--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.28

ときぐすり

ときぐすりときぐすり
(2013/05/29)
畠中 恵

商品詳細を見る


<概要>
やんちゃ二人に堅物ひとり。
麻之助・清十郎・吉五郎が江戸は神田で活躍する。
傷心のなか、町名主名代のお役目はどうにか務めている麻之助。
揉めごと諍い悩みの相談、いつもの裁定の仕事をするうちに、
過ぎた時間がいつしか薬となってゆく…。
新展開の『まんまこと』ワールド、感動の第四弾!

<感想>

ちょっと体調崩しちゃって、更新できずでした。
しばらくボチボチペースになっちゃいそうです。

で、今回は畠中さんの本の中で、
一番好きな、まんまことシリーズ。
前回のこいわすれで、まさかのまさかの、お寿ずさん!
だったので、待ちに待ってました。
4作目が出たということで、楽しみで楽しみで。。。

冒頭からでてきた、おこ乃ちゃん。
お寿ずさんと親友の吉五郎の親戚で、
前の、「こいわすれ」で猫のふにを連れてきた女の子。
これはもう、先は見えるといわんばかりの、
麻之助との絡みようだけれども、
なんだか、そうなっちゃうと寂しいような、
でも、そうならないともう、かわいそうすぎるような、
微妙な気持ちです。

お由布さんといい、お寿ずさんといい、
なんでこういう切ない話ばかりなんだろうと思いつつも、
これがよくて読みふけっちゃうんですよね~。

でも一番今回好きだったのは、「ともすぎ」。
途中までの展開で、実際に丸三が高利貸しをしていて、
逃げてしまったのかとだまされたあとの、
金貸しの丸三の麻之介や清十郎、吉五郎への思い。
電車の中では読めないお話でした。

やっぱり大好き「まんまこと」シリーズ。
評価は今回も★(5段階評価の一番上)です。




良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ


続きを読む
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:1
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。