--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.12

トマス・クイック

Category: その他   Tags:冤罪訳本
thomas.jpg


<概要>
トマス・クイックと名乗り、30人以上の男女を殺害したと自白した
スウェーデン人の男、ストゥーレ・ベルクワール。
遺体の一部を食べたと自白したことから、
「人食い」とも呼ばれた彼は、8件の殺人について有罪判決を受けていた。
気鋭のジャーナリスト、ハンネス・ロースタムはこの事件に興味を抱き、調査を開始する。
2008年6月からロースタムはクイックと何度も面会を重ねる一方、
関係者の取材を進め、裁判の資料、病院のカルテ、警察の取り調べ記録、
現場検証を収めたビデオなどを丹念にあたっていく。
やがてロースタムは、驚愕の真実を明らかにし、スウェーデンに激震を走らせる!

想像を絶する大事件の全貌を描く、衝撃のノンフィクション!

<感想>
私は一つの場所で正職員として働くのをやめて、
今は4つの職場に、日ごとそれぞれにお手伝いに行っています。
そのうちの一つの職場で、翻訳に関わる仕事をしていて、
翻訳の勉強ができる学校からのニュースレターをいただいています。
そこには、翻訳の勉強を重ねて実際にプロの翻訳者になった人の
訳本などが紹介されているのですが、その紹介記事の中でこの本が目に留まりました。

30人以上も人を殺した凶悪犯がどんな思いでどんなことをやってきたのか、
というようなドキュメンタリーなのかと思って読み進めて行ったら。。。
だんだん、本当にトマス・クイックは事件を起こしたのかな、
と疑いを持つような話が出始めてきて、結果、
実は8件すべてが冤罪!!!
さらに、実は一人も殺していなかった、という話でした。

いや~、まさか、まさか。。。と思いながら、
ハンネスが刑務所で面会しているストゥーレから、
「もしおれがほんとうに、ひとつの殺人も犯していないとしたら・・・」
と言い出したときの衝撃。
後書きにもありましたが、真実は小説よりも奇なりを地で行く、最高のミステリーでした。
容疑者Xよりも、ある意味、胸がどきどきしたかもしれません。

しかもこの冤罪事件、2000年代に入ってからも起きているのです。
DNAデータなどで調べたら、昔犯人とされていた人が実は犯人じゃなかった、
という形で冤罪だったことが判る例は多いような気がしますが、
DNA調査なども行われたにも関わらずその証拠が握りつぶされたり。
捜査の音声記録などがそのまま書かれている部分は、
読みながら本当に冷や汗が出てくるような恐ろしさです。
もちろん、恐喝とかそういうことではなく、
責任を持つべき人達が、目の前に楽で自分の利益になる結果をぶら下げられると、
それにあらがうことが出来ずにどんどんエスカレートしていく姿が恐怖をあおります。

ちなみに、ほんとにこの話は本当なのかな、と、
トマス・クイックのことを検索してみたら、
顔写真入りでその後の彼のことがニュースに取り上げられていました。
せっかくなのでそれは、本を読んでから検索してみるといいと思います。

いろんな言葉を尽くすよりもまず、
厚みはありますが、1章1章は短くテンポよく進んでいきますし、
いろんな意味で、本が好きな人だったら一度は読んでみていいのでは、と思う作品でした。
こんなすごい話だったらまた、ノンフィクションを読んでみるのもいいな。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2015
01.18

蹴りたい背中

Category: その他   Tags:芥川賞綿矢りさ
蹴りたい背中蹴りたい背中
(2003/08/26)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


<概要>
高校に入ったばかりの蜷川とハツはクラスの余り者同士。
やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく…
いびつな友情? それとも臆病な恋!?
不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く、
待望の文藝賞受賞第一作。
第130回芥川賞受賞。

<感想>
予約本待ちの間に、と思って借りてみた、初の綿矢りささんの本。

あらすじは確かに、書いてある通り。
最後、くっつくかくっつかないかもよくわからないまま終わってしまいました。

一斉風靡した作品だし、表紙もタイトルも気になってたので、読んでみたのですが。。。
もうちょっとすがすがしい青春ものをイメージしてたら、
なんか、とても気持ち悪い感じ。

文学って呼ばれるやつはやっぱり、悶々としてないといけないんだろうか。
主人公も、主人公が惹かれてる男の子も、
どちらもなんか何がしたいのか、何が不満なのか。
この間読んだ、ライムギ畑とおんなじもやもやした世界でした。

なんかこういうもやもやしたのが苦手だって友達に話したら、
若いころはもやもやすることがあったでしょ?って言われたけど、記憶にありません。

こんな風なもやもやを体験している人が、
そんなに多いとは思えないんだけど、どうなんだろう。。。

とりあえず、綿矢りささんの作品を近々また読みたい、
とは思えませんでした。

最近辛口批評的な感想が続いていて、自分的にもちょっと嫌です。
楽しい本が読みたい。。。
結果としてやっぱり評価は△(5段階評価の下から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
12.24

ちいさな言葉

Category: その他   Tags:俵万智日記短歌
ちいさな言葉ちいさな言葉
(2010/04/07)
俵 万智

商品詳細を見る


<概要>
幼い子どもが一つひとつ言葉を覚え、
使うようになる道のり―それは徴笑ましいだけでなく、
日本語の不思議や面白さを照らしだしてもくれる。
『サラダ記念日』で広く知られる歌人は、
シングルマザーとして、
いとしい息子の興味深い表現や発想を受けとめながら、
言葉のキャッチボールを堪能中。
その至福の時間を、柔らかな感性と思考でつづる。
あらたに「木馬の時間」三十六篇を増補した。

<感想>
久々に、ちょっと短歌系のも読みたいなと思いつつ、
がっつりもどうかなぁと、俵万智さんのエッセイに目を引かれました。

おおよそは、本当に概要に書いてある通りですが、
俵さんならではの、短歌もちりばめられていて、
なんか、文化の秋にぴったりの手軽な本という感じでした。

お子さんと過ごす毎日の中で、
本当に一時期しか使わない、いや、使えない、
子供たちの真剣な、そして鋭い、
とてもいとおしい言葉たちがたくさんでてきました。

姉の甥っ子がかたことでしゃべっていたころを思い出して、
懐かしい、とても暖かい気持ちを湧き出させてくれました。

俵さんも、相変わらずの安定感ですが、
まぁ、予想通りという意味で、評価は○(5段階評価の真ん中)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
11.18

つぶやき的な。。。

Category: その他
最近落ち着かない毎日で、なかなかブログを見たり更新したりしてません。
が、今日は有給とって、横浜まで絵を見に行ってきました。
9月に台風の中行った若冲の報告もしてないのですが、
そのうち、ここに書こうと思います。

久々に見たらアクセスがとうとう10000を超えてました!!
そういえば、ブログを書き始めたのがちょうど去年の今頃?
そう考えると感慨深いです。

また、週に2回くらいは更新できるペースに、
12月になったら戻れるように願いつつ。。。

Comment:0  Trackback:0
2013
10.03

8月・9月のまとめ

昨日、明後日更新できるかな~、と書きましたが、
今日思わず時間が出来たので、
とりあえず新しい月に入った、恒例のまとめ、を。
ちなみに、8月と9月は半月ずつだったような感じなので、
2か月分をお届けします。


ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
(1994/04)
村上 春樹
紹介ページへ


新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)
(2004/07/17)
西尾 維新
紹介ページへ


刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
(2007/01/10)
西尾 維新
紹介ページへ


日本人の知らない日本語4  海外編日本人の知らない日本語4 海外編
(2013/08/02)
蛇蔵、海野凪子 他
紹介ページへ


新本格魔法少女 りすか2 (講談社ノベルス)新本格魔法少女 りすか2 (講談社ノベルス)
(2005/03/16)
西尾 維新
紹介ページへ


ぼんくらぼんくら
(2000/04/20)
宮部 みゆき
紹介ページへ


刀語  第二話  斬刀・鈍 (講談社BOX)刀語 第二話 斬刀・鈍 (講談社BOX)
(2007/02/02)
西尾 維新
紹介ページへ


虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7
(2012/08/10)
東野 圭吾

紹介ページへ


ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編
(1994/04)
村上 春樹
紹介ページへ


ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編
(1995/08)
村上 春樹
紹介ページへ



2か月あわせて、小説9冊と漫画1冊でした。
偶然ですが、ねじまき鳥に始まり、ねじまき鳥に終わるという。。。
ねじまき鳥、振り返ってみても、そんなに好きでなかったなぁ。

ここの所続いている西尾維新祭りの余波というか、
そういえば、魔法少女の3冊目も読んでいなかった。
あ~、まだまだ読まねばならない本がたくさん。。。

1冊だけ読んだまんが、日本語学校はやっぱり面白かったです。
9月はアニメの最終話があったわけですが、
進撃の巨人とサーバント×サービスがすごい良くて、
サーバント×サービスの方は、何年ぶりか思い出せないくらい久々に、
漫画の衝動買いをしてしまいました。
面白いからいいんだけど。

というわけで、10月にサーバント登場します。

いない間も、たくさん見に来てくださってありがとうございました。
うまくいったら、今月中に5ケタ、ですかね。
楽しみです。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。