FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.13

超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2

超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2
(2014/09/19)
杉田圭

商品詳細を見る


<内容>
小野篁(おののたかむら)と比右子(ひうこ)の初夜、
壬生忠岑(みぶのただみね)と満子(みつこ)の「別の物語」、
紀貫之と椿の昔話、小野小町、在原業平、文屋康秀の珍道中、
貞明(さだあきら)と綏子(やすこ)の愛情夫婦生活、
清少納言の恋愛遍歴、紫式部と藤原公任(ふじわらのきんとう)の宮中ライフ、
藤原定家と式子内親王の一夜……などなど、抱腹絶倒&感動のスピンオフ!

<感想>
大好きなうた恋い。シリーズの新刊。
まさかのうた変。の2冊目、です。

内容に書いてあるように、いろんな人の話がちょっとずつ、で、
おちゃらけ話で、キャラたちの背景を綴っていくスタイルはおんなじでした。

うた恋い。4ででてきた篁と比右子コンビも結構よかったけど、
前作のうた変。でも笑かしてくれた、大好きな貞明と綏子カップル。
綏子さん、うた恋い。に出てくる全キャラでも一番かわいい
貞明に好かれたくて、貞明の好きな馬になる、とか。
ありえないと分かってても、いいキャラ設定すぎ。
また、次回作があればぜひ取り上げてほしい二人です。

あとはやっぱり、好きなのは道隆と高内侍(こうのないし)。
自分の旦那がこんな人だったら絶対やだ、と思いつつも、憎めない。
しかも相手が高内侍っていうのもいいし。
孫の道雅(みちまさ)まで、へたれが遺伝っていうのも、なんか全部いい。

対して、清少納言の前の夫の話とか、お兄さんの話とか、
ちょっと可哀想すぎかな。。。
 
お正月百人一首をするつもりで、前勉強と思って読むには最高の1冊。
うた恋い。はもちろん、こっちもシリーズ3作目を期待したいので、
評価は◎(5段階の上から2番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.14

うた恋い。3 エピローグ

今日の一冊:超訳百人一首 うた恋い。3

エピローグ

歌恋い。3巻の最終話でもあり、
歌恋い。シリーズ本編全体の最終話でもあるこの話は、
清少納言と藤原行成との恋の行方に決着がつく話です。

二人の思いは一夜だけ重なって、
その後また、別々の人生を歩んでいったようです。

自分が守るから宮中にいてくれ、と頼む行成への、
清少納言の答えが、本当に素敵で、せつなくて、涙が出ます。
そしてその思いをいくらか定家が汲み取って、
百人一首に反映してくれたのだとしたら。。。
こんな素敵な女性が日本にいてくれたのがうれしくなるような、
そんな素晴らしい、切ない、お話です

うた恋い。シリーズ本編はこれで終わってしまったようなのですが、
もっともっと見たい!
百話分全部、漫画にして書いてほしいです。
杉田先生~、お願いします~!!

ネタバレの中身は続きを読む、からどうぞ。

本の紹介と、ほかの話へのリンクのページはこちら↓
うた恋い。3 全体感想


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
05.11

うた恋い。3 和歌物語五

今日の一冊:超訳百人一首 うた恋い。3

和歌物語五

もう書き終わっていたと思っていたうた恋い。3が、
終わっていなかったことに気づきました
そんなわけで、久々に百人一首の話です。

3巻の和歌物語四までは、結構楽しげな話が多かったのですが、
ここで物語は折り返し点に入ります。
政変により少納言が仕えていた中宮定子の立場が危うくなるのです。

そのきっかけを作った一人が、
少納言と親友としてつきあっていた行成様だったわけですが、
行成様がいろんな思いをもって、その決断をしたことが描かれています。
宮中に働く中では、やっぱり心を偽らなければならないことも多かったのでしょうね。

ネタバレの中身は続きを読む、からどうぞ。

本の紹介と、ほかの話へのリンクのページはこちら↓
うた恋い。3 全体感想


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
02.16

うた恋い。3 和歌物語二

今日の一冊:超訳百人一首 うた恋い。3

和歌物語二

うた恋い。3の中でも、一番と言っていいほど好きな、
藤原道隆(みちたか)と奥さんの儀同三司母(ぎどうさんしのはは)の話です。

女ったらしで名を馳せていた道隆が選んだのが儀同三司母で、
しかも道隆が死ぬまで、ずっと大切にしていたというのがいいんですよね。
道隆の死後はきっと苦労しただろうと思いますが、
それでも、幸せだったのではないでしょうか。

この時代の、一般的な女性の感覚で、
まさに思いのたけをそのまま書いたかのような歌も、
義孝様の歌と負けず劣らず、百人一首の中で10指に入るくらい好きです。


ネタバレ感想はいつものように続きを読む、からどうぞ。

本の紹介と、ほかの話へのリンクのページはこちら↓
うた恋い。3 全体感想


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
02.13

うた恋い。3 和歌物語一

今日の一冊:超訳百人一首 うた恋い。3

和歌物語一

清少納言の兄とその恋人の末の松山との恋の話です。
うた恋いでは、この体験が清少納言の、人生観を形作る大きな事件の一つ、
というように描かれています。

二心がないことを表した昔の歌にちなんで、
恋人を末の松山と呼んでいた兄が、父の転勤のために、
恋人とお互いを思いあいながらも離れ離れになってしまいます。
二人の恋の行く末は・・・

ネタバレ感想はいつものように続きを読む、からどうぞ。

本の紹介と、ほかの話へのリンクのページはこちら↓
うた恋い。3 全体感想


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。