--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.06

続・終物語

zokuowari.jpg

<概要>
”私、とっても幸せなのに――こんなの、全部嘘だって思ってる”
直江津高校卒業式の翌朝。妹達の力を借りずに目覚め、
”何者でもなくなった”阿良々木暦が向かい合う、新しい世界とは・・・・・・?
彼ら彼女らの物語の――続き。
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
ファイナルシーズンついに完結! 僕達と、育ち続ける物語。

<感想>
物語シリーズ、今度こそ最終巻、という前振りながら、
次巻発行がまたまた予定されている続・終物語。

前回の終物語・下たいまいちだったので、
ぜひ、今度こそ最終巻で盛り上げを、と期待していたのですが、
う~ん。。。という出来、でした。

阿良々木君が、洗面所で鏡を見て、鏡に映った自分が同じように動かない、
と気づいた後、なんかが起きて、気が付けば世界が変わっていて・・・
みたいな話で、最後は元の世界に戻って終わり、という感じです。

間宵ちゃんと神原さん登場も、あまり笑える会話部分がなく、
謎解き的なところも、前作と同じ感じで。
感動したり、ジーンと来たり、もなく。
なんか、扇ちゃんが絡むと、わたし好みでないのかもしれない。

次回はとうとう、ネクストシーズン!
西尾維新も書いてますが、このシリーズはもう終わらせ方がわからなくなった、
という感じなのかもしれませんね。

シリーズ最終巻としては前巻に引き続き、残念感満載で、
評価は△(5段階評価の下から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
04.17

終物語(下)

終物語 (下) (講談社BOX)終物語 (下) (講談社BOX)
(2014/04/02)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る


<概要>
”それがきみの――青春の終わりだ”
大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。
彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と
最終決戦の号砲だった――
すべての<物語>はいまここに収束する・・・
これが現代の怪異!怪異!怪異!
青春は、「僕」がいなくちゃはじまらない。

<感想>
物語シリーズ最終巻、という前振りながら、
次巻発行が決定している終物語の下。

読みつつも、前巻の話さえ忘れてて、
そうか~、扇ちゃんの話だったかな~?なんて思いつつ読み進めて行きました。

まよいヘルでは、まさかの真宵ちゃん登場!
死んじゃった設定だったせいか、あまりトークがはじけてなくて残念。
まさか手折正弦が結構キーパーソンだったとは。
と言っても、結果そこまででもなかったけど。

ひたぎランデブーは、ただ時間稼ぎ的に、
ひたぎちゃんをちゃんとヒロインとして出してやろう的な?
個人的には初デートよりも、あまり良かったと思えなかったけど。

最終話おうぎダーク。
とうとう、扇ちゃんと決着。
正体を引っ張って引っ張って、引っ張った末に、それか~・・・って感じで。
まぁ、こんな感じなのかなぁ。
それにしても、最後の最後のセリフ、さすがに西尾維新といえどすごすぎ。
みんなどんな評価なのでしょう。

ほんとに最終巻なのかわからないけど、続終物語。
もう少し面白くしてもらうことを期待したいです。

次回に期待を残しつつ、今回は全体として最終巻としては物足りなかったので、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。
Comment:0  Trackback:0
2014
06.16

終物語 中

また久々です。
本は読んでるんですが、なかなかパソコンを開くタイミングがない生活になってしまい、
更新がおろそかな状況ですが、これまで書いてきたシリーズ関係とかだけでも、
ちょいちょい挙げていこうと思います。

終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)
(2014/01/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


<概要>
「神原駿河(かんばるするが)は、私の姉の娘だよ――眠らせておくには、惜しい才能さ」
“何でも知ってるおねーさん”臥煙伊豆湖。
彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは……?
四百年の時を経て、蘇る武者――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
青春は、「彼」を語らず終われない。

<感想>
終物語、予定外だったという2冊目は、ふたを開けてみたら、
猫白の裏側話だったという。。。

物語シリーズで一番好きな猫白に出てきたこともあって、
その後話になりそうだな~ってフラグたてまくりで気にはなっていたので、
書いてくれてありがたいところではありました。
が、音楽でいうとこのさび部分については、
結構盛り上がりに欠ける感じでいまいちでした。

でも、久々に神原ちゃんとのかけあいが前半を占めていて、
あ~、やっぱこれ!!
電車の中で読んでると吹き出しそうになって危険だけど、
このくだらないトークが物語シリーズの面白さだな~、と思います。

ところで(こっからおもいっきりネタばれです)、
本編中、臥煙さんが、忍野さんの妹だと自己紹介する件。
暦君がうそだうそだと言ってたけど、ほんとっぽい。
って、思った人多いと思うんですが、どうでしょう。

そのまんま血のつながった妹説ももちろんありですが、
実際扇ちゃんが忍野さんの姪っ子だとすると、
忍野さんの弟がいるわけで、
臥煙さんがその奥さんだったりすれば、
扇ちゃんと臥煙さんが親子になっちゃうわけだけど。
その辺、最後までにちゃんと出てくるのかな~。

次の下巻、本屋でちょっとだけあとがき見たら、
締めが、「扇ちゃんは悪くない!」になってました。
やっと、正面対決でしょうか。

次回に期待を残しつつ、今回は前半よかったけど後半微妙だったので、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。

Comment:0  Trackback:0
2013
09.25

伝説シリーズ

最近ブログに書いてる本と、読んでる本がずれてしまっているので、
ちょっとだけつぶやきを。。。

西尾維新さんの伝説シリーズの3冊目、
悲惨伝を読み終わったのですが、
巻末見たら、次の悲報伝が9月に、
さらに次の非業伝が12月!に出ることになってました。

まさか続くと思ってなかった悲鳴伝が、
こんなシリーズになって、しかも物語シリーズと同じように、
3か月に1回になっていくとは。

なんかほんとすごいな。
西尾維新、こんなに書いてて大丈夫かな。

そんなことを思いつつ、昨日から、
楽しみにしていたまんまことシリーズの4作目、
「ときぐすり」を読み始めました。
明日は読み終わりそうだ。

Comment:0  Trackback:0
2013
08.01

7000アクセスと西尾維新!

気がついたら、7000アクセスに達していました。。。
なんか3000くらいを過ぎてから、どんどん早くなってる気がします。
たまにさぼったりしてるんですけれど、
見に来てくれる人がたくさんいると思うとやっぱりうれしいですね。
これからもぜひよろしくお願いします。

さて、今は友人から勧められた、
今更ながらの村上春樹さんの本を読んでいるのですが。。。
ノルウェイの森も進められて読んで、なんともこなかったのです。
今回こそは、と、ちょっと期待したのですが、
今のところやっぱり、面白くないような。。。
まだ続くようなので期待したいです。
とりあえず、近々ご報告!

で、最近あまり楽しい感じでない本が続いて、
悲惨伝を読んだのと、前回クールで見てしまったアニメ、
プラス今クールの化物語などであおられて、
勢いで西尾維新さんの本を二冊も借りちゃいました。

一冊は刀語。何度読んだか刀語、なのですが、
そういえば、このブログを書き始めてからは読んでいないなぁと。

あとは、今までずっとなんとなく読まなかった、魔法少女りすか。
なんか、魔法少女、どうなの?みたいな感じだったんですが、
悲惨伝を読んで、なんか読んでもいいかな、という気分に。

近々登場の予定です。
魔法少女、面白いかなぁ~。。。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。