--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.06

まったなし

mattanasi.jpg

<概要>文芸春秋サイトより
NHK木曜時代劇「まんまこと」のシリーズ最新作!
江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、
幼なじみで町名主を継いでいる色男・清十郎と、
堅物の同心・吉五郎とともに、さまざまな謎ともめ事の解決に挑む、
大好評連作短篇シリーズの第5弾!
今回の密かなキーワードは実は「女難」。
独身で嫁取りの話がひきもきらない清十郎ですが、いったいその理由は?
未だ妻を亡くした悲しみが癒えない麻之介、
養子に入った家で年齢の離れた許婚のいる吉五郎、
そして彼らの親友で大金持ちの金貸し丸三とその妾のお虎。
いずれも清十郎の運命の人が現れることを願っているが、
様々な障害や思わぬ事件に巻きこまれ……。

<感想>
畠中恵さんの書いてるシリーズでは一番好きな、「まんまこと」。
ドラマになってしまって、微妙にミーハーファンが増えそうでいやだな、
とか思ってはいつつも、やっぱり最新作が出ると読んでしまいますね~。

今回は久々に、お由有さんとの切ない絡みが多くて、
初期の頃の麻之助を思い出させてくれました。

タイトルストーリー「まったなし」を含む5話はそれぞれ、
伏線をひきつつ、最後の「昔から来た文」にうまくまとまっていきます。
今回の主人公はある意味清十郎で、
とうとう、まったなしの状況に追い込まれて、
お嫁さんを娶ることになりました。

そういえば、しゃばけの方も若旦那の親友が確か好きな人が出来たんだったような。
前巻は、なんだかしゃばけシリーズと雰囲気似てきたな、
とか思っていましたが、今回はどっぷり恋愛物として楽しませてくれました。

本物主人公の麻之助とお由有さんもまた新たなステージに。
こちらはやっぱり最初のすれ違いのまま、
どうしてもうまくいかないんですね。

どちらが悪いわけでもなく、どちらが裏切ったわけでもなく、
二人ともにお互いを思っていたのに、どうにもならない。
江戸時代だから誇張されている気もするけれど、
今の時代でも似たようなことはあるものですよね。
タイミングが合う人とタイミングが合わない人。

お互いが結婚して、またお互いが一人になって、
どちらも憎からず思っていても、どうにもならない。

私が惚れ込んだ、1巻の最後の話を思い出させてくれる、
ほろりと切ないまんまことシリーズの醍醐味が味わえました。

でも最初の話を思い出したら、なんかずいぶんと麻之助がおとなしくなったな。
このシリーズの、「だが、だがだがだが」という言い回しが好きだったんだけど、
最近使われなくなったし。

時間が経ってやっぱり、麻之助が大人になったってことでしょうか。

早く、麻之助にも幸せが訪れてほしいです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
03.15

すえずえ

すえずえすえずえ
(2014/07/31)
畠中 恵

商品詳細を見る


<概要>by 新潮社webサイト
な、なんと、病弱若だんなが遂に嫁取りだってぇ!?
お相手は、いったい誰なの~?
上方で大活躍した若だんなの評判を聞きつけ、
仲人たちが長崎屋に押しかけてきちゃった!
けれど結婚したら、仁吉や佐助、妖たちとはお別れかもしれない。
幼なじみの栄吉にも何かあったみたいだし……。
いつまでも、皆で過ごすこの日々が続くと思っていたのにな――
ハラハラな新展開にドキドキのシリーズ第13弾!

<感想>
あらすじを読んでみたら、もうしゃばけシリーズももう13冊目なんだ、とびっくり。
最初の1作目が一番印象深かったかな。
前にでてきたキャラとかが本編に出てきても、
これ、どこで出てきたんだっけ?と、わからなくなってきた。。。

今回は若旦那の嫁取りをテーマにしたアラカルト5編。

・栄吉の来年
若旦那の親友の栄吉さんがお見合いをしたらしい、というところから始まる。
お見合い相手とうまくいってるのかいってないのか噂を聞いて若旦那が心配しつつ、
自分に言ってもらえなかったことになんとなくすねつつ。。。
最後は安定の、いつものなんとかなるんだろうな感のまま、なんとかなる、という。
結局これは、若旦那の嫁取りの前振り、なのね。

・寛朝の明日
寛朝様が妖に助けを求められて出かけていくと、
待っていたのは困っていた人ではなくて、寛朝様を食べようとしていた妖だった、という話。
いつも通り若旦那の知恵でなんとか問題は解決するんだけど、
今回は若旦那が遠い場所からなんとかする、というのが肝、だったのかな。

・おたえの、とこしえ
若旦那のお父さん、旦那様が行方不明になったところに、
偽の証文を持った長崎屋を乗っ取ろうとする大阪の商人がやってきて。。。というお話。
タイトルはおたえさんだけど、話としては若旦那の成長ぶりを見せるのと、
次話の仁吉と佐助の千年につなげるお話だったようです。

・仁吉と佐助の千年
今回の一番メインのお話。
若旦那がお見合いをして、ゆくゆく嫁を貰ったら、
仁吉や佐助をはじめとした、妖怪たちと暮らしていけるのか?
それを心配したおぎんさんが、仁吉を佐助を若旦那から引き離し、
その間に、押しの強い許嫁たちが長崎屋に押しかけてきて。。。
若旦那の許嫁選びは予想通りだったけれど、
帰ってきた仁吉のセリフにほろりと来ました。
これからの千年。
生まれ変わりを祀って言うのは繰り返し、いろんな話で使われますが、
やっぱりいいですね。

・妖達の来月
長崎屋の妖達が、離れの近くの長屋に住むことになり、そこに泥棒が。。。という話。
若旦那はもちろんのこと、取り囲んでいる妖達も少しずつ変わってきて、
長く生きている中でも今、若旦那やみんなでいる時間がどんなに貴重か、
ほかの妖達に羨ましがられて、改めて浮き彫りになっていく、という話ですね。


こうやって5編あげてみると、全部成長して変わっていく、というのがテーマ?
しゃばけもだんだん締めに入ってきてるかな。

今回は、しゃばけとしては可もなく不可もなく、ということで、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:1  Trackback:1
2014
05.26

たぶんねこ

Category: 妖もの   Tags:畠中恵しゃばけ
4月、ブログを書かないまま、もう5月の半ば。。。
う~ん、この間、とりあえず獣の奏者とか読んだんですが、
暗くて、読んでるの辛かったです。。。

今回は、久々にしゃばけシリーズです。

たぶんねこたぶんねこ
(2013/07/22)
畠中 恵

商品詳細を見る


概要(bookデータベースより)
若だんなと兄やの五つの約束って?超不器用な女の子が花嫁修業に来たり、幽霊が猫に化けたり、病弱若だんなの周りは今日もてんやわんや。「しゃばけ」シリーズ第十二弾。

で、感想です。

もう12弾なんですね。
ま~、安定のほんわか、いい感じ。
なんだかどんどん鳴家がメインキャラ並に存在感大きくなってる。
今回は久々に仁吉主人公話があって、少しはここのところと代わり映えを出そうとしたのかな、
という感じでした。

幽霊、妖と違うということで、盲点でしたが初登場?
定番キャラになってしまいそうな最終話でした。

Comment:0  Trackback:0
2013
09.28

ときぐすり

ときぐすりときぐすり
(2013/05/29)
畠中 恵

商品詳細を見る


<概要>
やんちゃ二人に堅物ひとり。
麻之助・清十郎・吉五郎が江戸は神田で活躍する。
傷心のなか、町名主名代のお役目はどうにか務めている麻之助。
揉めごと諍い悩みの相談、いつもの裁定の仕事をするうちに、
過ぎた時間がいつしか薬となってゆく…。
新展開の『まんまこと』ワールド、感動の第四弾!

<感想>

ちょっと体調崩しちゃって、更新できずでした。
しばらくボチボチペースになっちゃいそうです。

で、今回は畠中さんの本の中で、
一番好きな、まんまことシリーズ。
前回のこいわすれで、まさかのまさかの、お寿ずさん!
だったので、待ちに待ってました。
4作目が出たということで、楽しみで楽しみで。。。

冒頭からでてきた、おこ乃ちゃん。
お寿ずさんと親友の吉五郎の親戚で、
前の、「こいわすれ」で猫のふにを連れてきた女の子。
これはもう、先は見えるといわんばかりの、
麻之助との絡みようだけれども、
なんだか、そうなっちゃうと寂しいような、
でも、そうならないともう、かわいそうすぎるような、
微妙な気持ちです。

お由布さんといい、お寿ずさんといい、
なんでこういう切ない話ばかりなんだろうと思いつつも、
これがよくて読みふけっちゃうんですよね~。

でも一番今回好きだったのは、「ともすぎ」。
途中までの展開で、実際に丸三が高利貸しをしていて、
逃げてしまったのかとだまされたあとの、
金貸しの丸三の麻之介や清十郎、吉五郎への思い。
電車の中では読めないお話でした。

やっぱり大好き「まんまこと」シリーズ。
評価は今回も★(5段階評価の一番上)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
Comment:2  Trackback:1
2013
09.25

伝説シリーズ

最近ブログに書いてる本と、読んでる本がずれてしまっているので、
ちょっとだけつぶやきを。。。

西尾維新さんの伝説シリーズの3冊目、
悲惨伝を読み終わったのですが、
巻末見たら、次の悲報伝が9月に、
さらに次の非業伝が12月!に出ることになってました。

まさか続くと思ってなかった悲鳴伝が、
こんなシリーズになって、しかも物語シリーズと同じように、
3か月に1回になっていくとは。

なんかほんとすごいな。
西尾維新、こんなに書いてて大丈夫かな。

そんなことを思いつつ、昨日から、
楽しみにしていたまんまことシリーズの4作目、
「ときぐすり」を読み始めました。
明日は読み終わりそうだ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。