大きくて、夜借りてきてその日の寝る前までに読み終わってしまった。

さっくりスナック感覚でさらっと読むという意味ではいいかもしれないけれど、
有川浩作品としてはちょっと手ごたえなかったなぁ、
という感じで、評価は△(5段階評価の下から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
02.19

クジラの彼

クジラの彼 (角川文庫)クジラの彼 (角川文庫)
(2010/06/23)
有川 浩

商品詳細を見る


<内容>
『元気ですか? 浮上したら漁火がきれいだったので送ります』
彼からの2か月ぶりのメールはそれだけだった。
聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。
いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。
そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる・・・。
表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、
男前でかわいい彼女たちの6つの恋。
有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾!!

<感想>
有川浩さんを読みつくすぞ~、と思って順番に読んできた、
自衛隊三部作の番外編入りの短編集です。
3冊ともかなり厚かったので、その後のこの薄さと1編ずつの短さがなかなか良かった。

それぞれの話についてちょっとずつ。

「クジラの彼」
表題作は、自衛隊三部作最後の海の中で、
子供ができたとふれられていた冬原君と奥さんの話。
元気な女の子がトレードマークという感じの有川さん小説の中では、
なんかうだうだ系の女子だった気がします。
中身は可もなく不可もなく。

「ロールアウト」
航空機を設計する会社の女の子と、自衛官の話。
話の核になっているのはトイレ、なのですが、
6作中2番目にキュンキュン来ました
四角真面目男子、いいな~。

「国防レンアイ」
8年の焦れ焦れの末にくっつく自衛隊員同志の話。
私的にこれが一番よかったです。
酔っぱらった片思いの彼女に、帰りたくない、とまで言われて、
寝落ちされた結果、手も出せないというヘタレ男子・・・これもまたもいい。
ここまで好きなら、しょうがないって感じで。

「有能な彼女」
これが一番読みたかった、海の底のメインカップルのその後、です。
一番読みたかった割には、なんかまぁ、そうか~って感じで。
このキャラはちょっと、あまりに堂上さんと被りすぎ。。。

「脱柵エナジー」
自衛隊員同志カップルの話。
核になってるのは、自衛隊の寮を抜け出してまで盛り上がってた恋愛が、
思い込み烈しくて恥ずかしかったね、という思い出なの、かな?
一番よくわからない感じでした。

「ファイターパイロットの君」
空の中の大人カップルのその後。
載ってると知らなかったので、ちょっとうれしかった1作。
子供もできたんだね~。まぁ、結婚すりゃそうか。
本編よりも旦那が随分とヘタレ?
姑にもっと言ってやってほしいところ、だけどね。

それぞれに楽しませてくれた6編入り。
さくっと読める読み応えも、これぞまさにライトノベルって感じで。
休日に何もすることがなかったら借りてきて3、4時間で読み終わって満足、
というような読み方をお勧めしたいです。
全体としてはまぁまぁ、よりは楽しめたかな、というところで。
評価は◎(5段階の上から2番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
01.11

塩の街

塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。
その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋葉と真奈。
世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人間が現れ、消えていく。
だが―――「世界とか、救ってみたくない?」。
ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。
「空の中」、「海の底」と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!
番外編も完全収録!!

<感想>
夏から続いている有川浩さんブームで、
自衛隊三部作も読みたいな~、と思っていたら、
ちょうど文庫が1冊。
ホクホクした気分で持ち帰ってきました。

思ったよりも深刻な感じの短編が連なっていきつつも、
最後はやっぱり、安心のラブラブハッピーエンド。
まぁ、有川さんなので心配はしてなかったんだけど。

主人公カップルのヒーロー訳、秋葉くん。
基本的に欠点がほとんど描写されてないだけの堂上じゃん、って感じで。
キャラ設定かぶりすぎな気が。。。
年の差は小牧とまりえちゃんカップルの方と同じ数だし。
なんか、腕っぷし強くて意地っ張りで年の差があるカップルが好きなんだね。
ま~、王道ではあるんだけど。

空の中、海の底ではもうちょっと違うキャラが出てきそうなので、
そこは期待したいところ。

個人的には、1話目の短編が好きでした。
塩害で死んでいった恋人の女の子を海に連れて行こうとする男の子が、
彼女が死んでいった時のことを描写するシーン。
彼女の涙が、頬を削っていくところ。ほんとに切ない。
こんなことがなければホントの気持ちに気づかないってのもわかる。
人間は知っているつもりでも、やっぱり、
失くしてみないと有難味がわからないもの、っていうのがひしひしと。
こういうのがラブストーリーと混ざってるのが、有川浩流、ですよね~。

2冊目、3冊目も楽しみです。
そんなわけで、評価は◎(5段階評価の上から2番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2014
12.07

図書館革命


図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)
(2011/06/23)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>
原発テロが発生した。それを受け、
著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、
身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。
当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。
郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。
しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。
動揺する郁。
そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった-
「お前はやれる」。
表現の自由、そして稿の結末は!?
感動の本編最終巻。

<感想>
図書館シリーズもとうとう本編最後の4冊目。
なんか、内乱から先、すごいスピード感で話が進んできて、
あっという間という感じでした。

テロをきっかけにとうとう出版物や放送内容だけでなく、
言論統制まで手を出そうとしてきた特措法側と図書隊との戦いなわけですが、
図書館戦争、図書館危機と違って大規模戦闘ではない代わり、
一冊通じて臨戦態勢が続くという中で、頭と最初のベタ甘。
後書きなんかにも、ここまでついてきてくれたので付き合ってね、
的なセリフが書いてありましたが、
けっこうシビアな内容で、ばりばり恋愛ものも一緒に走らせつつ、
お笑いも入れてくるって、すごいなぁ。

結末まで、結構楽しませてくれました。
個人的には、告白シーンで、たぶん堂上君が、
必死こいて考えてたシナリオが全然使えなくてあわてた風なところが、
すごいかわいくて良かったです。

シリーズ最終巻で、気持ちよく読ませてもらったという4巻分の評価も重なり、
評価は☆(5段階評価の一番上)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。