--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.17

オーバーロード3 鮮血の戦乙女

cover_novel03.jpg

<概要>
忠誠を誓った守護者・シャルティアがまさかの反逆。
アインズが冒険者として、エ・ランテルに潜入する裏で、
一体何が起きていたのか?
これまでにない頂上決戦!! アインズVSシャルティア。
ナザリック地下大墳墓が揺れる第3巻。

<感想>
アニメのクライマックスが入っている第3巻。
こちらも2巻と同じく、ネットとはもう全然話が違いました。

守護者の一人、しかもアインズを巡ってアルベドとライバルのシャルティアがまさかの。。。

それにしても、ワールドアイテムがここで出てくるとは。。。
ネットの方ではまだあんまり大っぴらには活躍してないスレイン法国が、
小説の方では最初からでまくりですね。

シャルティアは吸血鬼ということもあって思い入れもあり、
守護者の中でも好きなキャラだったので、
ワールドアイテムに無理やり支配されそうになるシーンが可哀想で。。。

あとは、ブレインが仲間にならなかったのもびっくり。
ハムスケがいるからなのかな。
結構ナザリックの中でのブレインの立ち位置、好きだったのに残念。

いや~、でもやっぱりアインズさんとシャルティアの頂上決戦は見ごたえあり。
アニメだと、最後のとことかどうなってるのかよくわからなかった人もいたのでは。
小説だと細かい間合いもきちんと書いてあってよかったです。
あと、アニメには出てこなかったアルベドのお姉さんが登場して、
アルベドの妹がいることも判明。
なんか重要キャラになりそうなので今後期待です。

次巻、4巻からはまっさらなので読むのが楽しみ。
早く手に取りたいです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
11.07

オーバーロード2 漆黒の戦士

cover_novel02.jpg

<概要>
異世界に転移して約1週間。 アインズと部下で戦闘メイドのナーベラルは、
城塞都市エ・ランテルに「冒険者」として潜入していた。
目的はこの世界の情報収集およびエ・ランテルでの名声。
二人は薬草採取の依頼をうけ、「森の賢王」なる魔獣がひそむ森へと向かう。
同じ頃、エ・ランテルにしのびよる邪悪な秘密教団の影……。
偏執の魔法詠唱者が操るアンデッドの群れと
最狂の女戦士がアインズの前に立ちはだかる!

<感想>
アニメ終わってしまいましたが、まだまだ自分の中ではブームが続いてるオーバーロード。
なかなか2巻が手元に来なくて、やっと読めました。

2巻からはなんかずいぶんと話が変わってきました。
なんと、ネットではモモンの名前でソロでナーベラルが街に出ていたのに、
アインズさんがモモンの名前で街に行ってしまった。
ネットでは後の方で、一度街で暮らさないと常識が手に入らない、
というつぶやきがあるはずなのに、いきなり行ってしまった。

さらに、ニニャほか、一時的仲間メンバーがいきなり死んじゃうし、
ハムスケいう、間抜けキャラがアインズさんのペットとして出てくるし、
クレマンティーヌが出てきて。。。
もうすっかり別の話です。

これはこれでいいとこがないと言えないこともないけど、
ネットで、ナーベラルが戦ってる裏でアインズさんが見張りをやっつけたシーンとか、
結構好きだったので、失くなってしまって残念。。。

小説版で一番好きなのは、
やっぱりネットと同じで、ナーベラルのカジット退治シーン、です。
やっぱナザリックメンバーの本気モードはカッコイイ!
あと、驚愕のラストね。
アニメで知ってたけど改めてやっぱり、びっくりのままの終わり方でした。

次巻、3巻まで、アニメで先に見てるとおりだろうけども、
小説だと細かいところがしっかり描かれているのでやっぱり読み応えあり。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
09.28

オーバーロード1 不死者の王

over1


<概要>
その日、一大ブームを起こしたゲームはサービス終了を迎えるはずだった。
――しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。
意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。
なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい!? 
骸骨の肉体を持つ最強の大魔法使い――モモンガの本当の伝説がここからはじまる!

<感想>
ちょうど今クールでアニメがはじまった本作ですが、
ネット小説で、原作のさらに原作とも言えるのが掲載されていたので、
先にそっちを読んだうえで手を出しました。

ネット小説の方が、どちらかというとギャグ要素が強いような気がするけれど、
小説版もまた、なかなか良しです。
何のために出したのか予想がつくとはいえ、
やっぱりいてくれた方がなんか話がわくわくするアルベドがいいですね。

1作目はほとんどネット小説と中身は一緒の流れという感じだけど、
ネットの方ではまだ本格対決はしていない、
スレイン法国の陽光聖典がいきなり出てきて、
しかもいきなりやられるという。。。。
この先どうなるやら、という出だしです。

一番好きなのはやっぱり、カルネ村から戻ってきてからの玉座の間のシーン。
あの宣言、かっこいいよね~。
2巻以降、ネット小説との差も楽しみにしつつ、新キャラ等の活躍に期待です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2015
05.27

王都炎上

王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)王都炎上―アルスラーン戦記〈1〉 (光文社文庫)
(2012/04/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る


<概要>
大陸に精強な兵と華麗なる文化を謳われるパルス王国。
西方の蛮族、ルシタニアの侵攻に対しても、その勝利を疑う者はなかった。
だが、味方の裏切りにより罠にかけられたパルス軍は、
一日にして壊滅。王国は滅亡した。
単騎生き残った王太子アルスラーンは、
ダリューンらわずかな味方とともに故国の奪還をめざす。
だが。。。。。
妖艶な美女、奇怪な魔導士、そして謎の銀仮面。
多彩な人物が織りなす一大物語絵巻。
書下ろしヒロイック・スペクタクル・ロマン、堂々の開幕。

<感想>
春からアニメが始まりましたね!
クール数もわからんという状況ですが、
漫画が始まってから、気になっていました。
まさか私が中学生の頃から読んでたアルスラーンがアニメに!!
25年以上も前に始まったのにまだ完結してないアルスラーンが!!!
感無量です。

そんなことで、何度も嫌になるくらい読んだアルスラーンを久々に通しで読もうかなと。
ということで、第1巻、王都炎上です。
アニメ見てる人、漫画のこの先読むの楽しみにしてる人、
ネタバレまくりなので、お気を付けください。


タイトル通り、強国で知られるパルスの王太子アルスラーンが、
初陣として参加した異国との大戦で国が負ける中、
騎士の中の騎士と言われる、一応物語史上最強の騎士、ダリューンに助けられて、
逃げ延びていくところから始まります。

対する相手国ルシタニアは、歴史上でいうところの十字軍をモデルとしているので、
悪逆を尽くしまくるわけですが、強兵を誇るパルスが負けたのは、
王家のどろどろした背景と、それにかかわる裏切り者、
さらに、パルス開国の祖の前に残虐を尽くしていた魔王的存在、
蛇王ザッハークを信仰する怪しい魔道集団、も関わっているわけで、
最初から第2部に向けてのフラグが立まくってますね~。

正直、王都炎上はまぁ、この後盛り上がっていくために落ちるところまで落ちるので、
ずっと暗い展開ではあるわけですが、ここから何とか頑張るんだな、
と、予感を抱かせてくれるところはあります。
その点、12国記よりもまし。

それにしても、田中芳樹さんの書く話に出てくる中でも一番好きなナルサス。
改めて読み直しても、登場当初から、いいですね。
性格悪いけど頭がいい人って、ほんといいな~。
アルスラーンを捕虜にしようとやってきた敵を穴に落として、
這い上がってきたところを、皿でスコーンと一発で、振り出しに戻すシーンもいい。
こういうキャラをもっとほかの人も書いてくれればいいのに。

1巻最後までに、アルスラーンのメイン取り巻きといえる7人のうち6人まで出てます。
今考えると、ナルサスとエラム以外のキャラはRPGの仲間キャラそのものっぽい。
ダリューンが騎士、ギーブがシーフ、ファランギースは魔法使い系僧侶。
といってもファランギースはホイミかけらんないし、どっちかというと騎士系の活躍の仕方だけど。

読み応え評価ですが、アルスラーン戦記は、私が世界で2番目に好きな小説なので、
全巻どれも、☆です。






良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
2014
12.07

図書館革命


図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)
(2011/06/23)
有川 浩

商品詳細を見る


<概要>
原発テロが発生した。それを受け、
著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、
身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。
当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。
郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。
しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。
動揺する郁。
そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった-
「お前はやれる」。
表現の自由、そして稿の結末は!?
感動の本編最終巻。

<感想>
図書館シリーズもとうとう本編最後の4冊目。
なんか、内乱から先、すごいスピード感で話が進んできて、
あっという間という感じでした。

テロをきっかけにとうとう出版物や放送内容だけでなく、
言論統制まで手を出そうとしてきた特措法側と図書隊との戦いなわけですが、
図書館戦争、図書館危機と違って大規模戦闘ではない代わり、
一冊通じて臨戦態勢が続くという中で、頭と最初のベタ甘。
後書きなんかにも、ここまでついてきてくれたので付き合ってね、
的なセリフが書いてありましたが、
けっこうシビアな内容で、ばりばり恋愛ものも一緒に走らせつつ、
お笑いも入れてくるって、すごいなぁ。

結末まで、結構楽しませてくれました。
個人的には、告白シーンで、たぶん堂上君が、
必死こいて考えてたシナリオが全然使えなくてあわてた風なところが、
すごいかわいくて良かったです。

シリーズ最終巻で、気持ちよく読ませてもらったという4巻分の評価も重なり、
評価は☆(5段階評価の一番上)です。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。