--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.03

8月・9月のまとめ

昨日、明後日更新できるかな~、と書きましたが、
今日思わず時間が出来たので、
とりあえず新しい月に入った、恒例のまとめ、を。
ちなみに、8月と9月は半月ずつだったような感じなので、
2か月分をお届けします。


ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
(1994/04)
村上 春樹
紹介ページへ


新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)
(2004/07/17)
西尾 維新
紹介ページへ


刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
(2007/01/10)
西尾 維新
紹介ページへ


日本人の知らない日本語4  海外編日本人の知らない日本語4 海外編
(2013/08/02)
蛇蔵、海野凪子 他
紹介ページへ


新本格魔法少女 りすか2 (講談社ノベルス)新本格魔法少女 りすか2 (講談社ノベルス)
(2005/03/16)
西尾 維新
紹介ページへ


ぼんくらぼんくら
(2000/04/20)
宮部 みゆき
紹介ページへ


刀語  第二話  斬刀・鈍 (講談社BOX)刀語 第二話 斬刀・鈍 (講談社BOX)
(2007/02/02)
西尾 維新
紹介ページへ


虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7
(2012/08/10)
東野 圭吾

紹介ページへ


ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編
(1994/04)
村上 春樹
紹介ページへ


ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編
(1995/08)
村上 春樹
紹介ページへ



2か月あわせて、小説9冊と漫画1冊でした。
偶然ですが、ねじまき鳥に始まり、ねじまき鳥に終わるという。。。
ねじまき鳥、振り返ってみても、そんなに好きでなかったなぁ。

ここの所続いている西尾維新祭りの余波というか、
そういえば、魔法少女の3冊目も読んでいなかった。
あ~、まだまだ読まねばならない本がたくさん。。。

1冊だけ読んだまんが、日本語学校はやっぱり面白かったです。
9月はアニメの最終話があったわけですが、
進撃の巨人とサーバント×サービスがすごい良くて、
サーバント×サービスの方は、何年ぶりか思い出せないくらい久々に、
漫画の衝動買いをしてしまいました。
面白いからいいんだけど。

というわけで、10月にサーバント登場します。

いない間も、たくさん見に来てくださってありがとうございました。
うまくいったら、今月中に5ケタ、ですかね。
楽しみです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
09.28

ねじまき鳥クロニクル 第3部鳥刺し男編

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編
(1995/08)
村上 春樹

商品詳細を見る


<概要>
奇妙な夏が終わり、井戸は埋められた。
そして人々はみんなどこかに去っていった。
ねじまき鳥の声ももう聞こえない。
僕に残されたのは、頬の深く青いあざと、
謎の青年から引き渡された野球のバットだけだ。
でも僕はやがて知ることになる-
何かが僕を新しい場所に導こうとしていることを。
意識と過去の帳の奥に隠されたねじのありかを求めて、
地図のない冒険の旅が開始される。
そしてその僕の前に、ねじまき鳥の年代記(クロニクル)が、
橇の鈴音とともに静かにひもとかれる。

<感想>
長い長い、ねじまき鳥クロニクルの最後の3冊目。
2巻の一すじ見えてきた明るい光が、
だんだん大きくなって、最後はまぁ、ハッピーエンド、でした。
人生、いろんなことが起きる、そういう可能性を、
想像力のぎりぎりまで表現した作品、っていう感じなのでしょうか。
どろどろのどうしよう結末とかでなくて、
とりあえず安心。

でも、3巻になってかなり大事な役を担っていた、
シナモンとナツメグ、結局謎のまま去っていってしまった。
パソコンを使ったやりとりとか、
もうそうとうやばそうでドキドキでしたが、
なんか結局事なきを得たような、うやむやにされたような、
そのまま、ドロップアウトでした。
個人的にはすごい、シナモン好きだったのに。
シナモン主人公で一冊書いてほしいくらいだ。

貸してくださった方が、
村上春樹は、なんか手に入らないモヤモヤしたものを、
ずっと追いかけ続けてるような話が多いんだよね、
というコメントが、読み終わってなんか、しっくりきました。

最初、結構ディープなスタートで、
読むのが辛いなと思いながらでしたが、
とりあえず読み終わったことには満足。

とりあえず謎だらけなのは相変わらずだったけど、
ま~、なんとか読んで良かったと思えました。
が、やっぱり好きな感じではないので、
評価は○(5段階評価の真ん中)です。

→関連ページ
ねじまき鳥クロニクル 第1部 どろぼうカササギ編
ねじまき鳥クロニクル 第2部 予言する鳥編



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
09.26

ねじまき鳥クロニクル 第2部予言する鳥編

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編
(1994/04)
村上 春樹

商品詳細を見る


<概要>
猫が消えたことは、始まりに過ぎなかった。
謎の女はその奇妙な暗い部屋から、
僕に向かって電話をかけつづける。
「私の名前を見つけてちょうだい。」
加納クレタは耐え難い痛みに満ちた人生から、
無痛の薄明をくぐり抜け、
新しい名前を持った自己へと向かう。
名前、名前、名前。
名づけられようのないものが名前を求め、
名前のあるものが空白の中にこぼれ落ちていく。
そして僕が不思議な井戸の底で見出したものは。。。

<感想>
ねじまき鳥クロニクル、1冊目がかなり・・・ひどかったので、
ずっとこのままだったらどうしよう。。。と思いつつ読み始めました。

相変わらずわけわからない感じの加納姉妹(芸能人じゃないです)、
は放っておくとして、
満州の話と井戸の話の部分だけ、妙に読みごたえがありました。

満州の話が何度も出てきて、現実とどうつながるのかと思ったら、
いきなり井戸で!

井戸の底に一人で降りて、その中で瞑想みたいなことをする、
っていう話はなんか、奇妙な現実感があってよかった。
一度自分もやってみたくなるような。。。

村上春樹が好きな人、それで実際やってる人いそうだけど、
そう簡単に、人が入れるような枯れ井戸がないか。。。

ほんとに死にそうになったら、
不思議な世界とつながるものなのかな~。
とか、空想してしまいました。

どうなるんだろうか、このまま苦痛のまま読むのか、
と思ってた2巻目ですが、最後の最後でいろいろと光明が見えてきて、
読んでて鬱になりそうな感じは脱し、
少なくとも3巻を読む気は出てきたのでよかったです。

そんなこんなで、結構上向きになってきた2冊目。
評価は○(5段階評価の真ん中)です。


→関連ページ
ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒カササギ編



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
08.05

ねじまき鳥クロニクル 第1部泥棒かささぎ編

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
(1994/04)
村上 春樹

商品詳細を見る


<概要>
ねじまき鳥が世界のねじを巻くことをやめたとき、
平和な郊外住宅地は、底知れぬ闇の奥へと静かに傾斜を始める。
暴力とエロスの予感が、やがてあたりを包んでいく。
誰かがねじを巻きつづけなければならないのだ、誰かが。
1984年の世田谷の路地裏から1938年の満州蒙古国境、
駅前のクリーニング店から意識の井戸の底まで、
ねじのありかを求めて探索の年代記は開始される。

<感想>
ものすごく久々に、村上春樹さんです。
ノルウェイの森を進められて読んで以来、
どうにも面白くないイメージがついちゃってたんですが、
最新刊が出たり、あと周りの人に勧められたりして、
とうとう、知り合いから借りてしまいました。

で、読んでみたのですけれど。。。
やっぱり・・・あわない!!

なんか、出だしから気持ち悪い感じのいたずら電話に始まって、
進む状況がどれもこれも気持ち悪い感じばかり。

最後の方は、満州での戦争時の回想になりますが、
それがまた拷問の様子を事細かに描写してて、
読んでて、気持ち悪さが倍増。。。

う~ん。なんでこの本が人気なんだろう。
この気持ち悪くてわけのわからない感じが、
文学的、なんでしょうか。
どうにもよくわかりません。

でも、まだあきらめずに、これは第1部なので、
次巻以降に期待しようと思います。

とりあえず、この巻については読むのが辛い感じだったので、
評価は×(5段階評価の一番下)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
08.01

7000アクセスと西尾維新!

気がついたら、7000アクセスに達していました。。。
なんか3000くらいを過ぎてから、どんどん早くなってる気がします。
たまにさぼったりしてるんですけれど、
見に来てくれる人がたくさんいると思うとやっぱりうれしいですね。
これからもぜひよろしくお願いします。

さて、今は友人から勧められた、
今更ながらの村上春樹さんの本を読んでいるのですが。。。
ノルウェイの森も進められて読んで、なんともこなかったのです。
今回こそは、と、ちょっと期待したのですが、
今のところやっぱり、面白くないような。。。
まだ続くようなので期待したいです。
とりあえず、近々ご報告!

で、最近あまり楽しい感じでない本が続いて、
悲惨伝を読んだのと、前回クールで見てしまったアニメ、
プラス今クールの化物語などであおられて、
勢いで西尾維新さんの本を二冊も借りちゃいました。

一冊は刀語。何度読んだか刀語、なのですが、
そういえば、このブログを書き始めてからは読んでいないなぁと。

あとは、今までずっとなんとなく読まなかった、魔法少女りすか。
なんか、魔法少女、どうなの?みたいな感じだったんですが、
悲惨伝を読んで、なんか読んでもいいかな、という気分に。

近々登場の予定です。
魔法少女、面白いかなぁ~。。。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。