--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.06

まったなし

mattanasi.jpg

<概要>文芸春秋サイトより
NHK木曜時代劇「まんまこと」のシリーズ最新作!
江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、
幼なじみで町名主を継いでいる色男・清十郎と、
堅物の同心・吉五郎とともに、さまざまな謎ともめ事の解決に挑む、
大好評連作短篇シリーズの第5弾!
今回の密かなキーワードは実は「女難」。
独身で嫁取りの話がひきもきらない清十郎ですが、いったいその理由は?
未だ妻を亡くした悲しみが癒えない麻之介、
養子に入った家で年齢の離れた許婚のいる吉五郎、
そして彼らの親友で大金持ちの金貸し丸三とその妾のお虎。
いずれも清十郎の運命の人が現れることを願っているが、
様々な障害や思わぬ事件に巻きこまれ……。

<感想>
畠中恵さんの書いてるシリーズでは一番好きな、「まんまこと」。
ドラマになってしまって、微妙にミーハーファンが増えそうでいやだな、
とか思ってはいつつも、やっぱり最新作が出ると読んでしまいますね~。

今回は久々に、お由有さんとの切ない絡みが多くて、
初期の頃の麻之助を思い出させてくれました。

タイトルストーリー「まったなし」を含む5話はそれぞれ、
伏線をひきつつ、最後の「昔から来た文」にうまくまとまっていきます。
今回の主人公はある意味清十郎で、
とうとう、まったなしの状況に追い込まれて、
お嫁さんを娶ることになりました。

そういえば、しゃばけの方も若旦那の親友が確か好きな人が出来たんだったような。
前巻は、なんだかしゃばけシリーズと雰囲気似てきたな、
とか思っていましたが、今回はどっぷり恋愛物として楽しませてくれました。

本物主人公の麻之助とお由有さんもまた新たなステージに。
こちらはやっぱり最初のすれ違いのまま、
どうしてもうまくいかないんですね。

どちらが悪いわけでもなく、どちらが裏切ったわけでもなく、
二人ともにお互いを思っていたのに、どうにもならない。
江戸時代だから誇張されている気もするけれど、
今の時代でも似たようなことはあるものですよね。
タイミングが合う人とタイミングが合わない人。

お互いが結婚して、またお互いが一人になって、
どちらも憎からず思っていても、どうにもならない。

私が惚れ込んだ、1巻の最後の話を思い出させてくれる、
ほろりと切ないまんまことシリーズの醍醐味が味わえました。

でも最初の話を思い出したら、なんかずいぶんと麻之助がおとなしくなったな。
このシリーズの、「だが、だがだがだが」という言い回しが好きだったんだけど、
最近使われなくなったし。

時間が経ってやっぱり、麻之助が大人になったってことでしょうか。

早く、麻之助にも幸せが訪れてほしいです。



良かったらぜひ押してください↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
09.25

伝説シリーズ

最近ブログに書いてる本と、読んでる本がずれてしまっているので、
ちょっとだけつぶやきを。。。

西尾維新さんの伝説シリーズの3冊目、
悲惨伝を読み終わったのですが、
巻末見たら、次の悲報伝が9月に、
さらに次の非業伝が12月!に出ることになってました。

まさか続くと思ってなかった悲鳴伝が、
こんなシリーズになって、しかも物語シリーズと同じように、
3か月に1回になっていくとは。

なんかほんとすごいな。
西尾維新、こんなに書いてて大丈夫かな。

そんなことを思いつつ、昨日から、
楽しみにしていたまんまことシリーズの4作目、
「ときぐすり」を読み始めました。
明日は読み終わりそうだ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。