--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
12.24

ちいさな言葉

Category: その他   Tags:俵万智日記短歌
ちいさな言葉ちいさな言葉
(2010/04/07)
俵 万智

商品詳細を見る


<概要>
幼い子どもが一つひとつ言葉を覚え、
使うようになる道のり―それは徴笑ましいだけでなく、
日本語の不思議や面白さを照らしだしてもくれる。
『サラダ記念日』で広く知られる歌人は、
シングルマザーとして、
いとしい息子の興味深い表現や発想を受けとめながら、
言葉のキャッチボールを堪能中。
その至福の時間を、柔らかな感性と思考でつづる。
あらたに「木馬の時間」三十六篇を増補した。

<感想>
久々に、ちょっと短歌系のも読みたいなと思いつつ、
がっつりもどうかなぁと、俵万智さんのエッセイに目を引かれました。

おおよそは、本当に概要に書いてある通りですが、
俵さんならではの、短歌もちりばめられていて、
なんか、文化の秋にぴったりの手軽な本という感じでした。

お子さんと過ごす毎日の中で、
本当に一時期しか使わない、いや、使えない、
子供たちの真剣な、そして鋭い、
とてもいとおしい言葉たちがたくさんでてきました。

姉の甥っ子がかたことでしゃべっていたころを思い出して、
懐かしい、とても暖かい気持ちを湧き出させてくれました。

俵さんも、相変わらずの安定感ですが、
まぁ、予想通りという意味で、評価は○(5段階評価の真ん中)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。