--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.13

フリーター家を買う

しばらくがっつりネット小説にはまってまして更新してませんでした。
久々ですが、またぼちぼちあげて行こうと思います。

freeter_.jpg


<概要>
就職先を3か月で辞めて以来、自堕落気儘に親の脛を齧って暮らす
”甘ったれ”25歳が母親の病を機に一念発起。
バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、奔走する。
本当にやりたい仕事って? やり甲斐って?
自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の再生を描く、
愛と勇気と希望が決勝となったベストセラー長編小説。

<感想>
久々に有川さんの作品を借りようと思って予約してたらば、
この後続く2冊もちょうど返却本であって、3冊大人借りしてしまったうちの1冊。

映画の原作ということもあって結構有名だったので期待してましたが、
なんか最初読んでたら主人公やら主人公のお父さんやらがだらしなすぎてムカついて。
最後に向けて盛り上げるには最初はダメじゃないといかんのだと分かっていても、
まさか有川さんの本を読んでて、こんなに読むのがムカつくとは思っておらず、
結構しばらく辛かったですが、終わりはハッピーだと信じて読めるのがいいところですね。

ヒロインちゃんが途中で出てきて、短い間に結構盛り上がりました。
でも泣いてるところでいきなりあれは、ちょっと小説過ぎるような。。。
ページが足りなかったのかな、とか思うほど急展開でしたが。
最後の方はまぁ、なんかいい感じで。

文庫はおまけの短編が1個あってやっぱりいいですよね。
おまけでずいぶんと楽しませてもらいました。

後半わずかしかなかった恋愛部分が一番味を出してくれた気がして、
やっぱり、有川さんは恋愛ものが一番いいなぁ、と思わせてくれた1冊。
ラブコメ長編。またやってくれないでしょうか。

有川さん作品としては中の上という感じなので、、
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
06.23

麒麟の翼

麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<概要>byブックデータベース
寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、
胸に刺さったナイフだった。
大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

<感想>
とても久々の東野圭吾さん。
個人的にはガリレオシリーズより、
加賀恭一郎シリーズの方がシリーズとしては好きなので、
結構楽しく読めました。

前から因縁深い感じで出ていたお父さんが亡くなってしまって、
お父さんとの絡みの話が最初から結構ボリューム持って入ってたんですが、
その辺も結果としては伏線だったのかなぁと。

東野圭吾さんなので、意外な犯人かな~、ということを考えて読んでいたので、
もしかして妹?とか思っていたりしましたが、
だんだん話が想像していたのと違う方向に進んで行って。
結果として、なんとなく真夏の方程式を思い出すような、
ちょっと無理やりな結論だったような気がしましたが、
話としては王道な、親子愛上物、ということで、
読み応えとしては満足、でした。

あと、犯人の謎解き過程よりも、
伏線として、千羽鶴の折り紙の色が同じで、
しかも中途半端な黄色から始まったのは何か、
というのの答えが結構見事でした。

相変わらず安定の東野圭吾さんでした。
評価は◎(5段階評価の上から二番目)です。
今後もシリーズとして、とても楽しみです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
06.06

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/08/01)
梨木 香歩

商品詳細を見る


<概要>
映画の原作として話題になった時から気になっていたのですが、
当時は予約がすごかったようで、全然図書館で見かけず、
ブームが過ぎてから、と思って待っていた本です。

塗仏の宴でたまりきったストレスに、
ちょっと雰囲気の違う本が読みたいなぁと思っていたらばったり出会って。

とにかく、とにかく、もう、
「いい!!」
の一言しか言えません。

大事な人がいなくなってしまったことのある人なら、
誰でも、その人がいたときの、一つの小さなことが、
本当に宝物のように思える経験があると思います。

ただでさえ、おじいちゃん、おばあちゃん好きの私にとっては、
最後のシーンだけでなくて、
西の魔女こと、おばあちゃんがでてきてからずっと、
毎日の一つ一つのやりとりや交わす言葉に、
うるうるしっぱなし。

一言でいえば、
センスオブワンダー、日本現実版、といった感じでしょうか。

久々に出ました。満点以上、殿堂入り!です。
これからまだまだ読んでいない梨木香歩さんの本があると思うと、
とっても楽しみです!



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2013
05.07

八日目の蝉

今日の一冊:八日目の蝉

八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る


<概要>by「BOOK」データベース
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。
理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。
角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。

<感想>
小川洋子さんに続いて、初めての作家さん。
今更ながらの角田光代さんです。
それも、映画、ドラマで超有名な八日目の蝉、なのですが、
中身は全く知らずに読み始めました。

最初からいきなり、核心の誘拐シーンで始まり、危機の連続。
まさに逃げて、逃げて、逃げ延びられるのか。。。が続いていくし、
主人公らしき女性がどんな人なのか、なんでこんな子としてるかもわからないまま、
物語がどんどん進んでいくし。
少なくとも、楽しんで読む本という感じではありませんでした。

怒濤の第1部の方が、後半、主人公が変わった第2部よりおもしろかったかな。
最後の最後、暗い中にもちょっと明るい未来が見えたりして、
感動作なのだろうということはわかるのですが、
なんだかあまり感情移入できませんでした。

第2部でやっとこんなことになった背景や、状況がわかってくるのだけど、
やっぱり、不倫の話だし、相手の男の人があまりにもだめだめすぎるからかな。
流されてもしょうがないのかもと思いつつ、
そんな人を選ぶから自業自得なのでは、という考えが離れなかった気がする。
薄情なのかもしれません

結果として、あまり感動できなかったのは事実なのですが、
前半、息もつけないどうなっちゃうの?的なはらはらどきどきを味あわせてもらったので、
評価は○(5段階の真ん中)、です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ




Comment:5  Trackback:0
2013
01.19

魔法使いハウルと火の悪魔 その1

今日の一冊:魔法使いハウルと火の悪魔

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
(1997/05)
ダイアナ・ウィン ジョーンズ

商品詳細を見る


言わずと知れた、スタジオジプリの「ハウルの動く城」の原作本です。

あらすじとしては、途中までは映画と同じですが、途中から随分と変わっていきます。
帽子屋の姉妹の長女ソフィーが、荒地の魔女に魔法をかけられておばあさんになり、
家族から身を隠すために、成り行きでハウルの動く城に行き、
そこでハウルと火の悪魔カルシファー、
ハウルの弟子のマイケル(映画ではマルクル)と暮らしながら、
自分にかけられた魔法をなんとか解こうとがんばる物語、というのが概要でしょうか。

映画とはいくつか設定も違います。
ソフィーが3姉妹だったり、
マイケルとハウルがそれぞれ、ソフィーの姉妹に恋をしたり、
映画では王室付き魔法使いのサリマンが原作では行方不明になっていたり、
荒地の魔女が、映画と違ってほんとに結構やばい魔女だったり。

映画のハウルも大好きなのですが、
個人的にはやっぱり、原作のソフィーがやきもきしながらハウルに惹かれていくのがすごく好きだし、
話の中身も、イギリス人的なブラックなところが端々に見られて、楽しく読むことが出来ます。

映画しか見ていない人は、ぜひ一度読んで欲しい一冊です。
映画「ハウルの動く城」の感想はこちら↓
ハウルの動く城

ネタバレの中身と感想は、続きを読むからどうぞ。
今回は1章から6章までです。


良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
Comment:1  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。