--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.24

青いクラゲを追いかけて

content.jpg

<概要>(「BOOK」データベースより)
青いクラゲ、カツオノカンムリはほんとうに帆走する?
深海魚ハダカイワシがなぜなぎさに?
深海にすむ貝がらばかりのビーチがある?
アサガオガイはほんとうにクラゲを食べる?
帆をたてて群泳する青いクラゲに会いたい!
なぎさを歩けば、謎がいっぱい。
なぎさの新博物誌。

<感想>
春のイベントとの準備で子供用の書籍の棚を見ていたら、
知らない盛口さんの本を見つけてしまったので早速借りてきました。

久々に海に行ったばかりだし、しばらく前から海辺の拾い物もブームなので、
とても楽しく読めました。

それにしても、「ニューストン」。。。びっくり。

海の生き物はプランクトン、ネクトン、ベントスの3つに分かれる、
と思っていたら、今は4つ、なのですね。

海の表面、ちょうど海と空の境目の所に暮らしている生き物をニューストンと呼ぶそうです。
新しく見つかったから「ニュー」なのかな。
なじみのあるトビウオがこの仲間、と聞くとなんか不思議。
憧れのブルーマーリンも海水面近くにいると聞くけど、そうなのかな~。

それにしても、カツオノカンムリは荒波で浜に打ちあがってるのを見たことがありますが、
アサガオガイは貝殻さえ拾ったことないです。
この本を読んでたらほんと~にアサガオガイの殻が欲しくなりました。

貝がクラゲを食べるなんて。。。
終盤で盛口さんが見た、というたくさんのカツオノエボシアサガオガイが海を漂っている様子。。。
想像すると、なんか夢の世界のようです。
いつかそんなシーンに出会えたらいいのに。

盛口さんの本は、雑草が面白い、もまだ読んでる最中。
いつも面白くて、はずれないですね~。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.16

雨の日は森へ

今日の一冊:雨の日は森へ―照葉樹林の奇怪な生き物

雨の日は森へ―照葉樹林の奇怪な生き物雨の日は森へ―照葉樹林の奇怪な生き物
(2013/03)
盛口 満

商品詳細を見る


<概要>
じめじめした深いな森・・・
それがいつしか楽しくなる。
屋久島の発光キノコから、ヤンバルの巨大ドングリ、
沖縄初記録の冬虫夏草、菌根菌と生きる腐生植物まで。
森のへんな生き物たちはみんな地下で繋がっていた!?

<感想>
もう何冊目になるかわからないけれど、
やっぱり盛口さんの本が出ると見たくなってしまいます。

今回は、前回のようにイラストの描き方的というイレギュラーでなくて、
いつものように、生き物のお話。
で、今回のテーマは冬虫夏草と、腐生植物がメインテーマ、でした。

フィールドのやんばるは、去年の夏に行ったばかり。
先に読んでいたら、もっといろんなことを考えて森の中を歩いたのに。。。
と、思ってしまった。

沖縄には冬虫夏草が少ないとか、ヤンバルが意外と乾燥しているとか、
想像もしていなかったし。

雨の日はやっぱり外に出る気があんまりしなかったけれど、
湿気が好きな生き物たちが森の中に出てきて、出会うことができるのかと思ったら、
もうすぐ来る梅雨もなんだか楽しみな気分になってきました。

中でもとっても気になったのは、最近新種として発見されたという、
ヤクノヒナホシ、という腐生植物。
青い、ちいさなちいさな花。
直径は5mmほどしかないとか。
地面からちょっとだけ顔を出ているというのです。

金平糖のよう、と表現された花をネットで見つけたのですが、
こんな可愛い花、見たことない。
ぜひいつか見てみたいです。

盛口さんらしい、新しいことを教えてくれる本だったので、
評価は☆(5段階の1番上)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ




Comment:2  Trackback:0
2013
03.03

2月のふりかえり

2月のまとめ

2月も終わりになってから急に暖かくなりました。
もう3月なんですから、そろそろ春らしくなってほしいものです。

ちょっと遅れちゃいましたけど、2月にご紹介した本をまとめます。


重力ピエロ重力ピエロ
(2003/04)
伊坂 幸太郎
商品詳細を見る


魔法使いはだれだ ― 大魔法使いクレストマンシー魔法使いはだれだ ― 大魔法使いクレストマンシー
(2001/08/29)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
商品詳細を見る


ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)ばら色の頬のころ―when I was thirteen (F COMICS)
(2007/03)
中村 明日美子
商品詳細を見る


図南の翼 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)図南の翼 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1996/02/05)
小野 不由美
商品詳細を見る


ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
(2005/04)
伊坂 幸太郎
商品詳細を見る


文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)
(1999/09/08)
京極 夏彦
商品詳細を見る


生き物の描き方: 自然観察の技法生き物の描き方: 自然観察の技法
(2012/12/12)
盛口 満
商品詳細を見る


真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
(2011/06/03)
大沼 紀子
商品詳細を見る



振り返ってみると今回は小説ばっかりでした。
いろんな意味でインパクトがすごかったのは、やっぱり魍魎の匣、ですね。
おかげさまで、今は狂骨の夢と格闘中です。

あと、図南の翼もよかったな。
今年のうちに新刊が出るという噂なので、今から楽しみです。

やっと課題も終わったので、今月はもうちょっと読めるといいな、と思っています。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。